話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

11.始まりの村

「……のどかだな」

 ボス部屋から始まりの村に転送されたらしいのだが、とてものどかな村が広がっていた。

 村は、見渡す限りの草原の中に開いた穴の中に、スッポリ収まっているらしい。

 俺達が居るのは、その光景を一望できるほど高く積み上げられた、石の祭壇のような物の上だった。

「行ってみましょう」
「ああ」

 長い石階段を降りていく……いったい何百段あるんだ?

 やがて階段が終わり、土の地面が広がる。

「ここでお別れだな」
「へ?」

 彼女が不思議そうに俺を見る。

「そういう約束だったろ」
「そう……だったわね」

 ふぅ、これで清々する!

 チョイスプレートを操作し、パーティーを外れた。

「じゃあな、気を付けろよ」
「ええ……そっちも」

 あの槍の男は気になるが、気にしてわざわざ一緒に行動してやる義理も無い。

「まだ昼前だし、村を見て回るか」

 髭を生やしたモブキャラ感があるおじさんが、同じ場所を行ったり来たりしている。

「おじさん」
「おお、冒険者よ! ここはほとんどモンスターが出ない安全な村。ゆっくり休まれよ。ただし、外から来た者は五日以上留まらぬ方が良い。反対側に第二ステージのダンジョンの入り口があるから、そこでLvを上げなされ。そうすれば、また五日は安全だ」

 やっぱりNPCか。

「五日経つと、なにが起きるんですか?」

「おお、冒険者よ! ここは……」

 ……同じ事を言い始めたため、村を見て回ることにした。

「ここは鍛冶屋だ。なにか用か?」

 店の前にいかついオッサンが立っていた。

「ここでは壊れた物、損壊状態の物の修復が出来る。直してほしけりゃ、中に居る店主に頼みな」

 なら、“鉄の短剣”を直してもらおうかな?

「いや、まずは武器屋を覗いてみよう」

 鍛冶屋には鎚のマークの看板がぶら下げられている。武器の看板を探せば良いはず。

 暫く村を見て回っていた。

「結構広いな……お、ここか?」

 看板には、騎士と魔法使いのようなマークが描かれている。

「いらっしゃい。ここではサブ職業を買えるよ」

 太ったオッサンが、にこやかに話し掛けてきた。

 店主に近付くと、チョイスプレートが強制的に出現する。

★剣使い 10000G ★槍使い 10000G
★斧使い 10000G ★弓使い 10000G
★拳闘士 10000G ★棒使い 10000G
★盾使い 10000G ★初級魔法使い 10000G
★僧侶 10000G 

「……高い」

 俺は買えるけど、眼鏡女は絶対に無理だろ。

「おっと、アンタ見たところ冒険者だな? なら、まずは奴隷を購入した方が良い」

「奴隷?」

 NPCをお金で買って、連れて行けるって事かな?

「この先のダンジョンには、奴隷が一人は居ないと進めない仕掛けがあるらしくてよ。四本腕を倒したなら、買える金はあるはずだぜ」

 チョイスプレートを開いて確認する。

 今朝確認したときより14000G増えていた。

「お金の管理が出来ない奴は、このゲームをクリアできないだろうな」

 つまり、奴隷を購入せずにこのお金を使ってしまったら、その時点で先に進められなくなり、最初のオッサンが言っていた五日間が過ぎて……おそらくゲームオーバー。

「最初にするべきは奴隷の購入か」

 ……口にした瞬間、心臓が冷たくなった。


●●●


「いらっしゃいませ。一泊、お一人様20Gになります」

 細身の女の子が、不自然なくらいにこやかに話し掛けてきた。

 ノンプレイヤーキャラだっていうのは分かっているんだけれど、こういう妙に明るい子って苦手なのよね。

「205号室になります」

 お金を払うと、番号が入った鍵を渡された。

「鍵を無くされた場合は宿泊を取り消しますので。荷物を部屋に置いていた場合は、15Gお支払い戴ければお返しします」

 悪徳商売に聞こえてくる!

