話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

9.炎の魔法使いユリカ

 手を合わせ、骸骨の冥福を祈る。

「あの骸骨さん、獣人って言ってたよな」

 本当にファンタジーゲームのような世界設定。

 死ねば、元の世界に戻れるのだろうか?

 ――これまで感じてきた痛みが、仮想かなにかだとでも?

「そもそも、戻りたいとも思わない」

○戦士.Lv8になりました。

「今回の特典はなんだ?」

○武器への属性付与スキルを一つ修得出来ます。

★火属性付与 ★氷属性付与 ★雷属性付与
★水属性付与 ★風属性付与 

 うん、分からん!

「ここまでで属性攻撃に弱そうなのには会っていない。見た目で分からなかっただけかもしれないが」

 もうちょっと詳細とか無いの!? 毎度の事だけれどさ!

「……保留だな」

 保留出来るんだから、保留したって良いじゃない!

○”獣人の伝統ブーメラン”を手に入れました。

「ブーメランは手に入れても装備出来ないし……」

○“転剣使いのスキルカード”を手に入れました。

「来たーッ!!」

 これ、絶対ブーメランを使えるようになるためのスキルカードでしょ!!

「……なんでこんなに喜んでいるんだ?」

 手に入らない物ほど欲しくなるってやつかな?
 思いがけず手に入ったから、こんなに喜んでいるのか?

「……こっちは使用するか」

 “転剣術のスキルカード”を使う。

○転剣術を修得しました。

 予想通りだな。

○遠目を修得しました。

「やっぱり大剣使いと同じ、上位の職業だったか」
 
 予想通り、二つ取得出来た。

○”彷徨う者のマント”を手に入れました。

「ん?」

 こっちはアイテムか。

「マントは衣服じゃなくて、その他の所になるんだな」

 その他も指輪同様、二つまでしか装備出来ない。

「装備の能力とか、分からない物かな」

 ゲームにしては不親切過ぎやしないか?

 取り敢えず、“彷徨う者のマント”を装備してみた。

「格好いい! ……のか?」

 イメージとしては格好いいと思うのだが、鏡が無いことにはなんとも。

「見た目よりも安全だ!」

 少しでもステータス的な物が上がるなら、見た目を気にしている場合じゃない!

 先へと進むとすぐに、地面に置かれた奇妙な物を見付ける。

「ポータル……かな?」

 円柱状の平べったい物が、緑色に発光していた。
 どこかへの転送装置なんだろう。

「ここは安全エリアみたいだし、今夜はここで寝るか」

 まだ十七時前だが、早めに休もう。

 チケットで手に入れたコンロと鍋を出し、水筒から水を移してコンロの火に掛ける。

 コンロの正式名称は”魔力コンロ”。

 俺のMPを補充することで、火が点けられる仕様だ。

 これまでに手に入れた草と、加工していないグレイウルフの肉を切って一緒に茹でていく。

「もう少し料理の知識があれば、まだマシな味になるんだろうけれどな」

 アルミラージの肉は一度も食べた事が無いから、今日は茹でない。

 焼くより茹でる方が身体には良いけれど、茹でると臭みがより強く出る。
 アルミラージの肉の風味を知ってからじゃないと、茹でて食べるのは怖い。

 鍋に塩と生姜を入れて暫く待ち、木製の器に盛り付けて食べる。

「おほ! やっぱり、グレイウルフの肉は茹でた方が美味い」

 生姜で臭みは飛んでるし、茹でた方が肉が柔らかい!

 一日歩きっぱなしだからこんな料理でも美味しいと思えるが、暫くすると慣れちゃうんだろうなー。

「誰かが作ったご飯、食べたいな」

 母のとは思わない当たり、本当に家族への愛想が尽きているようだ。


             ★


 早く寝たためか、四時過ぎに目が覚める。

 軽い朝食を終え、ブーメランの使い心地を確認し、準備を終え、ポータルの上へ。

 視界が緑の光に包まれ、数秒後には収まった。

 ポータルの先に広がっていたのは、とても暗い空間。

「こっちにポータルが無いって事は、一方通行か」

 って言っていたよな。

 明らかに、戻れないように細工されている。

「まあ、こんな所に留まる気なんて無いけれど」

 それにしても、やたら暗いな。最初にゴブリンと戦闘した場所くらい見えない。

 遠くに青暗い場所が見える。

 暗い岩肌の中を暫く歩くと、巨大な空間が広がっていた。

 空間の中央左側に、青白く輝くなにかが居る。

「妖精?」

 小さな細身の子供が、青白く輝く羽根を生やして宙に浮いていたのだ。
 
 髪は炎のように揺らめき、身体には植物の蔦のような紋様があって、裸と言って差し支えない格好。
 いや、あれは裸だな。

「あの……」

 妖精に話し掛けようとしたとき、妙な違和感を感じた。

 俺が来たのとは逆方向に……なにか居る。

「……誰か居るのか?」
「ッ!! フレイムランス!!」

 悲痛な女の子の声と共に、炎の槍が飛んできた!

