話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

23.信奉者リョウ

「インフェルノ!」

 紫の炎が、ゴブリンをまとめて葬り去る。

 戦力差はおよそ十倍。あくまで単純な数での計算。

 最初に現れたのがゴブリンで助かった。

 鉄系統よりも上の武器が手に入るようだし、悪くない始まりだ。

「ベクトルコントロール!」

 トゥスカが”ビッグブーメラン”の軌道を変え、ゴブリン達の身体を切り刻んでいく。

「ギルマス! そろそろ撤退した方が!」
「女から先に後退させろ! それと、撤退後にゴブリンから手に入れた武器を皆に配れ!」

 作戦の第一段階は、魔法使いの火力で数を減らすだけ減らすこと。

「ご主人様、マズいです! 氷が溶かされています!」
「チッ! すぐに全員後退し、作戦を第二段階に移せ!」

 村の家屋と家屋の間に氷の壁を作らせ、わざと広い道だけ通れるようにしていた。

「ゴブリンが武器から火を放ち、氷を溶かしています」
「壊されるのは予想していたけれど、ゴブリンに突破されるなんて」
 
 トゥスカと並走し、弓持ちが屋上に陣取っている防衛ラインまで後退する。

「赤い武器を持つゴブリンから狙え!」
「了解です、ギルマス!」

 弓を持った獣人が、俺の言葉に応じた。

「……ギルマスって」

 誰かが俺をギルドマスターとか呼び出して、いつの間にか皆ギルマスって呼ぶようになりやがったんだ。

「東側、退避完了しました!」

 第二防衛ラインは東西南北に一カ所ずつ通れる道を残しておいた。

 更に氷の壁で、第二防衛ラインより外を四つの壁で区切り、区別させている。

 この方が、自分達がどこを担当すれば良いのか分かりやすいだろう。

 目標が明確な方が指揮も高くなる。

 例外として、第二防衛ラインの外周は区切っていない。

 俺が担当するのは東側。眼鏡女が西側。魔性女達三人が北側。リョウが南側で、どこよりも戦力を多く配置してある。
 ちなみに、東側は俺とトゥスカが居るため一番人数が少なく、ひそかに広めに区切ってあった。

「ギルマス! 危ないですよ!」

 東側の出入り口に一人で出る。

「ご主人様!」
「俺が数を減らすから、ここを抜けていったモンスターは戦士職で対象しろ! 弓持ちは氷を溶かそうとするゴブリンにのみ対処し、矢を温存! 魔法使いはMPが半分以下にならないように援護! 氷系統が使える魔法使いは、氷の壁を補強しろ!」

 魔神・四本腕からの勝利報酬で氷炎魔法を選んだ者が多いらしいから、魔法使い職は氷の壁を生み出せる者が多い。

 戦士職は”氷炎魔法のスキルカード”を使えないらしいから、売ってしまった奴が多いらしいが。

 鎧や剣を選んだ人間は少ないらしい。

「「「「はい、ギルマス!」」」」

 獣人とプレーヤー達の息のあった返事が耳に届く。

 リーダーとかガラじゃない。

 黒鬼との戦いで疲れてもいるし……このクエスト、さっさと終わってくんないかな。


●●●


「インフェルノカノン!!」

 ゴブリン十体以上が消し炭になり、光となった。

「巨乳の姐さん! そろそろ休んでください! ギルマスもMPを半分以下にするなって言っていたでしょう!」

「……分かったわよ! でも、巨乳って呼ぶな!」

 まるで、私の価値がそこにしか無いみたいじゃないのよ!

「すんません、あまりに見事なんで」

 私が買った獣人の男が、大して反省してなさそうに謝ってきた。

「姐さんのはただデカいだけじゃないんです! その形と揺れ具合は、どんな男をも魅了出来るだけのポテンシャルを秘めているんです!」

 私が買った、もう一人の獣人男がわけの分からない論理を披露する。
 その論理だと、コセが私をぞんざいに扱うというか、無視しようとする理由に説明が付かないじゃない!

「――燃やすわよ」

「「す、すいません!」」

 西側の出入り口の内側に入った時だった。

『五百体のっ、ゴブリンの投入がっ、終わりましたっ。これよりっ、第二陣のっ、グレイウルフをっ、投入しまっす!』

 五百体のゴブリン。もう半数を相手にしているってこと?

