話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

10.魔神・四本腕

「ボスの名前はね、魔神・四本腕って言うの。二本の腕で剣を振り、二本の腕で魔法を放ってくるんだよ」

 お金を払ったら、妖精が説明してくれる。

○より詳しい情報を聞けます。一人一回、どれか一つしか聞くことが出来ません。

★弱点属性 ★危険攻撃 ★有効武器

 眼鏡女が聞いたのが弱点属性だから、有効武器は……持ってる武器の種類は多く無いし、グレートソードの攻撃能力は鉄系武器よりも数段高いから聞かなくても良いか。

 危険攻撃を選択する。

「ボスの危険攻撃は、剣を交差してから放つクロススラッシャー。広範囲に飛ぶ斬撃を放ってくるから、物理攻撃で早めに腕を破壊する事をお薦めするよ。破壊に有効な武器は、有効武器から知る事が出来るよ」

 ここに三人居れば、全ての情報を聞けたんだ。

「あんまし役に立たない情報だったわね。どう、私とパーティー組んだ方が得でしょ?」

「君は槍の男から逃げたいだけだろう?」

 プライドと願望の狭間で、偉そうにパーティーを組もうとしている眼鏡女。

「ウッサいわね」
「ハァー……パーティーは組んでも良いけど、自分の身は自分で守れよ」
「私が火魔法で攻撃して、貴方が私を守るのよ! 分かるでしょ、それくらい!」

 母親と同じ匂いがする。嫌いだはー。

「火属性で攻撃する手段なら俺にもある。Lv5で偉そうにするな」
「そういうアンタはLvなんなのよ!」
「8」
「8くらいで偉そうに! ……へ、8?」

 Lv8特典……最初のボスが火に弱いなら、次は別の属性が弱点になるのか?

 敢えて取らないで置くのも手か。

「あ、アンタの装備……よく見ると凄そうね」
「そういう君の武器は……初期装備か?」
「……そうよ」

 手にしていた物が明らかに鉄製の杖だったため、見抜くことが出来た。
 紫のマントを身に付けては居るけれど。

「パーティーは組むよ。ただし、ボス戦が終わるまでな」
「私も、その方が助かるわ」
「じゃあ、これを使って」

 チョイスプレートから取り出した、”炎のステッキ”を差し出す。

「……良いの?」
「どうせ俺には使えないし、勝率は上がった方が良いだろう?」

 死なれるのも嫌だし、Lv8特典をまだ使いたくない。

「あ、ありがとう……」

 さっさと装備するユ……ユ…………名前忘れた。

「なら、パーティーを組みましょう」

 チョイスプレートを操作し、俺の方に流してくる眼鏡女。

○ユリカ様がパーティーを申し込んで来ました。パーティーを組みますか?

「これ、俺から切ることは出来るのか?」
「出来るわよ。手に入った物は基本的にパーティーリーダーが所有することになるけれど、今回は貴方がリーダーで良いわ。ステッキも貰っているし」

 意外と気前は良いらしい。

「パーティーリーダーの権力、強いな」
「所持金は分割されずに手に入るみたいだから、パーティーを組むメリットもあるわ」

 ゴブリンを三人パーティーの状態で倒した場合、全員に1Gずつ手に入るって事か。

「パーティーリーダーは、自分ではパーティーメンバーを追い出せないっていうデメリットもあるけれど」
「おい」
「自分からパーティーを抜けるのは問題無いわよ。どうせ、私達は二人だけなんだし」

 パーティーリーダーの状態でパーティーに居座ろうとしなければ良いわけか。

○パーティーが成立しました。パーティーリーダーを選んでください。

 俺と彼女の名前が表示されたため、俺は自分の名前を選ぶ。

 同じ表示が向こうにも出たようで、俺の名前を選択してくれた。

 誰かに異議があれば、リーダーにはなれない仕組みか。

○パーティーリーダーになりました。

「関係無いけれど、パーティーは三人までしか組めないからね」

「ああ……ありがとう」

 ありがとうって言うの、なんか嫌だな。

「早く行きましょう」

 眼鏡女が巨大な扉に触れると、扉が開いていく。
 ――で、すぐに止まった。

「ちょっとしか開かないんだ」
「まあ、私達が通るには充分過ぎるくらいよ」

 確かに、全体ではちょっとでも、横幅五メートルくらいはあるしな。

 扉の向こうは暗くて、よく見えない。

 眼鏡女はさっさと扉の中に入る。

「なにしているの、早く」
「はいはい」

 槍の男から逃げるので頭がいっぱいか。

 俺がボス部屋内に入り、扉が閉まり始めた時だった。

「見付けたぜ、巨乳女~!」

 背後から男の声。

 髪を後方で一纏めにした男が、狂気の笑みを浮かべていた!!

 マントに槍……アイツが人殺しの槍使いか。

「あははははははははははは!! どこ行く気だよ、女~~ーーーー!!」


「――――いやーーーーーーーーーッ!!!」


 眼鏡女が悲鳴を上げる。

 ――槍男が突撃してきた! しかも速い!!

 扉が閉まるよりも早く、男が到達してしまう!?

