話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

19.裁きの黒鬼

「いつまでここに居るつもりだ! さっさとダンジョンに行け! 迷惑なんだよ!!」

 宿に帰ると、隣の205号室のドアを蹴り、叩くオッサンが居た。

「村の入り口に居た、オッサンのNPCだ……」

 五日以上、この村に滞在しない方が良いと教えてくれた人。

「良いか! さっさとダンジョンに行ってLvを上げるんだ! 分かったな! これが最後の忠告だぞ!!」

 どうやら、隣の205号室には数日間Lv上げをしていない奴が居るらしい。

 丸二日以上Lvを上げていなかった俺達の前には現れていないことから、最低でも三日はLvを上げていないのだろう。

「助けてやる義理も無い」

 やる気の無い相手に手を差し伸べたって、なんの意味も無い。

「明日は早めに起きて、さっさとダンジョン攻略だ」

 人が起き出す前に、早々にダンジョンに入って無用なトラブルを避ける。

「じゃあ、今夜はタップリ愛し合いましょうね♡」

 スケベな奥さんだな。

「ああ、昨日より頑張るからな」

 俺も人のことを言えない。


●●●


「ああっ!! 昨日より激しい!! ああっ! ああっ!!」

「隣、今日は昨日よりも早く始めたね」
「そ、そうですね」

 207号室でジュリー様とご飯を食べ終わると、昨日と同じ喘ぎ声が聞こえてきた。

 この声……少し前に会ったトゥスカさんに似ている気がする。

 綺麗だったな、トゥスカさん。
 それに、凄く幸せそうだった。

 羨ましいなー。
 
 神様、デルタ様……いつか私にも、あんな素敵な恋人が出来ますように。

「どうしたの?」
「デルタ様にお祈りをしていたのです、ジュリー様」
「昔、君達の世界を侵略したっていう奴等か」
「そうですけれど、支配された後の方が獣人の数は増えたし、生活も豊かになったって皆言っています」

 異界より現れし神の化身、デルタ様。

「まあ、色んな考え方があるよね。当時の人達にとっては、悲しむべき事なんだろうけれど」

 でも、私達に英知の一端をお預けくださった素晴らしき方々です。

「このゲームに参加させられたのもまた、デルタ様のお導き」

 でも、そう思いながらも、どうしても怖くなってしまう自分が居る。


「ご主人様、そこはダメーーーー!!」


 ……自分が怖がっている事が、酷く馬鹿みたいに思えてきた。

「明日には聞こえなくなるだろうけれど、念の為部屋を変えて貰おう」

 明日には?

「そうですね」

 でも、この声を聞いていると、不安が和らいでいくんですよね。


●●●


「ちょっと遅くなっちゃったな」

 朝の五時を過ぎてしまっていた。

 寝過ごしたからって、二人で一緒にシャワーを浴びたのも失敗だったな。うん。

「忘れ物はないか?」
「ありません!」

 元気良いな。
 男は出す分、女性よりも消耗が激しいんだぞ。

「よし、さっさとダンジョンに行くぞ!」
「はい、すいません!」

 ――早朝なのに騒ぎすぎだな。

 部屋を出て、階段を下り、鍵を返して外へ…………。

「ご主人様?」
「……なんで」
「なに……これ!?」

 ……光が集まり、眼鏡女が宿の外に現れた!?

 彼女自身、わけが分からないといった様子。


『グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオォォォォォォォーーーーーーーーーー!!!』


 眼鏡女の正面、十メートル程離れた場所に黒炎が立ちのぼり、人型を成していく!?

 首から数珠を下げ、オーガよりも姿勢が正しく、一回りデカい鬼が出現した。

「黒い……鬼」
「あれが……五日後に現れるという奴か」

 そうだ。ちょうど五日前のこの時間に、俺はこの村に来た。

『女、最後のチャンスを与えてやる。この俺を倒してみせろ』

「は?」

 眼鏡女はなにも知らないのか。

「そいつに捕まると、奴隷に堕とされるぞ」

 ちょうど宿の前で対峙しているため、俺達は身動きが取れない。
 さっさと事態を動かして欲しい。どっちに転がっても良いから。

「奴隷? なに言ってんの?」

 ろくに情報を集めていなかったみだいだし、本当になにも知らないんだろう。

『貴様、この女に加勢するつもりか?』

 喋った!?

