話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【真】ご都合主義で生きてます。-創生魔法で思った物を創り、現代知識を使い世界を変える-

ジェルミ

第15話 剣作成依頼

 俺はロングソードを購入した武器屋に、オルガさんと来ている。
 ドアを開けると、この前のドワーフがいた。

「よお、この前のあんちゃんかい。まさかもう剣が駄目になったとかは無いよな」
「俺はエリアスと言います。実はそのまさかです」
 俺は鋼の塊をテーブルの上に置いた。

「エリアスか、それは悪かったな。て、なんじゃ、これは」
「元、剣です」
「こんなドロドロになるとは。いったい何をしたんだ」
「それは俺のスキルです」
「スキルじゃと」
「はい、ですが…」
「スキルなら言いたくはないだろうな。だが聞かなければ剣は作れんぞ」
「特注で作るほどお金はないですよ」
「なら、いくらなら出せる?」
「10万円がギリギリです」
「ならその金額で作ってやろう。このブルーノ様の名にかけてな」

 そして俺は剣に炎を纏い、温度を上げたら溶けた事を話した。
 温度の高さによって色が変わり赤⇒黄⇒白⇒青と、温度が上がるに連れて色が変わる事を説明した。
「温度で色が変わるだと」
「はい、ではやって見せますね」
 俺はそう言い手に炎を纏わせ、実際に炎の色の変化を見せた。
「いったい、なにをしてるんだ!」
 と、逆に驚かれた。
 
「ほう、ではバグベアをやった時の色は一番熱い青色てことかい」
「はい、そうです。炎を纏うだけでは剣は溶けません。溶けたのはバグベアの内部で温度が上がり、炉のようになり溶けたのではないかと思います」
「そうか、なら纏うだけなら溶けないのだな」
「はい、そうです」
「では、振れる重さを測ろう。そこにある剣を振ってみろ」

 シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!

「ほほう、この前より腕力が上がっているじゃねえか。両手剣を片手で振るのか」

 そう俺は両手剣を片手で振れるようになっていた。
「両手剣を片手剣にしてみるのも面白いな?」

 俺は【スキル】世界の予備知識で武器を調べた。
 そして作ってほしい武器が見つかった。

「ではこういう武器をお願いします」

 その剣の名は『バスタード・ソード』。
 ファンタジー系ではお馴染みの剣だ。
 刺突と斬撃の両方が可能な刃を備え、握りは長く両手で力を込めて使う。
 重量バランスを工夫すれば片手での斬撃も可能だ。 

 俺は剣の概要を言い片手剣にしたい事を伝えた。
「おもしれえ、このブルーノ様に作れない武器はないぜ」
 そして材質についての話になった。
 
「半端なヒヒイロカネがある。それに鋼を混ぜてやる。そうすれば少しは耐熱作用や強度が上がるだろうて」
「ヒヒイロカネですって!」
 オルガさんが驚く。

「高いのですか?」
「もちろんよ。ヒヒイロカネは幻の金属とも呼ばれているの」
「そんな高価なものを」

「まあ、ヒヒイロカネは半端な量だから気にするな。ナイフ1本も作れん」
 そう言いながらブルーノさんは笑った。

「作るのに1週間はかかるな。それまでの間、これを貸してやる」
 ブルーノさんはそう言うと、両手持ちのクレイモアを渡してくれた。

「いいんですか?」
「あぁ、冒険者が剣がないなんて話にならないからな」
「ありがとうございます。大事に使います」
「手付に少し入れてくれれば良いから」
「特に使う当てもないので10万全部、払います」
「おう、そうかい。では…「いいや、私がここは払おう」
 オルガさんはそう言ってお金を出した。

「そこまでして貰うわけには」
「エリアス君は、私の命の恩人だからな。こんなことぐらいでは恩は返せないさ」

 パンッ!パンッ!
 また尻尾で背中を叩かれた。

 オルガさんはなんて義理堅い人なんだ。
 助かるよ、ほんと。

 帰るとき、ブルーノさんに「あんちゃんも大変だな」と、言われた。
 なんのことだ?
 そして俺達は武器屋を出た。


「では、これで。機会がありましたらまた会いましょう」
「エリアス君はどこに泊まっているの?」
「『なごみ亭』て、宿屋です」
「そうなんだ。じゃあまたね!」
「さよなら」

「【真】ご都合主義で生きてます。-創生魔法で思った物を創り、現代知識を使い世界を変える-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く