話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【真】ご都合主義で生きてます。-創生魔法で思った物を創り、現代知識を使い世界を変える-

ジェルミ

第10話 報酬

 冒険者ギルドに戻ってきたのは午後だった。

 受付のカウンターで依頼書に完了のサインをしようした。
 すると赤い翼のリーダー、アドレーさんに止められた。

「俺たちは護衛の務めを果たせなかった。それにハイポーションの借りもある。だから今回は未達成で構わない」
「いいえ、十分アドレーさんたちは役立ちました。トロールのことはイレギュラーですから」
 そう言うと俺は依頼達成のサインをし受付に渡した。

 そして俺が受けたゴブリンの依頼は、俺が討伐したのが2体で討伐部位の右耳を2つ出した。
「ゴブリンですね。2体で2,000円になります」 

「あとはトロールの買取をお願いしたいのですが?」

「トロールですか?!少々お待ちください!!」

 その声に周りがざわついた。
 すると俺が受付をした時の女性が呼ばれ、担当が代わった。
「トロールを討伐されたとか?そんな近郊に出没するなんて」
「ハグレだったようです」

「ハグレですか!よくご無事で」
「はい、『赤い翼』の皆さんと一緒に倒したのです」
「一緒にですか、そうですか。では討伐部位を出して頂けますか?」
「討伐部位ですか?どこが部位なのか分からないので、そのまま持って来ましたが」
「そのまま持って来た?」
「はい、ここに!」
 そう言いながら俺はバッグを叩いた。

「マジック・バッグをお持ちなのですね!では解体場はあちらになるので、そこで出してもらえますか?」
「分かりました」
 そう言うと俺は場所を移動し解体場にトロールを出した。

「「「 うっ! 」」」

 頭が潰れたトロールを見て、受付のお姉さんは顔をしかめた。
「いったいどうやれば、こんな風に…。では査定が終わるまでお待ちください」
 そう言われしばらく待った。

「エリアス様、お待たせいたしました。査定が終わりました。素材(主に肉)と魔石で合わせて60万円になります」
 
(60万円か。生きるか死ぬかで60万とは。高いのか安いのかだな)

「ありがとうございます」
 俺は60万円を受取り赤い翼のメンバーのもとに戻った。


「トロールの買取り額が60万円なので一人当たり12万円ですね」

「いいや、俺たちはいらない」
「そう言うわけにはいきません。みなさんの防具も損傷しているので、もらって頂かないと困ります」

「悪いな、あんちゃん」
「アドレーさん。あんちゃんではなくエリアスです」
「あァ、悪い。エリアスだったな」
 アドレーさんは俺にそういわれ頭を掻いた。

 後で聞いたがギルドで受付をした者が、その冒険者の担当になるそうだ。
 ギルドも売上が無いと成り立たない。
 冒険者の意欲を上げることにより、売上が上がり担当も報酬が出るんだと。
 ま、会社だからね。
 ちなみに俺の担当はアリッサ さんという人だった。

「じゃ、エリアス君」
「「またな~」」
「なにかあったら遠慮なく、言ってくれよ~」
 赤い翼のメンバーと別れ俺は宿に戻った。


「ただいま~!」

「おかえり~!エリアスお兄ちゃん」
 アンナちゃんが迎えてくれる。

 厨房に行きビルさんと調理担当のマドックさんに、森で採れた山菜やキノコをストレージから出して渡した。

「こんなに採れたのかい?助かるよ」

 そしてその夜も店は大繁盛で、お客は山菜やキノコ料理に舌鼓を打つのだった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 読んで頂いてありがとうございます。

「【真】ご都合主義で生きてます。-創生魔法で思った物を創り、現代知識を使い世界を変える-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く