「残り五百! 勝てそうですね、姐さん!」
「お願いだから、フラグを立てないで!」
「へ、フラグ?」

 グレイウルフはすばしっこいから、魔法をぶつけづらいのに!

 第一ステージは狭い洞窟内だったから、フレイムバレットで充分に対処出来たけれど。

「五百となると、こっちに流れてきたゴブリンは少ないようですね」

「よう、ゴブリンの半数は東側を攻めているらしい」

 別の獣人の男が報告に来た。
 ジュリーの命令で動いている斥候か。


 ……結局、ジュリーってなんなの? 黒鬼との戦いで加勢してくれたけれど、なんでコセと親しげだったの!?


「グレイウルフが見えてきました!」
「数は百越え! それに、グレイウルフにしちゃ動きが速すぎる!」
「なにかのアイテムを装備している可能性は?」

 全てのゴブリンが、粗雑系よりも上の装備をしていた。
 中には、私と同じ”炎のステッキ”を持っている個体まで。

 なら、グレイウルフにもなんらかの装備を施している可能性が出て来る。

「脚になにか、光り物が見える!」
「姐さん! 動物系のモンスターの装備は大抵指輪です!」
「つまり、身体能力を上げる指輪を、全てのグレイウルフが装備しているってわけね」

 ゴブリンが皆装備していたのだから、グレイウルフも全ての個体が装備していると思った方が良い。

 てことは、より面倒になっているってことよね。ハァー。

「……あの黒鬼から手に入れた力、使ってみるか」

 私が選んだのは、“煉獄魔法のスキルカード”と“魔爪使い”のサブ職業。

「来るぞ!」
「インフェルノカノン!」

 インフェルノよりも遠方に飛ばせるインフェルノカノンを、グレイウルフ達に向かって放つ。

 十体葬れたかどうかか。

「グルアアアアア!!」

 モンスターは怖いけれど、人間よりは遥にマシよ!

 それに、集まった冒険者の中にあの槍の男は居なかった。

 きっと、魔神・四本腕にでもやられたに違いないわ!

「もう、私が恐れる物はなにもない! ダークネイル!」

 グレイウルフが入り口を通ろうとした瞬間、魔爪術を”炎のステッキ”で発動。

 グレイウルフが上下に分かれ、血を撒き散らしながら光になる。

「よし、使える!」

 予想以上の切れ味!

 消費するのはTPだし、魔爪術でMP回復の時間を稼げる!

「うわああああ」
「なに!?」

 防衛ラインの内側から、悲鳴が聞こえてきた!

「グレイウルフが数体、壁を飛び越えています!」
「“飛び跳ねの指輪”を装備した個体が、紛れ込んでいるようです!」
「そっちは任せるわ!」

 グレイウルフをステッキで殴りながら、指示を出す。

 Lv12になったからか、腕力も上がっている! これなら行ける!

 
 ――今私がここを動いたら、グレイウルフが防衛ライン内に流れ込んでしまう。

 コイツらは、この場所に出入り口を設けているからこそここに集まってきているはず。

 氷でここ、西側の出入り口を塞げば他の出入り口に向かってしまうだろうし、集まる場所を用意しておけば効率的に排除出来るというもの!

 私がここで持ちこたえれば、それだけ全体の勝利に繋がる!

「後ろは任せてください、姐さん!」
「俺、生き残れたら姐さんに告白するんだ」
「だから、フラグ立てんな! ダークネイル!!」

 つか、告白なんて受けねーし!

 獣人の男なんて嫌い!!