「くそ、通れねー!!」
 
 見えない壁に阻まれ、男が慌てていた。

「ボス部屋に他のパーティーが居るときは、挑戦出来ないよー」
「うるせー!!」

 ボスの案内妖精の頭が槍によって貫かれ、光が弾けて……元に戻っていく。

 やっぱり、NPCのような存在だったか。

「クソッタレが。おい、そこの兄ちゃん。その女の巨乳もケツも、アッチの穴も俺のもんだ。手~出すんじゃねぇぞ」

「興味ない」

 下卑た男だ。

「よく見たら、良い装備してんじゃん! 決めた。アンタは殺して、装備とスキルと経験値も戴く! その後はテメーの身体でたっぷり楽しませてもらうからな、巨乳女!! 待ってろよ、すぐに追い付くからな~!」

 扉が完全に閉まるその瞬間まで、男は下卑た言葉を連呼し続けていた。

 だが、一つ収獲があったな。

 人を殺せば、経験値、スキル、装備を奪うことが可能らしい。

「一人を選んで良かった。ん?」

 扉が閉じると完全な暗闇になってしまったが、すぐに灯りが点いた。

 薄暗くてよく見えないが――

「居る」

 グレートオーガと同等か、それ以上に巨大な人型の敵。

「アレが、魔神・四本腕」

 生物ではなく、リビングアーマーのような動く鎧のように見える。

 青黒く複雑な意匠の鎧が、組んでいた四本の腕を広げ、下段の両手が、出現した巨大な湾刀を掴む。

 股から下は無く、宙に二、三メートルくらいの高さで浮いていた。

『ボォォォォォーーー』

 鎧内部から淡い青の光を発し、こちらに接近してくる。

「先制攻撃を仕掛けてくれ!!」
「……へ?」

 眼鏡女は、すっかり怯えて座り込んでいた。

 ボスにじゃない……あの男に怯えてしまっているんだ。

「良いか、お前は自分の身を守れ。俺がアイツを倒すまで、自分を守り続けるんだ。出来るな?」

 肩を掴んで、しっかりと言い聞かせる。

「わ、わがっだ……」

 震えたまま、彼女は立ち上がった。

「全力で終わらせる!」

 ”グレートソード”を手に、四本腕に向かって駆ける!

 上段の二本の腕が輝き、青い炎弾を撃ってきた!

 脚に瞬間的に力を込め、炎の弾を避ける!

「冷たい?」

 躱した瞬間、ヒヤッとした。

 ――炎が着弾した場所が凍り付いている!?

 氷だから炎に弱いって事か。

 近付くと、剣による攻撃を放ってきた。

 “壁歩き”を一瞬だけ発動し、脚の裏が地面に吸い付いたのを利用して、地面を蹴る力を上げる!

 湾刀の攻撃は外れ、その隙に一直線に接近!

「ハイパワースラッシュ!!」

 身体が浮いている四本腕の真下から、大剣術による斬撃を放つ!

『ボオオオオオォォォォォ!!』
「あれ?」

 股部分がほとんど壊れた!?

 剣を交差するように構え、俺を狙う四本腕。

 ――危険攻撃、もう放ってくるの!?

 回避している余裕は無い!

『ボオオオオォォォ!!』
「ハイパワーブレイク!」

 クロススラッシャーに対して、大剣術で応じる!

 バツ字の斬撃を衝撃で吹き飛ばし、そのまま四本腕が上空に押された。

 ――身体が、さっきの衝撃でビリビリ震えている。

「フレイムバレット!!」

 眼鏡女の魔法の散弾が、四本腕に次々と直撃していく。
 何度も放たれる激しい魔法の数々。

「MPが足りない! なんとかして!!」

 “壁歩き”で四本腕よりも高く壁を登り――跳んだ!

「ハイパワーブレイド!!」

 タグが眼鏡女に向いたのか、気付かれずに頭上から攻撃出来た。


 ――四本腕の、胸より上が吹き飛んだ。


『ボオオオオオオオッッ!!!』

 狂ったように暴れ出した!?

「これで終われ! 火魔法、フレイムカノン!!」

 四本腕の胴体に炎弾が直撃し、魔神が沈黙。光になって消えていく。

○おめでとうございます。魔神・四本腕の討伐に成功しました。

「あれ? 本当に終わったのか?」

 最初のボスだとしても、弱すぎるんじゃ……。

 取り敢えず、呼吸を荒げている眼鏡女に駆け寄る。

「大丈夫か?」
「そっちこそ、死んだかと思ったわよ」

 それで援護してくれたのか?

 さっきまでと違い、大分余裕を取り戻したらしい。

「あ、Lvが上がった。サブ職業の装備可能数が三つ? 意味無いじゃない」

 俺と違って、彼女はサブ職業を二つしか持って無いのか。

 俺の場合は、一人で苦しむを選んだ時に一つ手に入れていたからな。

「あの……助かった、ありがとう」
「こっちこそ、ありがとう!」

 唇をニィーっとさせて笑う…………名前が出てこない。

○ボス撃破特典。以下から一つをお選びください。

★四本腕の大湾刀 ★氷炎魔法のスキルカード
★二刀流使いのスキルカード ★四本腕の石鎧

 選ぶなら、大湾刀か二刀流のスキルカードか。

「なに、まだ選んでんの?」

 眼鏡女はさっさと選んだらしい。

 まあ、この内容だと、彼女には一つしか選択肢が無いようなものだからな。

 やっぱり、この女とは絶対に合わない!

 予備武器にデカいのじゃ困るし、二刀流使いを選んで置くか。

○これより、第ニステージの始まりの村に転移します。

「ん?」

 そんな文章が表示された数秒後……身体が光に包まれ、視界を覆った。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く