話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【真】ご都合主義で生きてます。-創生魔法で思った物を創り、現代知識を使い世界を変える-

ジェルミ

第5話 準備

 アンナちゃんに街の案内を頼み二人で街を歩いている。

 まずは洋服屋へ。
 着替えの普段着は新品だとオーダーメイドで高く、時間もかかるので中古を買った。
 中古でも染み抜きされ着なくなったら売り、汚れを取り、擦り切れたら生地を縫い合わせ、作り直してリサイクルをしているそうだ。
 さすがに下着は新品で、過去に転移者が広めたトランクスを購入した。
 俺は買い物の際は迷わないので、アンナちゃんをそれほど待たせなかったと思う。
(さっさと買って、後で後悔するタイプです。同じ色の物ばかり買ったりとか)

 大聖堂の鐘が鳴り、時刻はまだ12時。
 アンナちゃんに色々、聞いてみた。
 ま、10歳で分かる範囲だけど。

 1日2食が主流で、昼はお腹は空くので屋台などで間食程度に食べるらしい。
 生活魔法が使えない人も多く、火を起こす場合は火打石で時間をかけて点ける。
 それが中々面倒なので自炊している家庭よりも、外食がほとんどだそうだ。


 それにこれから必要になるのは剣と防具だな。
 アンナちゃんに武器屋と防具屋の場所を聞いた。
 それから一旦、宿に戻りアンナちゃんを送ってからまた外に出た。

 まずは武器屋からだ。
 武器のマークの看板が下がっている店のドアを開けた。
 カンッ、カンッ、カンッ!
 製鉄を叩く音がする。

「すみません、誰かいますか?」
 声を出したが、音で聞こえないらしい。
 しばらく待っていると奥から人が出てきた。
 背は小さく髭もじゃで腕は太い。
 山小人ドワーフか?
 まじまじと見ていると
「なんじゃい、ドワーフは初めて見るのかい」
「はい、そうです。田舎から出てきたもので」
「そうかい。で、今日は何がほしいんだ?」
「剣が欲しいのですが」
「今まで使ったことは?」
「ありません」
「なら、そこにある剣を振ってみろ」
 剣が何本か置いてあり、試しに振れるようになっているようだ。

 シュッ!シュッ!シュッ!

「ほう、力はあるようだな。ならこれだ」
 そう言って渡されたのがロングソードだ。
「ま、初心者はそこからだな。5万円で鞘も付けてやるから」
 俺は5万を渡し剣をもらい店を出た。



 今度は防具屋だ。
 ドアを開け中に入ると鉄や皮の臭いがした。
 
「こんちにわ。誰かいませんか?」
 奥で物音がし中から小柄で髭もじゃの男が出てきた。
 またドワーフか?

「誰がドワーフじゃい!俺は人族だ。おう、いらっしゃい。防具かい?防具ならいいものを作るぜ!」

「まだ何も言ってませんが」

「そう顔に書いてあるぞ。防具かい?防具ならいいものを作るぜ!」

「えぇ、軽くて丈夫で動きやすい防具がいいのですが」
「予算はどれくらいだい?」

「そうですね。普通の冒険者ならいくら掛けるのでしょうか?」

「なんだ、初心者かい。なら皮の鎧、体力があるならその下に鎖帷子くさりかたびらを着るのもいいな。それ以外は素材や魔法付与するかによって大きく変わるから。上を見たら切りがないさ」

「ではそれでお願いします。肘・膝・肩当ても付けてください」

「はいよ。丁度、出来合いのがあるからサイズを直すよ。着て見てくれるかい?」
 それからサイズを直し60分ほどで終わった。

「少しオマケして10万丁度でいいや!また来てくれよ」
 俺はお金を払い防具屋を後にした。
 一度外に出て必要があれば、もっと良い防具にすればいい。



 次はポーションを扱う薬師ギルドか。
 怪我をした場合、回復手段がないからな。
 薬師ギルドは商業ギルドの近くにあった。

 ドアを開け中に入ると薬品の臭いと、窓を閉め切っており薄暗い。

「いらっしゃ~い」
 70歳くらいの老婆がいた。

「なにが欲しいんだい?」
「初めてきたので中を見せてもらってもいいですか?」
「初めてかい。なら仕方ないね。日が当たると薬が劣化するから、薄暗いのは勘弁しておくれ」

 俺は近くにあった瓶を手に取った。

【スキル・鑑定】発動
 名前:ポーション3級
 効果:わずかに傷、体力を回復する

 そして他の瓶も見ていく
【スキル・鑑定】発動
 名前:ハイポーション1級
 効果:傷、体力を回復する

【スキル・鑑定】発動
 名前:マジックポーション3級
 効果:わずかに魔力を回復する

 
 ポーションとハイポーションを指さした。
「値段の違いはなんでしようか?」
「効果の高さによって違うのさ。効果が高いほど値段も上がる、て訳さ」

「ポーションの効き目はどのくらいなんですか?」
「そうだね、刃物で切られて布できつく巻いて、血が止まる範囲の傷なら対応できるかな」

「ハイポーションは?」

「お腹がバックり切られたとして、使うとなんとか傷が塞がるかもね」
「ではハイポーションがないときは、ポーションを何本も飲めば効果が倍増するのでしょうか?」
「2本くらいなら良いが、それ以上は効果は無いね」

「マジックポーションはどうでしょう?」
「魔力が無くなると気を失うからね。そうならないために、マジックポーションを使うのさ」
 どうやらポーションとマジックポーションは『無いよりマシ』ということらしい。
 ハイポーションは1本5,000円。
 マジックポーションは、品質はそれほどでもないのに1本10,000円もする。
 俺はハイポーション5本とマジックポーション2本買い、45,000円払いストレージに仕舞った。

「おやま~!マジック・バッグ持ちだなんて!お金持ちの坊ちゃんだったのかい?」
 と、老婆は驚いていたが。

 残金30万円弱。その他、生活用品も買ってストレージに収納した。
 後は街の外を案内してくる人が必要だな。

「【真】ご都合主義で生きてます。-創生魔法で思った物を創り、現代知識を使い世界を変える-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く