話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

20.奇跡を起こす者達

『出来るものなら、やってみせろ!!』

 無駄な攻撃は出来ない。

 一撃一撃に、最大限の効果を発揮させる!!

 黒鬼が跳びあがり、落下してきた!!

『爆裂脚!!』

 眼鏡女が吹き飛ばされた時と同じく――いや、それ以上に地面が爆ぜ、クレーターが生まれる!!

「ハイパワーフリック!!」

 躱すも強烈な余波が襲ってきたが、両手でグレートソードを握り、大地の盾で余波を流しながら突撃! 

『貴様……小賢しい!』

 ハイパワースラッシュで付けた傷に、ハイパワーフリックによる突きを食らわせた。

 魔炎が迫るが、瞬足の勢いでグレートソードを引き抜きながら逃れる。

「アイスフレイムランス!!」

 青い炎の槍が、俺が傷付けた黒鬼の脇に直撃し、凍らせていく。

『グオオオオオオオオオオオッッッッ!!』

 魔炎を攻撃に使ったため、眼鏡女の氷炎魔法を防げなかったようだ。

「ご主人様、勝てそうですね」

 トゥスカが傍に来て、ヒールを掛けてくれる。

 巻き起こった衝撃波により、身体中に地味にダメージを負っていた。
 “超頑強”があってもこのダメージか。

「いや。俺のさっきの攻撃、あまり深くは入っていないんだ」

 グレートオーガの身体を容易く切り裂いたグレートソードで大剣術を使って攻撃しているのに、大してダメージを与えられていない。

 ……やばい。

『もっと抗え、冒険者共!!』

 黒鬼が、姿勢を低くしながら迫る。

「私が止めます……ガードストップ!!」

 ”ビッグブーメラン”の腹で拳を受ける直前に、”盾術”で動きを止めた!!

 俺の奥さん、凄い!

「ご主人様!!」

 止めていられるのはごく僅か。黒鬼の長く伸びた姿勢の都合上、脇にもう一度攻撃している余裕は無い。

 トゥスカの背後から右に抜け、急所になりそうな首にグレートソードを振り下ろす!

「ハイパワーブレイド!!」

 どうだ!?

「――硬すぎる!」

 目いっぱいの振り下ろしからの一撃だったのに、数センチしか切れていない!

 黒鬼が動き出し、トゥスカのブーメランを裏拳で弾いてしまう!

『まずは一匹』

 黒鬼の左拳がトゥスカに迫りそうになったとき――――なにかが弾けた!!

「うああああああああっ!!」

 グレートソードを捨て、グレートオーガの短剣を抜きながら左腕に体当たり!!

 “壁歩き”で突撃力を上げた状態での“瞬足”を発動しながらでの体当たりにより、黒鬼の体勢を崩す!

『貴様!! グアアアアアアアアアアアア!?』

 奴の左眼に、深々と短剣を突き刺した!

「トゥスカ!」
「パワーキック!!」

 意図を察したトゥスカの跳び蹴りが、”グレートオーガの短剣”の柄をより深くへと押し込む!

『き、貴様らーーーー!!』

 脳に届いていても良さそうなものを、まだ倒れない!

 黒鬼が短剣を引き抜き、無造作に捨て去る。

『ここまで……追い詰められるとは!』

 俺はグレートソードを、トゥスカもビッグブーメランをさっさと拾い、構えた。

 眼球はともかく、身体が硬すぎる!

 もう少し、コイツに有効な攻撃手段は無いのか。

 ――そう言えば、あの硬そうゴーレムを一撃で倒せたのはなんでだ?

『インフェルノ!!』

 再び紫の炎を出現させる黒鬼だが、さっきまでの魔炎と違う?

「ハイパワーブレイク!!」

 飛んできたインフェルノを、大剣術の衝撃で消し去る!

 身体がビリビリと震え、動きが止まってしまった!!

『爆裂拳!!』

 狙いをわざと俺から外し、地面を爆ぜさせ、その衝撃による攻撃を仕掛けてきた黒鬼!

「ぐう!」
「ご主人様!!」
『引っ込んでいろ!』

 爆発に巻き込まれた視界の片隅で、トゥスカが盾ごと殴り跳ばされるのが見えた!!

「――お前ぇぇぇぇッ!!」

『あの女もだが、お前は危険すぎる。ああは言ったが、俺が倒されるなど、本来……あってはならんのだ!』

 知るか、んなもん!

「アイスフレイムバレット!!」
『インフェルノカノン!』

 不意打ちで放たれた青い炎の散弾を全て飲み込み、眼鏡女の横を紫炎が吹き飛ばした。

『貴様はもういい。大人しくしていれば、これ以上危害を加えず、奴隷に堕としてやる』

「くっ!!」

 眼鏡女が悔しがりながらも、諦めたのが見えた。

 勝手に諦めるなんて、本当にどこまでも迷惑な女だ!

