話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【真】ご都合主義で生きてます。-創生魔法で思った物を創り、現代知識を使い世界を変える-

ジェルミ

第14話 約束

 俺達2人は冒険者ギルドに戻ってきた。
 バグベアは俺の手柄で良いとオルガさんが言ってくれた。

 その代わり子種が欲しい、て言っていた。
 大人のジョークはキツイな。

 俺担当の受付アリッサさんのところに並んだ。
 俺の順番が来た。

「おかえりなさい。エリアス君。怪我はなかったかしら」
「はい、無事に帰りました」
「今日はどうだったの?薬草、それともゴブリン討伐かしら?」
「いや~実はバグベアがいまして…」
「はっ?バグベア?!」
「はい、人が襲われていたので、つい…」
「襲われていた、つい?!」
 アリッサさんの表情が変わった。

「それで怪我はなかったの?」
「えぇ、俺もその人も無事です」
 そう言いながら俺はオルガさんの方を振り向いた。

「エリアス君。あなたはギルドに登録して、まだ4日目の新人なんですよ」
「あ、はい」
「はい、ではありませ~~ん!!」
 アリッサさんがとても怒っていた。

「いいですか、人を助けるのは良いことです。でもあなたが助かるとは限らないのですよ」
「はい、すみません」
「私達はたくさんの人を登録してきました。そしてたくさんの帰ってこない人を見ています。だから無茶をしないでくださいね」
「わ、分かりました」
 アリッサさんは良い人だ。
 俺のことをこんなに心配してくれるなんて。

「バグベアはまたマジック・バッグの中ですか?」
「そうです」
「では解体場で出しましょう」

 そして俺とアリッサさんは解体場に移動した。
「おう、解体かい?アリッサさん」
 50代のがっしりとした体つきの男の人が居た。

「えぇ、アンセルさん。バグベアだそうです」
「バグベアね、で、どこだい?」
 パン、パン。
 俺はバッグを叩いて見せた。

「あぁ、マジック・バッグかい」
「ここに出していいんですか?」
「おう、いいぜ」
 俺はバグベアをストレージから出した。
  ドサッ!
「うっ!なんだいこりゃ」
 さばきやすいようにお腹を上に向けて出したのだ。
 それを見たアンセルさんとアリッサさんは顔をしかめた。

「いったいこれはなんだい?肉が焼けてやがる。ま、あとは解体してからだな」

 俺とアリッサさんは解体場を出て受付に戻った。

「バグベアの他には、なにもなかったの?」
「はい、実はブルーベリーをたくさん採ってきまして。ジャムでも作ろうかと」
「ブルーベリージャム!!凄いわ、いいわね~」
「作ったらアリッサさんにも差し上げますね」

「まあ、ブルーベリージャムを作ってくれるの。嬉しい。待っているわ!」

 皆に聞こえる様な大きな声で言うと、アリッサさんは小躍りして喜んでいた。
 そんなにジャムが好きなのだろうか。

 後ろを振り向くとギルドの受付や冒険者の女の人も、欲しいそうな顔をしている。
 それほど女子はジャム好きが多いのか?

「お~い。バグベアの裁定ができたぞ」
 解体場のアンセルさんが声をかけてきた。
「34万円だな。状態が悪くて肉は売り物にならないから、毛皮と魔石しか買取れないぞ。どうやったらあんな状態になるんだい。内臓は焼け鋼が中で溶け固まっているなんて、見たことがないぞ」
「それは俺のスキルなので言えません」

「スキルか。それなら仕方がないな」
 スキルはその人独自の能力だ。
 人にも言わないし、聞いても教えないのが普通だ。
 だからスキルだと言えばそれで話が終わるのだ。
「では、ありがとうございました」

 俺は受付を離れオルガさんのところに向かった。
 
「はい、これはオルガさんの分です」

そう言って俺は17万円を渡した。
「状態が悪くて34万でした。その半分の17万円になります」
「え、でもそれは悪い。ハイポーションを使ってもらい、剣も駄目にした」
「いいんですよ、オルガさん。それは俺が勝手にしたことだから。気にしないで」
「そ、それでも…」
「はい、話はここまでにしましょう。ではこれで」

 そう言って俺は冒険者ギルドを出ようとした。

「待って、エリアス君。どこに行くの」
「あぁオルガさん。武器屋です」
「それなら私も付き合うよ。新しい剣を私がプレゼントするわ。約束だからね」
「あ、ありがとうございます。ではお願いします」


 そして俺たちは武器屋に向かった。
 歩いている最中、オルガさんが尻尾でパンパン俺の背中を叩いてくる。
 そう言えば昔飼っていた猫も、同じようなことをしていたな。
 なんでだろう?


 歩きながらオルガさんに言われた。
「ねえエリアス君。あの冒険者ギルドの受付に、ブルーベリージャムをあげるの?」
「え?まあ、約束しましたから」
「それほどの付き合いなの?」
「まあ4日くらいですかね」

「ふう~ん。エリアス君はさ、私を見て嫌じゃないの?」
「どういう意味でしょうか?」
「獣人と歩いていて、嫌じゃないのかな、て思って」
「嫌ではないですよ、俺の家では小さい頃から、犬や猫が居ましたから」
「え、獣人と暮らしていたの?」
「一緒に暮らしていましたよ」
 飼ってたからとは言えないよな。

「私は虎猫族だけど、偏見はないのね?」
「はい、ありません」

「じゃあ、私にはくれないの?」
「なにをですか」
「ジャムよ、4日目の女にあげるんだから、私にも頂戴よ」
「欲しいんですか?」
「も、もちろんよ」
「では作ったらオルガさんにもあげますね」
「ほ、ほんと!嬉しい~~!」
 オルガさんは両手を胸の前で組み飛び跳ねている。

 そんなに甘いものにみんな、飢えているのかな?

「【真】ご都合主義で生きてます。-創生魔法で思った物を創り、現代知識を使い世界を変える-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く