話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【真】ご都合主義で生きてます。-創生魔法で思った物を創り、現代知識を使い世界を変える-

ジェルミ

第43話 先物買い

 俺達は飲食コーナーに移動した。
 6人掛けの席にオルガさんと並んで座った。
 そしてDランクパーティ『餓狼猫のミーニャ』の3人と向き合う。 
「まず私から自己紹介します」
 そう言うとエメリナさんの自己紹介が始まった。

「私はエメリナ、15歳。剣士で雉虎キジトラ猫族です。好きなところは、おでこや頭頂部を撫でられることです」
 なんだエメリナさんて15歳、俺と同じだったんだ。
 やはりこの世界の人は、独り立ちが早いせいなのか大人びて見える。
 茶色ベースの髪に耳や尻尾は黒い縞模様が入っている。

 次の女の人は明るい灰色の髪の色をしていた。
「私はマルガ。14歳。狩人で鯖虎サバトラ猫族です。私は耳の付け根、後頭部、首まわりが好きです」

 最後の1人は白地に茶と黒の毛が混じった髪の色をしている。
「私はシュゼット。15歳です。剣士で三毛ミケ猫族。感じるところはあごの下、背中、特に尻尾の付け根です!!」

 う~ん。結局、彼女達が言っている~猫族て柄模様の事だよね?
 オルガさんの虎猫族もトラ柄と、言うことだし。
 猫族が違う柄同士で結婚して、出来た子供の柄が違ったらどう言うんだろう?
 その子の名乗る種族も柄の名前に変るのかな?
 でも聞けないな。



「それでエリアス様は…」
 エメリナさんが俺に聞いてくる。
「エリアスで良いですよ」
「そ、そんな、オルガさんがいる前で、いきなり呼び捨てなんて」
 この人は、なにを言っているんだろう。
 お見合いでもないのに。

「では俺の自己紹介をします。エリアスです15歳。Eランクです」
「まあ、私達の同い年だなんて。もっと若く見えました」
「エリアスはこの国では珍しい黒髪だ、それに童顔だからな。10~12歳くらいに見えたのかな」
「それはひどいよ。オルガさん」
「まあ、身長があるから、さすがにそうは思わないだろうけどな」

「それではエリアス君と呼ばせて頂きます」
「はあ?」
「エリアス君の、空きはまだありますか?」
「空き?」
「はい、空です」
「まだ彼女達の入る余地があるか聞いているのさ」

「えっ?!だってオルガさんが居るんですよ」
「だから空きがあるのか聞いているのさ」
「どういう事でしょうか?」

「エリアスは本当に世間知らずだな。この国は一夫多妻制なんだよ」
「一夫多妻制?」
「そうだ。経済力がある男は、家を守るためにも複数の女性を娶るのさ」
「でも俺は守る家も無いですよ」

「後は経済力がなくても、これから伸びそうな男には唾を付けておくことさ」
「でも俺には…」
「エリアスにとって何でもないことが、人によっては魅力的に映るものさ」
「それにオルガさんは、それでいいのですか?」

「あぁ、それで構わない。お前を独占できるとは思えないからな。それにこの国では好きな男ができて、結婚しても仕事が無くて生活できないことが多い。生活を考えたら第二夫人でも愛人でも構わないのさ」
「なんだか浮気を公認されているみたいですね」
「勘違いするなよ、浮気ではなく本気なら構わないと言う事さ」
「なんだか、良く分かりません」
「獣人族は自分より強いものに引かれる。エリアスは、私より強い。だから私を大切にしてくれるなら構わない」




 えっ!!
 Aランクのオルガ姐さんより、Eランクのエリアス君の方が強いなんて?!
 まだ知られていないと言う事?
 私の感に間違いはなかったわ。
 やっぱり先物買いね。
 なんとか隙間を見つけておかないと。


 私は雉虎キジトラ猫族のエメリナ。

 冒険者ギルドにきたら、久しぶりにオルガ姐さんがいた。
 私は嬉しくなって近づいた。
 すると側にはこの国では珍しい黒髪の10~12歳くらいに見える少年がいた。

 聞くとこの華奢な少年と2人でパーティを組み、一緒に暮らしていると言う。
 そのエリアスとか言う少年から、姐さんの匂いがプンプンしている。
 姐さんは少年趣味だったのかと思ったけど、よく見るともっと年上かもしれない。

 私の敬愛するオルガ姐さんが、なんでこんな少年と思っていたけど…。
 解体依頼でマジック・バッグから出した、ワイルドボアに驚いた!!
 体長1m、全長2mはある大きさだ。
 そのワイルドボアを倒したのはオルガ姐さんだと言う。
 それは分かる。

 でも問題なのはそのマジック・バッグの容量だ。
 流通しているマジック・バッグのほとんどが古代遺跡から発掘されたものだ。
 そして大半が1m四方くらいの収納能力しかない。
 
 それでも貴重品を仕舞うには重宝し、Dランクの私達では購入すらできない。
 それが2m級のワイルドボアを収納できるなんて。

 その上後からビッグベア1匹、シルバーウルフが5匹。
 キラービー(蜂)8匹、キラーアント(蟻)6匹、センチピード(ムカデ)5匹も出したなんて!!
 馬車1台でも国宝級となり、その価値は計り知れないのに。

 なぜ、こんなバッグをこんな少年が…。
 もしかしたら、この少年はどこかの御曹司様。
 

 オルガ姐さんはエリアス君のことを、世間知らずと言っていた。
 世の中のことを勉強するために、冒険者をやりオルガ姐さんは彼を守る。
  さすがは姐さん、先物買いの目があるわ。

 それなら話が分かる。
 オルガ姐さんが魔物を倒し、エリアス君がそれを収納する。
 魔物の討伐は回収が問題になる。
 どんなに価値のある魔物を倒しても、持ち帰れなければ売れないからだ。
 その点、彼のマジック・バッグがあれば…。

 そして世間をオルガ姐さんが教えていくうちに2人は相思相愛になり、いつしか2人は御曹司様と冒険者の禁断の恋に…。 
 キャァ~~?!素敵!!

 しかも隙間に冒険者ギルドの受付アリッサさんが、いつの間にか入ってきている。

 しまった!
 もう少し早く出会っていれば、1人分の隙間はあったとう事だ。
 なんとかしてもう1人分、いいえ、狭くても良いから3人分空かないかしら。
 だって冒険者なんて不安定な仕事、できるならやりたくない。

 私達3人は12歳で村を出た。
 村は貧しく私達を食べさすだけの余地がなかった。
 アレン領で冒険者を始めた時に、世話になったのがオルガ姐さんだった。
 何も知らない私達を一から教えてくれた。
 そのおかげで今の私達がある。
 
 でも冒険者の仕事はいつ死ぬかもわからない。
 
 だから経済力がある相手を見つけたいの。
 良い男はすでに虫が付いている。
 でもエリアス君ならまだ間に合いそうだわ。

「【真】ご都合主義で生きてます。-創生魔法で思った物を創り、現代知識を使い世界を変える-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く