「ぶっ殺す」
『させん!!』

 黒鬼が迫る。
 また、上段からの腕の振り下ろし。

「パワーニードル」

 脚の捻りだけで躱し、目前に迫ってきた胴体にグレートソードの切っ先を向ける。

『が……ああ……』

 あの硬かった身体を、いとも容易く貫いていた。

「針術にはこういう利点があったのか。知らなかったよ」

 それに、さっきから派手に爆発を起こしていた攻撃。どうやら、拳や脚をどこかに直撃させないと発動出来ないらしい。

 先程からずっとそうだった。

 でなければ、トゥスカの盾術によって動きを止められる事は無かったろう。

『この段階で……針術を所持していたか……インフェルノ!!』

 自分ごとインフェルノを放ってきたため、グレートソードを刺したまま瞬足で回避。
 同時に、落ちていた血だらけの”グレートオーガの短剣”を回収する。

『ぐうう……やはりお前は……ここで仕留めねば。お前は……デルタがもっとも恐れる類の人種だ!』
「知るか」
『丸腰で強がるな!! インフェルノ!!』

 マントで隠しているため、気付いていないか。

 瞬足でインフェルノを避ける。

『貰った!』

 拳を垂直に打ち下ろし、再び衝撃をぶつけてきたか。

 大地の盾を出現させ、踏み台にする!

 衝撃破を飛び越え、黒鬼の真上へ。

『今度こそ!』

 黒鬼が再び拳を打ちだそうとする。

「パワーブーメラン!!」
「アイスフレイムカノン!!」
「サンダーランス!!」
「パワージャベリン!!」

 トゥスカのブーメランが奴の顎を打ち据え、眼鏡女の魔法が腕を凍らせ、誰かの雷が黒鬼の右脚に突き刺さって膝を付かせ、青い槍が左脚を地面に縫い付ける。

 俺は、攻撃のタイミングを外した黒鬼の正面に降り立った。

「パワーニードル」

 短剣を黒鬼に突き刺し、グレートソードの柄を掴む。

『グフッ!! ……この程度では、俺は!!』
「――クロススラッシャー」

 交差した状態で突き刺したグレートソードとグレートオーガの短剣で、”二刀流剣術”のクロススラッシャーを発動した。

 内側からなら、耐えきれないだろう!!

『本当に……この俺がああぁぁぁ――――――』

 胴体が四散し……黒鬼が、光になって消えていく。

「……ダンジョンに入るつもりだったのに、とんだ災難だ」

 今日はもう、動きたくない。


            ★


「トゥスカは大丈夫か?」
「ご主人様こそ」

 互いにヒールを掛け合っていた。

「あの……ありがとう」

 眼鏡女が近付いてきて、殊勝にも感謝を述べる。

「……巻き込んで、ごめんなさい」
「まったくだな」

 だが、収獲は予想以上。

○戦士.Lv11になりました。パーティー最大数プラス1(リーダーの時のみ適用)

○戦士.Lv12になりました。サブ装備数プラス2・同種武器変更可能。

○戦士.Lv13になりました。サブ職業装備可能数4へ。

○戦士.Lv14になりました。TP・MP回復速度アップ選択。

 一気にLvが四も上がった。あの黒鬼はどれだけ強かったのか。

 Lv14の回復速度アップ選択はTPを選択。

「トゥスカはLvなんになった?」
「…………13です」

 トゥスカが驚きで固まっていた。

「私もLv12になったわよ!」

 眼鏡女がなにか言ってくる。

「私達も随分Lvが上がった。少し加勢しただけで、経験値だけでなくアイテムまで手に入るとは。助けた以上の恩恵を貰ってしまっているな」

 ジュリーとタマが近付いてきた。
 タマちゃんの方は、昨日とは違いちゃんとした服を着ている。
 タンクトップにミニスカート、更に上着を腰に巻いたようなデザインの服。
 明るいところで見ると、彼女は猫科の獣人かな?

「助力に感謝するよ。二人が援護してくれなかったら、危なかったかもしれない」

 でなければ、残った右腕で反撃されていただろう。

「いや、お礼を言いたいのはこっちの方だよ。おかげで生き残れる可能性が上がった」

 ジュリーとは、良い関係を保っておきたい。絶対にその方が良い。

「ちょっと、私を無視しないでよ!」

 眼鏡女がこれ見よがしに胸を揺らして騒ぐ。

「コセ、今なら私が、貴方のパーティーに入ってあげても良いわよ!」
「結構です」

 マジで要らねー。

「さ、さっきだって、私がいなかったら危なかったでしょ!」
「そもそも、私達は貴方に巻き込まれたんです。偉そうにしないでください」

「そ、それは……」

 トゥスカの指摘に、顔を背ける眼鏡女。
 面倒だな。

「俺と君は合わない。だからパーティーも組まない。以上だ」
「そんな……」
 
 泣きそうな顔の…………名前が出てこない。

「ご主人様、どうします? 人が集まってきているようですが」

 遠巻きに俺達を観察しているようだが、ちょっとずつ距離を縮められている。

 火事現場に集まってくる野次馬と同じだな。
 
「消耗した状態で、ダンジョンへ行くのは危険だし――」


 ――――俺達の前に、一斉に幾つものチョイスプレートが出現した!


○突発クエスト発生! 突発クエスト発生! 突発クエスト発生! 突発クエスト発生!

 ビーーー! ビーーー! ビーーー! という音が、村全体から響き渡った。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く