話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

2.実戦

 起きてから水を少しだけ飲み、短剣で素振りをした。

 朝の五時。

 寝心地は悪かったのに、気分は悪くない。

 どこかで、待ち望んでいた展開を迎えたからだろう。

 ただ、短剣を振ってみると、そんな想いに影を指した。

 重い。鉄の塊だからというだけじゃない。

 刃物を振り回しているという事への恐怖。

 自分だけでなく、誰かの命を奪えてしまえる武器を、自分が所持している事への恐怖。

 でも、この程度の事が出来なければ、この先を生きてはいけない!

「ハアーッ……フゥーー」

 深呼吸し、気持ちを落ち着ける。

 洞窟の中なのに、空気が澄んでいる気がするな。

「行くか」

 ファンタジーゲームのようなシステムの世界。始まりの穴蔵から、ダンジョンの奥に足を踏み入れる。


            ★


「……暗いな」

 目が慣れてきた事で、足元が見えるようになってきた。

 ここまでは真っ直ぐの一本道。

 突き当たりが見え、道は右に伸びているらしい。

 警戒しながら、道を曲がった時だった。

「ぐっ!?」

 今までまったく感じなかった、獣臭や生臭さが漂ってきた!

 こんなの、病気になってしまう!

「クリアエア」

 生活魔法のクリアエアは、自分の周りの空気を暫くの間綺麗にし続けてくれる。

 もしかしたら、この曲がり角より先にはモンスターが入り込まないようにする仕掛けがあったのかもしれない。

「しかも、戻れないのかよ」

 見えない壁のような物で通れなくなっていた。
 昨日、こっちに来なくて良かった。

「進むしかないか」

 奥、灯りが見える。
 揺らめいているように見えるから、火だろうか?

「キキッ!!」

 身体が強張る!

 蝙蝠こうもりか?

 噛まれたらヤバそうだな。

 カラッ!

 違う! 何か居る!

 腰の短剣に手を乗せたままジッと動かず、どこになにが居るのかを探す。

 ザッ!

 すぐ横!?

 咄嗟に頭を守ろうとした左腕に――重い衝撃!!?

「あああぁぁぁぁああああ!!」

 痛い! 痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い!! ――うるさい!!!

 今は痛みよりも!!

 剣を抜き、僕を襲ってきた何かを蹴る!

「ギャブッ!!」

「ゴブリン……なのか?」

 小柄の割に、頭が大きい。子鬼という呼び名がピッタリの見た目。

 腰布を巻いて、骨のクラブを手にしていた。

 アレで、僕の左腕を……いや、アイツは頭を狙っていた。つまり、最初から殺すつもりで襲ってきたんだ!

 滾るような憎悪が湧いてきた!

 異常者共に対してと同じ感覚!!

「ギギャ!」
「黙れ!」

 ゴブリンがクラブを振り上げた瞬間、その腕を蹴り抜く!

「ギャーッ!!」
「黙れと言っているだろうが!」

 腕が折れて泣き叫ぶゴブリンを組み伏せ、喉に”鉄の短剣”を突き込んだ!

「がギャ……ギ…………」
「ハアッ……ハアッ……ハァ」

 ゴブリンの口から、ゴポリと血が漏れ出る。

 ――殺した。命を奪った。僕は……殺したんだ。

 身体が……震えている。

 数秒後、ゴブリンは光になって消えた。

「生きていたわけじゃない……ってことか?」

 生き物特有の、躍動感のような物を確かに感じたのに。

 鉄の短剣には、一滴の血も付いていない。

「武器の手入れをせずに済みそうだ」

 軽口を叩くと、左腕の痛みが戻ってきた!