「ハイパワーブレイド!」

 大剣術を発動し、グレートソードによる力任せで炎を切り裂く。

「ウソ……」

 声音にやたら悲壮感が強いなと思いながらも、警戒したまま近付く。

「いきなり殺す気か?」
「それはお前が!! ……ダレ?」

 こっちのセリフだよ。

「……コセ、とでも呼んでくれ」
「コセ? 変な名前ね」

 あ、俺コイツ嫌いだわ。

「私は……ユリカ。ごめんなさい。暗がりなうえマントを着ていたから、アイツと間違えたの」

「アイツ?」

「青い槍を使う、人殺しの男よ」

 話しに応じてくれた所を見るに、もう少し近付いても大丈夫だと判断する。

 少しずつ、彼女に近付いていく。

「アンタ……反対側から来たわよね? もしかして、方を選んだ人?」
「そういう君は、方か」
「ええ、すぐ横の道を通ってね」

 暗くて分かりづらいが、彼女が親指を向けた先には、確かにより暗い場所があった。

「パーティーメンバーを二人殺されたの……あっという間だった」

 硬そうな黒髪を左右で三つ編みにした、黒縁眼鏡の勝ち気そうな女の子。

 かなりボロボロで、壁に上半身を預け、左脚を伸ばした状態で座り込んでいる。

 殺された……か。

 彼女が身体を、妙に傾けていることに気付く。

「怪我をしているのか?」
「……右脚をね」
 
 声音に警戒が滲む。

「ヒール」
「へ?」
「まだ痛むか?」
「……ええ、痛むわ」

 更に二度、ヒールを使用する。

「もう大丈夫……ありがとう」
「助けた代わりに、情報をくれ」

 期待せずに情報を求める。

「……その前に、先へ進みましょう。奴がいつ現れるか分からないわ」
「一緒に進むつもりはないぞ」

 誰かに命を預けるなんてごめんだ。

「アレを見ても、まだそんな事が言える?」

 彼女の指差す方向は、妖精の背後。

「巨大な……扉?」

 高さ十メートルはありそうな石扉が存在している……ただの壁だと思っていた。

「あの妖精と話してみれば、私がここに留まっていた理由が分かるわ。私は奴が来ないか警戒しているから、話しを聞いてきて」

 立ち上がった彼女が、さっさと行けとでも言いたげに手振りで促してくる。

 やっぱりコイツ、嫌いだわ。

「やあ、冒険者」

 妖精に近付くと、冒険者と呼ばれた。

「地上へと脱出しようとする異世界の冒険者よ、この扉の先には第一ステージのボスが待ち受けている」

 あ、ここ異世界なんだ。

「ボス攻略に挑むなら、三人パーティーを推奨する。平均Lv4以上で、魔法使いが二人以上居るのが好ましい」
 
 俺、魔法使えないんだけれど。

「分かったでしょう。ちなみに、私は魔法使い.Lv5よ」

 彼女が近付いてきた。
 だから自分と組めとでも言いたげだな。

 この状況、一人で行動した上、戦士を選んだ俺に不利すぎないか?

「第一ステージから、そこまで偏った仕様にするものかな?」

 考え込んでいた俺の前に、チョイスプレートが表示される。

○1000G払うとボスの攻略情報を聞けます。払いますか?

「君は聞いたの?」
「ええ、弱点は火属性らしいわ」

 戦士.Lv8は火属性付与で決まりかな。

「攻略情報も選択制で、私は弱点属性を選んだの。ちなみに、私は魔法使い.Lv3の時に火属性強化を選んだわ」

 ヒールでそんなに信用してくれたのか? どれだけ自分を売り込んでくるんだよ。

 遠回しに、お前も1000G払えと言っているし。

 まあ、払うつもりだったけれどさ。

 ――1000Gって、最初の手持ち資金と一緒だ。

 ここまでお金を使う機会なんて無かったし、このための所持金だったのか?

「君の今の所持金は?」
「……200と少しよ」

 イベントで手に入れた分を除いても、俺はもっと稼いでたけれどなー。
 パーティーを組んでいたせいで、稼ぎが分散されたのか?

「それがどうかしたの?」

「いや」

 どうやら、ここまでで1000G稼ぐのは難しいらしい。
 なら、最初から攻略情報を知るための所持金と見て良いだろう。

 つまり、攻略情報が無いと倒すのが難しい難易度設定の可能性が高い。

 俺はYESボタンを押して、1000G支払った。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く