●●●


「リョウさん、これ楽勝っすね」

 数日前に声を掛けてきた男が、ニヤニヤしながら近付いてくる。

「どうしてアンタは戦わない?」
「リョウさんこそ」
「僕はさっきまで戦っていた」

 TPが三分の一まで減ってしまったから、他の人に任せて後退したにすぎない。

 この男は、ギルマスの言葉を無視して最初から奴隷だけに戦わせている。それも、奴隷達の中でも幼かった獣人を。

 その子達は、他の獣人達がカバーしているからなんとか生き残っているという状況だ。

「別に良いじゃないっすか。いやー、にしてもギルドマスターって俺が呼んだら、皆ギルマスとか呼び出しちゃって……なんか面白いわー」

 コイツが原因か。
 あの人を、ギルマスと呼ぶのは嫌いじゃないが。

「ところでさー、このクエストが終わったら、本当に奴隷を解放しちゃうの? 勿体なくない? せっかく金を払って買ったのに」

「アンタ、ギルマスに逆らうつもりか? そもそも、アンタの奴隷はアンタの金で買ったものじゃないだろう」
「金があれば、とっとと買って色々やってたんだよ、俺は。酒場で飯食ったりスキルカード買ったりしたらあっという間に金が無くなってさ~。奴隷は安いってのが相場じゃん? 最低10000Gとか高過ぎだよ」
「人に値段を付けること自体……僕は」
「オイオイ、これはゲームなんだぜ? なにNPCに感情移入してんだよ」
「……は?」

 まさかこの男、獣人までNPCだと思っているのか?

「NPCとはいえ、アレはちゃんとあるらしいぜ。昨日買った奴が確認したらしい」

 気分が悪くなってくる。

「お前!」

「おっと、童貞には刺激が強かったか? まあ、俺が言いたいのは――ギルマスを殺しちまわね、ってことさ」

 目の前の男が、人間に見えなくなっていく。

「アンタもさ、ずいぶん綺麗な子を買ったみたいじゃん。明日で良いからさ、俺に貸してくんね? 俺もあの二人を貸すからさ、グブッ!?」

 気付いたら、男の顔を殴っていた。

「て、テメー!! なにすんだよ!」

 男が武器を構えた。

 周りが殺気立ってしまう。

 学校の先生が、先に手を出す奴が悪いとか、暴力を振るう奴は最低とか言うけれど、とても安っぽい言葉に聞こえて仕方なかった。

 それは、ルールを無視する人間には黙って殴られろと言っているのと変わらないじゃないか!

 ――僕はある夜、ギルマス達が六人の男を殺すのを見ていた。

 武器屋から出ていったお二人を、下世話な言葉を交わしながら六人の男達が追い掛けていったのに気付き、僕はこっそり六人の後を就けていたんだ。

 あの時、ギルマスが放った言葉の一つ一つに、僕の心は震えた!!


「まるで、自分は狂っていないとでも言いたげだな」

「道理をわきまえないお前らの方が、ずっと異常だよ」

「だから人間は、みんな異常者なのさ」

「お前のような人間は、必ず繰り返す」


 これまで大人達が無責任に振り撒いてきた良識という名の矛盾を越える、まさしく真理に触れるお言葉!

「まさかNPCに、コイツら獣人に感情移入してんのかよ、テメー!! ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ、ばっかじゃじゃねーの! コイツらは人形だぞ! 人形を人間扱いかよ! お前、マジでキモいわ! さっすが童貞だよ!」

 感情移入と童貞になんの関係があるのか、さっぱり分からない。

「テメー、俺達が人形だと! ふざけるな!!」
「バカにするんじゃねぇぞ!!」


「やめろ!!」


 殺気だった獣人達を宥める。

「でもリョウさん、コイツは!!」

 この男を今殺せば、コイツの奴隷である女の子達まで死んでしまう。

 かといって、コイツを放置すればここの守りが崩壊する。

 それだけ、僕とコイツの行動がこの場に不和を広げてしまった。

 落とし前は、自分で着ける。

「俺を殴った分のツケを払わせてやる!」

 男が斧を振りかぶって駆けてくる。

「なんだそれは、遊んでいるのか?」

 信じられないくらい隙だらけだった。

 剣を抜くのを止め、“瞬足”で前に出て、顎を殴る。

「あ……うそ……だ…………」

 呆気なく沈む男。

「弱いくせに、ギルマスの命を狙うとは。馬鹿は本当に身の程というものを知らない……マーリちゃん、キューリちゃん、コイツを拘束して神像の前まで運んでくれ」

「「は、はい」」

 男の奴隷である二人の少女が、返事をした時だった。

『グレイウルフ三百体のっ、投入が終わりましたっ! これよりっ、リザードマンとゴーレムをっ、投入しまっす!』

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く