 ……さっさと休もう。

「ハァー……最悪なことばっか」

 おじいちゃんの研究が原因なのか、私の両親は急に仕事を辞めさせられた。

 メディア嫌いのおじいちゃんは研究を公表していなかったけれど、研究所の上層部が一定の成功を嗅ぎつけて、おじいちゃんではなく研究所全体の成果にしようしたらしい。

 私達家族が社会から虐げられるようになったのは、それが原因ではないかと、母がことあるごとに恨みがましく口にしていた。

「ようやくあの家から出る目処が立ったのに、気付いたら変な世界に……」

 生き残るためにパーティーを組んだ二人の男は、にこやかに話し掛けながら私の胸ばかり見ていた。

 異様に優しかったから、完全に下心故の行動だったと断言出来る。

 生き残る目処が立ったら、パーティーを抜けるつもりだった。

 女付き合いが苦手じゃなかったら、男とパーティーなんて組まなかったのに。

 そんな二人でも、さすがに目の前で殺されたら悲しくはなる。
 目の前で、いきなり頭をぶち抜かれたのを見れば。

 部屋の鍵を開け、入るとすぐに扉の鍵とカーテンを閉め、服を脱ぎ、ベッドに飛び込んだ。

「もう……嫌」

 生きるのに疲れた。

 このまま、なにもしたくない。

「そう言えばアイツ……変な奴だったな」

 良い人オーラをあんな自然体で出せる奴、始めて見た。
 まるで着ぐるみのように、良い人オーラを纏っている気持ちの悪い人種とは大違い。

「私の胸……一度しか見なかったし」

 あんなに見てこなかった奴、始めてだ。


●●●


「ここか」

 四つん這いの人間の首に、紐を繋いで散歩しているかのようなマーク。

「悪趣味だな」

 さっさと済ませよう。

「いらっしゃい、冒険者様。おや、貴方は一見さんですね」

 店主は、また太り気味のおっさんか。

「一度も奴隷を購入した事が無い人には、アッチは売れねーな」

 店主が、左側のドアを指差してそう言った。

「アッチは反対側と比べて高いしね。初めての人には向こうがお薦めだよ」

 本当に、ただ物を扱うかのような気安さ。

「中に詳しいのが居るから、分からない事はそいつに聞いてくれ」

 言われた通り、右側の扉を潜る。

「いらっしゃいませ、冒険者様。本日はどのような奴隷をお求めでしょう?」

 年老いたおばあさんが尋ねてくる。

「ここに居るのは男だけだけれど、奥には女も居るよ」

 周りを見渡すと、部屋の中は檻だらけになっており、檻一つに一人ずつ入れられていた。

「頼む! あんた、ここから俺を出してくれ!」
「俺を買ってくれ! いつまでも売れなかったら、俺達は!!」

 積極的に自分を売り込んでくる者が半数。
 残りは怯えるように、諦めているようにうずくっている。

「本当に……NPCなのか?」

 目の前のおばあさんと比べると……より人間らしさが伝わってくる。

「男の子だものね、奥の雌の方が良いでしょう」

 おばあさんがにこやかにそう言い、奥への扉を開ける。

 早くここから出たくて、急ぎ足で扉を潜った。

「待ってくれ! 頼むよ!」
「なんでもする! !」

 必死の声が、耳にこびり付く。

「どの子も一律10000Gだからね。好みの子を選ぶと良い」

 おばあさんは、まるで男達の声など聞こえていないかのように説明する。

「お、お兄さん! わ、私を買ってよ!」
「お願いです、助けてください!」

 ここも同じ……獣耳に尻尾? そう言えば、さっきの奴等も……。

「獣人は身体能力が高いのが特徴さね。ただし、魔法使いにはなれないから、全員職業は戦士になる」

「彼女達は……NPCだよな?」

 感情が、彼女達の感情が俺の中に入ってきて……NPCだと思わないと耐えられない!

「全員Lvは1だから、あんたの好きにカスタマイズ出来るよ。元々持っているスキルには個人差があるが、そこは買ってみてのお楽しみさね」

 俺の質問には答えてくれない。

 獣人……現実じゃあり得ない存在。

 頭を抱えながら、よく見渡す。

 声、呼吸、目の動き。それらから感情がほとばしっている。

 躍動感を持っていたモンスターからも、感じなかった感覚。


「NPCじゃない……彼女達は……本当に…………生きてる」

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く