話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

12.運命の出会い

「NPCじゃない……彼女達は本当に…………生きている」

 俺は……本物の人間を買おうとしていたのか!!


「当たり前でしょう」


 ――誰かのその言葉が、周りの喧騒を押しのけて、よく聞こえた。

 他の獣人には聞こえていないかのように、皆俺に自分を売り込んだり、助けを求めてくるばかり。

 ――落ち着け。人の感情を汲み取り過ぎれば、俺が潰れる!!

 俺の目的は、このゲームを脱出すること。

 そのためには、奴隷を購入しなければならない。

 誰にする?
 選ぶ条件……俺が求める人材。

 明確な基準が思い浮かばない。

 喧騒の中を、もう一度見渡す。

 庇護欲を掻き立てるような可愛らしい子。
 情欲をそそるような色っぽい子。
 媚びへつらう事を恥とも思わない子。
 泣きながら救いを求める子。

 見窄らしい服を着た、色んな獣人の女の子達。

「…………あの子だ」

 多くの獣人が牢の格子に縋り付いて自分を売り込んでくるなか、一人だけ奥で明後日の方向を見ている女の子がいた。
 
 誰よりも全身土だらけで、小汚くしている長い黒髪の女の子。

 さっきの諦観の込められた声と結びつく人間が、彼女以外に居なかった。

「おばあさん、彼女をくれ」

 自分の言葉に気持ち悪さを感じながらも、この出会いに運命を感じてしまっている俺がいる。

「わ、私にしなよ! ねー、お願いよ!!」

 彼女達のこの必死さ。さっき男の獣人が言っていた言葉を加味するに、売れ残りは定期的にのだろう。

 彼女達を全員解放出来るだけの金はなく、このゲームのようなルールに縛られた世界では、俺の反逆など意味を成さないと想像出来る。

 奴隷から解放したところで、面倒など見られない。

「本当にその子で良いのかい?」
「……ああ」

○奴隷、トゥスカを購入するために、10000G払いますか?

 チョイスプレートの文章に、罪悪感を叩き付けられる!

 表示された写真の中の土だらけの顔を確認し、俺は震える手でYESを押した。

「まいど」

 ――牢屋の中が輝き、彼女が消えた!?

「身綺麗にして隣の服屋に連れて行くから、服を選んでやりな」

「そ、そうか」

 心臓が止まるかと思った。

「死ね! クソやろー!」
「人殺し!!」
「わ、私も買って! お願い!!」

 吐き気を感じながら、俺は奴隷商館を後にする。

 彼女達の罵声が、むしろ救いだった。


             ★


 隣の服屋を訪れ、正面奥にあるカウンターへ向かう。

「コセ様ですね。奥で奴隷を小綺麗にさせておりますので、少々お待ちを」

 太っちょのおばさんが、そう言ってきた。

「はい、宜しくお願いします」

 今のうちに服を見て回る。

 下着とか、ローブも売ってるんだ。

 装備出来そうな物から装備扱いにならなそうな物まで、色々置いてある。

 まさしく、ファンタジー世界の服屋だな。

「お待たせしました、コセ様」

 さっきのおばさんが、声を掛けてきた。

 カウンターに近付くと……牢の中に居た子と同一人物とは思えないくらい綺麗な子が佇んでい……た。

○初めての奴隷購入ですので、詳しく説明がされます。よく覚えておいてください。

「では、説明させて戴きますね。奴隷は主と一心同体。主が死ねば奴隷も死にます。ただ、奴隷が死んでも主が死ぬわけではありません」

 おばさんの説明は続く。

「彼女達は我々NPCと違い、食べなければ生きていけませんし、病気になることもありますので、健康管理には気をつけてください」

 やっぱり、生きている人間なんだ。

「彼女達は売り戻す事も可能です。その場合、買い値の五割が払い戻されます。ただし、売る場合は奴隷商館に直接連れて行ってください」

 本当に、物扱いなんだな。

「奴隷とは強制的にパーティーを組んだ状態となり、パーティーリーダーは貴方様となります。獲得資金も主である貴方様の物となりますが、奴隷に持たせることも可能です」

 獲得資金が二倍に増えるっていうメリットがあるのか。

 つまり、ゴブリン一体で1Gだったのが、2Gになるんだな。

 普通のパーティーと違うのは、奴隷分のお金も俺の物になるって所か。

「奴隷は奴隷から解放することも可能ですが、第二ステージをクリアするには奴隷が必要ですので、第三ステージに入るまでは解放しない方が良いでしょう」

 妙に奴隷を使わせようとしてくるな。

「奴隷は一定以上離れると、離れてから十二時間後に主の元に強制転送されます。ダンジョン内では、それが起きないケースも存在しますが」

 奴隷の逃亡阻止か。ダンジョン内って言うのは、ボス部屋の内と外に居る場合の事かな?

