話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

プロローグ 三人の冒険者

 巨大な洞窟の中に、戦闘音が木霊する。

「サイクロン!」

 白髪と見紛う薄緑の髪の少女が、”暴風魔法”を発動し、屈強な巨体と黄色の皮膚を持つ巨人、ギガントの動きを竜巻で止める。

「ハイパワーブーメラン!!」

 ”大転剣術”により、凶悪な威力を込められたブーメランが、サイクロンが収まった直後にギガントの左腕を両断した!

「ご主人様!」

 戻ってきた巨大なブーメランを手にしたのは、長い黒髪の犬獣人トゥスカ。

 モデルのように長い手脚を持つ、俺の自慢の奥さん!

 俺にとって、唯一無二の最高のパートナー。

 二人のパーティーメンバーが作ってくれた隙を付き、八メートル近くあるギガントに肉薄する。

『ガアアアアアアアアアアッッッ!!』

 ギガントの、右腕による薙ぎ払いが迫ってくる。

「“拒絶領域”」

 黄色い皮膚の巨人の腕が、俺を包むように現れた円柱状の領域に弾かれた。

 ガラ空きになったギガントの正面に、”瞬足”で一気に距離を詰める!

 同時に、手にした大剣、”強者のグレートソード”にTPを吸わせ、刀身に三つの神代文字を浮かび上がらせていく。

 扱う方法が定かではない、チートじみた力を発揮する謎の青白い文字を。

『ガアアアアアアアアアアアアアッッッ!!』

 ギガントの雄叫びに震える空気の波に逆らい、肉薄!


「ハイパワーブレイド!!」


 ”大剣術”を発動し――振りかぶりからのグレートソードの一撃により、肉厚な巨体のギガントを一刀両断。

 真っ二つになった黄色の巨人が、血を撒き散らしながら地面に倒れるよりも速く……その巨体は光になって消えた。

「ハアハア……よし」

 たった三文字だけだけれど、自分の意思で安定して引き出せるようになってきている。

 ……この力、本来のゲームには存在しなかったそうだから使うのは気が引けるし、精神の消耗が激しいため頼りすぎるわけにもいかないけれど……、そうも言っていられない。

 わけが分からないまま、突然RPGゲームのようなルールの世界に放り込まれてからおよそ一ヶ月。

「やりましたね、ご主人様!」
「私達なら、ギガント相手でも楽勝だね、マスター!」

 ここまで俺を支えてくれた二人が、笑顔を向けてくれていた。

 ……早く、このゲームを終わらせないとな。

「二人ともお疲れ。予定通り、今日は次の安全エリアで休んだ方が良さそうだな」

 この異世界で繰り広げられる醜悪なゲーム、ダンジョン・ザ・チョイスを終わらせるため、俺達は戦い続けていた。
 
 このゲームを仕組んだ、強大な存在に抗いながら。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く