話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【真】ご都合主義で生きてます。-創生魔法で思った物を創り、現代知識を使い世界を変える-

ジェルミ

第41話 解体依頼

 朝になった。
 俺とオルガさんは『なごみ亭』で、宿泊最後の朝食を食べ宿屋を後にした。

「エリアスお兄ちゃん、また来てね~」
 宿屋の一人娘アンナちゃんが、忙しい時間の中で見送ってくれた。

「オルガさん、これから冒険者ギルドに行こうと思います」
「ワイルドボアを売りに行くのかい?」
「えぇ、そうです」
「ふぅ~ん。それなら行こうか」
 オルガさんは腑に落ちない返事だったけど、冒険者ギルドに向かう事にした。




 朝の早い時間なので、人が多く混んでいた。
 いつも遅い時間に来るから、こんなに混んでいるのを見るのは初めてだった。
 アリッサさんはまだ、出勤前のようだった。

「オルガ姐さん、お久しぶりです!」
 声を掛けられたので、後ろを振り向くとそこに獣人の女の人が居た。

「やあ、エメリナ。ほんと、久しぶりね」
「いったい、どうしていたんですか?ここのところ、見かけなかったので」
「しばらく、依頼は受けていなくてね」
「どうしたのですか…。オルガ姐さん、その少年は誰でしょうか?」

 エメリナと呼ばれた獣人の女の人は、その時初めて俺に気づいたようだった。

「あぁ、これはエリアスよ。私のパートナーよ」
 オルガさんは恥ずかしそうに下を向き、俺に尻尾をペシッ、ペシッ叩きつける。

「えっ、こんな華奢な人族の少年と、チームパートナーになったのですか?」
「いや~、チームパートナーというか、人生のパートナーと…ゴニョ、ゴニョ」

「なにを言っているんですか、オルガ姐さん。それにこのエリアスとか言う少年から、姐さんの匂いがたくさんします。それはいったいどう言うことですか?!」
「どう言うて言われも。一緒に暮らしていればね。エメリナ、わかってよ」
 更にオルガさんは俺に尻尾をペシッ、ペシッ叩きつけてくる。

「一緒に暮らしている、て。どういう事ですか?!私と言う者がありながら…」
「オルガさん、この方はどなたですか?」
「あぁ、この子は雉虎猫族のエメリナだ。彼女達のDランクパーティ『餓狼猫のミーニャ』が冒険者になった時に、しばらく面倒を見ていたんだ。それから特にエメリナには懐かれてしまって」

『餓狼猫のミーニャ』て、なんだ?
 狼なのか猫なのか?

 それにしてもエメリナさんは、女性が自分より強い女性に憧れる、てやつか…。
 エメリナさんの後ろを見ると他に2人、女性の仲間がいる。
 耳が頭の上にあるから獣人だよね?
 
「まあ、懐かれたなんてひどい…。オルガ姐さんの凛々しさに憧れているのに」

「悪かったな、エメリナ。じゃあ、これで」
「待ってください、オルガ姐さん」
「なんだい?」
「今日は依頼を受けに来たのでしょうか?」
「違うよ、今日はエリアスと狩った魔物を売りに来たのさ」
「討伐部位ではなく魔物をですか?」
「あぁ、そうだ。じゃあな」
 そう言って俺達は買取窓口に向かった。

 彼女達は不思議に思ったのだろう。
 魔物を売りに来た、と言いながら俺達が手ぶらだから。
 だから討伐部位だと思ったのだろう。


 買取窓口の解体場にはアンセルさんが居た。
「こんにちは!アンセルさん」
「おぉ、お前は確かエリアスか?」
「覚えていてくれたんですね。ありがとうございます」
「今日も解体込みの買取かい」
「えぇ、そうです」
「で、物は何だい?」
「ワイルドボアです」

「「「 ワイルドボア?! 」」」
 後で驚く声が聞こえた。

 後ろを振り返るとパーティ『餓狼猫のミーニャ』の3人が付いて来ていた。

「どんな魔物を狩ったのか興味があったのよ。でも2人でワイルドボアなんて」
 なんでだ?
 ワイルドボアて、イノシシですけど??

「こっちで出してくれ」
 アンセルさんは前回ストレージから出したのを、覚えていてくれたのだろう。
 解体場に案内してくれた。
「ここだ!」
 そう言われ指示された場所に体長1m、全長2mはあるワイルドボアを出す。

〈〈〈〈〈 ドンッ!! 〉〉〉〉〉

 地響きがしたような大きな音だった。

「 「 「  す、凄いわ!! 」」」
『餓狼猫のミーニャ』の3人が驚いている。

「ほう、今回は手際が良いな。首の頸動脈を一刀か、他に傷も無い」
「オルガさんが倒したんです」
「おお、さすが獅星龍のオルガだな。血抜きもできてるから、肉は高く売れるぞ。しかも鮮度がいい。まるでさっき倒したばかりの様だぜ」
「まあ、色々ありまして。それからお願いがあります」
「お願いだと?なんだ、言ってみろ」
「俺も解体を覚えたいので、解体をしているところを見てみたいのですが」
「良いぜ、見ても構わないさ」
「なんだ、エリアス。解体なら私も出来たのに」
「オルガさんも、できたのですか?」

「むしろある程度、レベルが上がると魔物を倒してもそのまま持ち帰れないから、素材を解体して持ち帰るのさ。逆に出来ないやつはいないかな」
「そうだったんですね、恥ずかしい。それからアンセルさん、今は忙しいですか?」
「いいや、これから冒険者が外に出て、素材を持って帰ってくる夕方までは暇さ」
「では他の方にも手伝って頂いて、同時に他の解体を見たいのですが?」
「同時に見たいだと?他に何があるんだ?」

〈〈 ドンッ!! 〉〉〈〈 ドンッ!! 〉〉〈〈 ドンッ!! 〉〉
〈〈 ドンッ!! 〉〉〈〈 ドンッ!! 〉〉


 俺はそう言われストレージからビッグベア1匹、シルバーウルフが5匹。
 キラービー(蜂)8匹、キラーアント(蟻)6匹、センチピード(ムカデ)5匹を出した。

『餓狼猫のミーニャ』の3人は、口を大きく開け固まっている。

「おい、これは?しかし倒し方が極端に差があるな」
「えぇ、奇麗に首の頸動脈を切って倒しているのがオルガさん。そしてあちこちに傷があるのが俺です」
「しかしキラービー、キラーアント、センチピードは甲殻が固く、剣では倒せない。それをうまく甲殻の間を縫って叩き切っている。いったい、どうすればこんな風に。まるで誰かが抑えている間に、切ったような倒し方だ」
「さ、さすがオルガ姐さんだわ。凄い!!」
 エメリナさんが、倒した魔物を見て興奮している。

「悪いがエリアス。この時間帯は暇だから、解体の部署は人が出勤していないんだ。忙しくなるのが午後からだから、午前は人が少ないんだ」
「エリアス、私が後でやるからワイルドボアだけ、頼んではどうかな?さすがに私もワイルドボアは、1人でやるには大きすぎるからな」
「分かりました」
 そう言って俺はストレージに、ワイルドボア以外の魔物を一瞬で収納した。

 それを見ていた『餓狼猫のミーニャ』の3人は、驚いた顔で更にため息をつく。
 そして俺を見る目が、なぜかさっきまでと違う事に気づいた。
 どうしたんだろう?

「【真】ご都合主義で生きてます。-創生魔法で思った物を創り、現代知識を使い世界を変える-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く