「最後に、奴隷は主がどう扱おうと自由ですので、お忘れなく」

 最後の最後でお腹が痛くなった。

 腸へのストレスが半端ない!

「では、奴隷の服をお選びください。一割引きにいたしますので」

「ああ、はい……」

 これで、人を買う手続きが全て終わったのか。

「へと……俺はコセだ」

 あれ? いつの間に一人称が、僕から俺になっていたんだろう?

「……トゥスカです、ご主人様」

 トゥスカが冷淡な目で俺を見ていた。
 声が凄く綺麗で、長くしなやかな手脚。

 容姿とかよく見えてなかったけれど、こうして見ると凄い美人だ。

 胸元には紫の紋様がある。とげの生えた首輪を模しているようだ。
 奴隷の印なんだろうな。

「……服、好きな物を選んでくれ」

 値段はその都度相談しよう。

「主が選ぶべきでは?」
「なんで?」
「奴隷の用途に合わせて、主が選ぶ物かと」
「用途…………」

 ――ちょっと、いけないことを想像してしまった!

 奴隷を買ったという事への罪悪感とよこしまな感情が混ざり、変な気分に。

「あーー、ここがダンジョンだって言うのは知ってる?」
「はい、そう聞いています」

 聞いているって事は、ダンジョンの外からここに連れて来られたって事かな?

「俺は、ダンジョンを脱出することを目的に行動している。だから、モンスターと戦うのを前提に服を選んでくれ……値段によっては、他に欲しい服があったら一緒に買うから」

「……分かりました」

 俺……産まれて初めて女の子に何かを買ってあげようとしているのか?

「……この店で、一番高くて動きやすい服をください。機敏性重視で」

 数秒後、トゥスカがおばさんにそう言った。

 一番高いのを選ぶんだ。でも、的確な判断だ。

 奴隷であることに物怖じせず、冷静な考えで行動出来る人間らしい。

「条件に当てはまるのはこちらでしょうか」

 おばさんがチョイスプレートを出現させ、衣服のリストを見せてきた。

「どれがよろしいでしょうか?」

 トゥスカが俺に尋ねてくる。

 リストに乗っていたのは、どれも防御力など無さそうな露出多めの服だった。

 一番高いのは、赤を基調としたミニスカートタイプの“獣人のワンピース”。

 他に、緑を基調としたハーフパンツでヘソ出しの“獣人の戦装束”や、ほとんど裸のライダースーツみたいな“獣人の勝負服”があった。
 三つとも、そこまで値段は変わらないな。

「……“獣人の戦装束”で」

 勝負服は論外。ワンピースは……あんまりトゥスカのイメージに合わないし、戦装束の方が戦闘に適していそうだ。

 細かい数値とか、特殊な効果が付与されているとかが分かれば、また意見も変わってくるんだけれど。

○25000G払いますか?
 
 たけー! 1G一円と考えたら、二万五千円だぞ!

「ほ、他には良いのか?」
「……予備の下着は欲しいですね」
「他の服は?」
「必要ありません」

 可愛らしい服とかあるけれど、本当に良いのかな?

「他に必要そうなのがあったら、遠慮なく言ってくれ」
「分かりました」

 トゥスカの考えが、全然読めない。


             ★


 合計32500Gの支払いを済ませ、服屋を出た。

「疲れてないか?」
「別に」

 素っ気ない。
 でも、トゥスカが俺を観察しているのは分かる。

 物を選ぶときも、相談するていで俺から情報を引き出そうとしていた。

 どこか、試されているようにも感じたな。

 一度、落ち着いて話をした方が良さそうだな。

「お兄さん、奴隷を購入したんだね!」

 軽薄そうな男が声を掛けてきた。

「主と奴隷の間で使用することが出来る専用スキル、“連携装備”と“身代わり”。どちらか一つを5000Gで譲っちゃうよ!」

 この男はNPCらしい。

「スキルの詳細は?」

○“連携装備”は、奴隷とその主の間でだけ、装備を手渡しで変更できます。主専用スキルです。

「俺の武器を手渡すだけで、トゥスカの装備扱いに出来るって事か」

○“身代わり”は、自分の怪我を奴隷に移すことが出来ます。主専用スキルです。

 ――胸糞悪い。

 ”連携装備”を5000Gで買う。

「まいどー!」

 男は、笑顔で光になって消えた。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く