「これ……折れたか? ぐっ! ヒール」

 左腕に右手をかざし、癒やしの光を放つ。

 少し痛みは和らいだが、まだ辛い。

 隅に移動し、座り込んで、またヒールを使用する。

 チョイスプレートを出現させ、MPのゲージを確認。

「ヒールは五回が限界か」

 ゲージの減り具合から計算した。
 数値が記載されていないため、目分量で確認するしかない。

 四回目の使用で傷は治ったけれど、腕が強張って、まだ震えが止まらない。

「サブ職業に”僧侶”を選んでおいて良かった……フー……」
 
 ”僧侶”のおかげで、初級の回復魔法が使用出来る。

 MPを消耗したせいか、活力のような物が減ってしまった気がするな。

 不安に呑まれそうになってる……別の事を考えよう。

「ゴールドが増えてる」

 昨日見たときは1000Gと表示されていたけど、今は1001Gになっていた。

「ゴブリンを倒したから? こういう所もゲームみたいなのか」

 ゴブリンは1Gの価値って事ね。

「獲得アイテム?」

○”粗雑な骨クラブ”を手に入れました。

「アイツが使ってた武器か」

 ここで休んでいても、事態は好転しない。

 食べられる物は無く、水も限りがある。

「ゲームの世界で生きるのって……しんどいは」

 重い腰を上げ、暗い洞窟を再び進む。

 殺したゴブリンに対し、一度だけ手を合わせて。


            ★


「キェーーーーーッ!?」

 本日七体目のゴブリンの喉を、短剣の横切りで切り裂いた。

 苦しみ藻掻いて、絶命するゴブリン。

「悪いな、楽に殺してやれなくて」

 戦っているうちに、動きが良くなってきてる。
 それに、"剣術"のおかげなのか、剣の使い方が頭に流れ込んでくるんだ。
 剣を扱う恐怖が消えたわけじゃないけれど、大分慣れてきた。

 手を合わせたのち、先に進む。

「水の音?」

 奥から聞こえてくる。

 慎重に進むと、明るく、広い場所に出た。

「滝か」

 小さな虹を作りながら、凄い勢いで滝が流れている。
 この滝の周りがやたら明るい。

 滝は更に下へと流れ落ちているようだ。

 チョイスプレートから水筒を取り出し、多めに飲んで滝の水を補充する。

「クリアウォーター」

 水を洗浄、ろ過する生活魔法を、一応使用しておく。

「……ゴブリンじゃない」

 水を飲みに来たのか、狼のモンスターが回り込むように近付いて来ていた。

「グリルルルルルル!」

 威嚇してきたか。

 俺は背中を見せないよう、滝から離れていく。

「グリルルルルルル」

 後ろから二体目!?

「やるしかないか」

 短剣は抜かず、チョイスプレートから"粗雑な骨クラブ"を取り出し、背後から飛び掛かってきた方を躱しながら横っ腹を打ち据える!

 攻撃を避けるのには、昔から自信があるんだ!

 二体目が間髪入れずに飛び掛かってきて、クラブを咥えて奪ってしまう!?

 奪われたクラブを無視し、ゴブリンから手に入れた"粗雑な毒槍"を手にして、クラブの一撃で動きが鈍っている奴の腹に突き刺した!

「グオオオオオオアアォォォォォーーーン!!」

 苦しんで暴れ出したため、"粗雑な毒槍"が壊れてしまう。

 クラブを捨て去って向かってくる二体目!

 短剣を抜くと同時に膝を曲げ、頭上を通過する際に狼の腹に突き込む!

「グラアアアアアアアアァァァァーーーー!!」

 内臓や血肉をぶちまけて、やがて二匹とも絶命した。

「……やっぱり、身体能力が上がってるよな?」

 職業を戦士にしたからなのか、モンスターを倒してレベルアップでもしているのか。

 辺りの状況を確認し、チョイスプレートを開く。

○戦士.Lv2になりました。

 さっきまでレベルなんて無かったのに。

 それに、”グレイウルフの毛皮”と”グレイウルフの肉”×2、”狼の牙”が手に入っていた。

 散乱した血肉も消え、これがゲームなのか現実なのか分からなくなってくる。

 夢……なんて事は流石に無いだろうが……。

○Lvが上がりましたので、サブ職業を一つ選択できます。

「本来はレベル上げで手に入れるのか。ん?」

★盾使い ★槍使い ★棒使い ★拳闘士
★盗賊 ★弓使い ★斧使い ★鎌使い

 初級魔法使いが無い。
 僧侶はすでに持っているからかもしれないが、本来はどちらも手に入らない物だったのか?

 だとしたら、最初に僧侶を選んだのは本当に正解だったのかもな。

「で、どれを選んだら良いんだ?」

 やはり今回も、サブ職業に関する情報が無い。

「……俺が短剣を選んでいなければ、ここに剣使いとか剣闘士って表示されていたのかも」

 だとすると、槍使いを選べば槍術スキルを使用できるようになるのかもしれない。

「だとすると、分からないのは盗賊か」

 盗む能力かな? 予想が付くような……付かないような。

「今は大した武器も無いし、ここは保留……」

 今回はゴブリン以外のモンスターが現れたけれど、運良く対処出来ただけだ。

「よく考えてから選ぶように……か」

 あのピエロみたいなのが言っていた事。

「……生き残れる確率を、最優先にしよう」

 サブ職業を今選ぶことにした。
 短剣以外持っていないこの状況で、意味がありそうなのは一つしか無い。

 二つ目のサブ職業に、俺は”盗賊”を選んだ。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く