話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【真】ご都合主義で生きてます。-創生魔法で思った物を創り、現代知識を使い世界を変える-

ジェルミ

第32話 黒作大刀

 俺は商業ギルドを出た後、その足で武器屋に向かった。
 もうそろそろ頼んでおいた剣が、出来ている頃だと思う。

 ドアを開けブルーノさんを呼んだ。
「ブルーノさん、いますか?ブルーノさん」
「そんなに大きな声を出さなくても聞こえてるさ」

「剣がそろそろできた頃かと思いまして」
「丁度、できているぞ。ほれ、そこにある」
 
 台の上には、1.5mはある長剣、いいや大剣が横たわっていた。
「打ち上げるのが大変だったぜ!」
 そう言いながら作り上げた満足感からか、ブルーノさんは笑った。

 俺は剣の柄を握り持上げる。
 刀身が赤黒く光っている。
 なんて綺麗な剣なんだ。

「ヒヒイロカネを混ぜたら、なぜかそんな色になってな」

「綺麗な剣です。まるで黒作大刀くろづくりのたち
「黒作大刀か。ぴったりな名前だな」
「こんな素敵な剣を、ありがとうございました」
「裏庭で少し振ってみろ。バランスを見たいからな」
「わかりました」
 俺はブルーノさんから、剣が出来るまで借りていたクレイモアを返した。

 シュン!!シュン!!シュン!!シュン!!

 俺は言われた通り、裏庭に出て剣を振った。
「丁度いいバランスです。とても持ちやすく振りやすい」
 片手でも両手でも扱えるように、柄の長さを2握りから1.5握りくらいにしている。

「そんなことを言うのはエリアスくらいなものだ。なんせ両手剣の材料で片手剣を作り、それを振っているんだからな。そんな軽々しく剣を振るうお前の筋力はどうなっているんだ?」
「あははは、どうと言われても」

「まあ、何かあったらこいよ。定期的に剣の手入れも必要だからな」
「はい、それからミスリルや、ヒヒイロカネのような鉱物は俺でも買えますか?」
「買えないことは無いが、いったいどうするんだい?」

「少し、考えていることがありまして…」
「考えていること?いったいなんだ?」
「それは言えませんよ~」
「そうか、エリアスは鍛冶屋ではないから、鍛冶組合に入っていないから手に入れることはできないな。俺経由で良ければ、売ってやろう」
「ありがとうございます。でも武器にできる鉱物て、どんな種類があるんですか?」
「鉱物か、そんな事も知らないのに欲しいと言うのか」
「はい、すみません…」


「なら、教えてやろう。まずミスリルだ。魔力をよく伝導するので、魔法剣などに使える。アダマンタイトは非常に重く硬い。魔法を通しにくいのが特徴だ。オリハルコンはミスリル以上に魔法を通し、アダマンタイト並に硬い。まあミスリルやアダマンタイトの上位鉱物と言うところだ。緋緋色金ヒヒイロカネは名前の通り赤い金属で、高い熱伝導性を持ち硬い金属だ。オリハルコンと同格だが、剣士が炎系の魔法を付与できるなら迷わずこちらだ。まあ、こんなところだな」

「ありがとうございました。一番安いのはどれでしょうか?」
「金額的にはミスリルだな。次はアダマンタイト、オリハルコンまたは緋緋色金ヒヒイロカネの順だな」

「ミスリルで剣1本作れるくらいの材料だと、おいくらぐらいでしょうか?」
「それを言ったら原価が分かっちまうだろうが。まあ、いいか。ミスリルで200万くらいだ。そしてアダマンタイト、オリハルコンになると倍の倍だ」

「そ、そんなにするのですか!!」
「滅多にとれない鉱物だからな、高いんだよ。いくら金を積んでも、無いときは手に入らないからね」

「そんな高価なヒヒイロカネを交ぜた剣を、俺は10万で作ってもらえるなんて!」
「良いってことよ。試験的に作ったようなものだからな」
「では、頂いて行きます」
「おう、またこいよ!」

◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

 俺は武器屋から出て宿屋に戻った。

「お帰り~、エリアスお兄ちゃん。オルガお姉ちゃんは、もう部屋に戻ってるよ」
 この宿屋の一人娘アンナちゃん10歳だ。

 あれから俺達2人は相部屋に移った。
 あの後、オルガさんに部屋は別々と言うのも無駄だから、と言われたからだ。

「ただいま!」
「お帰り!」

 俺は部屋に入った。

「どこに行ってたのエリアス」
 いつの間にか気づいたら、オルガさんは俺のことは呼び捨てにしていた。
「商業ギルドに『味元あじげん』を納入して、武器屋に行って剣を取りに行って来たんだ」
「そうだったのね。私にも剣を見せてよ」
「いいよ」
 そういうと俺はストレージから、黒作大刀くろづくりのたちを出して見せた。
「凄いわね、私のバスターソードも長剣だけど、さすがにここまでは長くないわ」

 それはそうだ。
 黒作大刀くろづくりのたちは、全長150cmある。
 俺の身長は172~3cmくらい。
 自分の身長に近い剣など、普通は移動や重さを考えると作らない。
 それに鞘に入れてもすぐに抜けないから、戦う準備に時間が掛かり不便だ。
 でも俺のストレージなら、鞘代わりとなり移動にも支障はない。

「ちょっと、持たせてもらってもいいかしら?」
「どうぞ!」
 俺は片手で持った剣をオルガさんに渡した。

 えっ?!

 ゴトッ!!

 俺と同じように片手で剣を受け取ろうとしたオルガさんは、危うく落としそうになった。

「エリアス、よくこんな重い剣を持てるわね」
「えぇ、力はあるみたいで、テヘ?」
「テヘじゃないわよ。獣人の私が重いと思うのよ。本当にエリアスは人族なの?」
「そんなことを言われても」

 俺にもわかっていた。
 転移してきた当初に比べると、ステータスが全体的に上がっているのだ。

 この世界に体が馴染んできて、本来の能力に目覚めたような感じがする。
 とにかく体力が有り余って仕方ない。

 夕方なので宿屋の食堂に行き、夕食を食べる。
『なごみ亭』は食堂も兼ねており、食事だけでも食べれるところだ。

 そして最近は『味元あじげん』のおかげで人がたくさん来るようになったそうだ。
 店も賑わい席も空いていないことが多くなった。
 これも『味元あじげん』のおかげさ、とビルさんは喜んでいた。

 そして『味元あじげん』は店頭で販売が始まるまでは、俺が店頭価格と同じ金額でビルさんに売ることを約束している。

 俺達は夕食を食べ終わり、部屋に戻った。
 この世界はTVやPCもなく、夜はする事が無い。
 若い男女が部屋に2人いれば、することは1つ…。

 

 あぁ~~~~ん!!
 もう駄目~。
 獣人である私の方が先に音を上げるなんて。

 もうエリアスの体力に、付いて行けないわ~。
 いったい、どうなっているのかしら?

 私、1人ではもう体が持たない…。
 誰か探さないと。

「【真】ご都合主義で生きてます。-創生魔法で思った物を創り、現代知識を使い世界を変える-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く