「いや、そんなつもりは……」
「そうよ、加勢しなさいよ!」

 眼鏡女が調子の良い事を言っている。

「あの女、そこはかとなく不愉快ですね」
「そうだな」

 トゥスカの意見を、まったく否定する気になれない。

『向かってくれば、貴様らは殺す』

 奴隷に堕としもせず、殺すと来たか。

『だが、この女を助けたければ向かってくるが良い。俺を倒せれば、それ相応の報酬をやろう』
「どんな報酬が貰えると思う?」
「分かりません。そもそも、倒せるという話が初耳です」

 トゥスカも知らないのか。
 やっぱり、ここは静観しよう。

「フレイムカノン!」

 眼鏡女が仕掛けた。

 会話中に。きったねー女。

『魔炎』

 紫の炎により、フレイムカノンが呑み込まれる。
 まるで、大蛇が獲物を呑み込むがごとくだった。

「クソッたれ!! アイスフレイム!!」

 魔神・四本腕が使っていた、凍結の青い炎か。

『無駄だ』

 再び紫の炎に呑み込まれる。
 
「魔法が……通用しないの?」
『俺は、進歩を怠る者に罰を与える存在。この俺を倒すことが出来れば、再びチャンスを与えてやる。ただし、俺を倒すという奇跡を起こせぬ者に、そのチャンスは与えられぬ』

 魔法使いにとって絶望的な敵じゃね?

『この村に辿り着いた者が何人集まろうと、本来俺を滅ぼす事は不可能。我等が創造主は、その本来を覆す者の出現をお望みだ』

 本当に、絶対に倒せないわけではないのか?

「うるさいのよ! アイスフレイムバレット!!」

 大半の炎が魔炎によって防がれるが、幾つかは黒鬼に当たった。

『ぐう! そう来なくてはな!』

 黒鬼が動いた。

『ウオおおおおおお!!』

 黒鬼の拳が迫り、眼鏡女が躱すも地面が爆ぜ、吹き飛ばされる。

 その余波は俺達すら巻き込む程だったため、俺は大地の盾を出現させてトゥスカを庇った。

「完全に巻き添えだ」

 黒鬼の攻撃能力が高すぎる。

 四本腕よりも厄介そうだ。

 それ相応の報酬と言っていたが、アレを本当に倒せるのか?
 知れば知るほど、倒せる気がしない。

『もう終わりか、女!』

 フラフラ立ち上がった眼鏡女に、ゆっくり近付いていく黒鬼。

「”潜伏”」

 急に眼鏡女が消えた!?

「ご主人様、眼鏡女がこっちに来ます」

 索敵スキルのおかげか、トゥスカには分かるらしい。

「お願い、助けて! 私、なんでもするから!」

 急に肩を掴まれて、そんな言葉を掛けられた。

 簡単になんでもとか言う奴、嫌いだは。

『そこか!』

 黒鬼がこっちに来る!?

「巻き込みやがって! やるぞ、トゥスカ!!」
「はい!」

 眼鏡女を抱えて、その場を離れる。

「お前は、そこで自分の身でも守っていろ!」

 眼鏡女を投げ捨て、黒鬼と向き合う。

 見捨てて逃げることも出来たろうけれどなー。

『邪魔をする気か?』
「報酬が欲しくなった」
『面白い!』

 魔法攻撃が効いていないわけじゃない。なら、武術系ならどうだ!

「ハイパワースラッシュ!!」

 殴り掛かってきた黒鬼の脇を瞬足で駆けながら、大剣術による横薙ぎ決めた!

『やるな』
「……最悪だ」

 掠り傷程度かよ。

「パワーブーメラン!」
「アイスフレイムカノン!!」

 トゥスカの“ビッグブーメラン”による攻撃が直撃するも、効いていないらしい。

 眼鏡女の魔法に至っては、再び魔炎で防がれた。

 バレットで大したダメージを与えられてなさそうだったから、威力のあるカノンに変えたのだろうが、それによって防がれやすくなってしまっている。

『良いぞ、久しぶりに面白い!』

 トゥスカと眼鏡女を無視し、俺を見てニヤついている黒鬼。

「……久しぶりに?」

 これまでにも、何度か同じような事があった?

 そうだ。トゥスカの話では、獣人の半数が随分前から連れて行かれていたらしい。

 なら、このゲームは大分前から行われているということ。

 ――先に進めば、俺達よりも先に参加させられている強いプレーヤーが待ち受けているかもしれない。

 だとしたら、この黒鬼をここで倒すことで、俺とトゥスカが大きな優位性を得られるかもしれないってわけだ!

 本来倒すことが出来ないほど強力らしい黒鬼を、今倒すことが出来れば!

『俺にまともにダメージを与えられるのは、貴様だけらしいな』

 だから、二人を無視して俺だけを警戒しているのか。

 むしろ、トゥスカが狙われなくて好都合。

「お前を倒して、今より強くなってやる!」

 俺とトゥスカが……生き残るために!!

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く