話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ハズレスキル【魔物生産】は倒した魔物を無限に作り出せて勝手に成長するチートスキルでした!〜友達だった男にパーティー追放されたけど女だらけの騎士団に雇われたのでストレスフリーなスライム無双を始めます!〜

霜月琥珀

49話 交渉決裂

 何を言っているんだ? この魔族は。アルトリア王国を一緒に潰さないか、だって?
 誰がそんなことをするか。俺にはもう守りたい人たちがいる。だから、そんな裏切るような真似はできない。

 だが、たしかにこいつの言っていることも分からなくもないかった。俺もアルトリア王国の王族は気に入らない。
 人を道具扱いするような奴らだからな。そしていつか俺は殺されるかもしれない。

 でも、俺はアルトリア王国を憎んでいるわけでも、嫌っているわけでもない。
 あくまでも俺は王族を始末したい。ただそれだけだ。

 もし、魔族側がそれに乗ってくれるのであれば、協力したいところではある。

 というのは理想で、魔族側はアルトリア王国そのものを潰したいはずだ。

 誰だって嫌だからな。自分を権威を示すための道具として扱われて、死んだことにされるのは。

 そしてそれは、王国を潰さない限り続くだろう。

「で、どうだ? オレたちにつく気はあるか? お前にとっても悪い話ではないと思うだが?」
「はあ? これのどこが悪い話じゃないんだよ。俺、あいつらと敵対したくない。あいつらとも再会したばかりだし」
「あいつらって誰だ。お前の仲間か? そいつらがいるせいで、お前はオレたちにつかないっていうのか?」
「ああそうだ。あいつらがいる限り、俺は魔族側に協力するつもりはない」
「なら、その仲間を消せばお前はオレたちの仲間になるって言うんだな?」
「さぁどうだろう」

 それは俺にも分からない。人間側につくこともなければ、魔族側につくこともないかもしれない。
 俺はあいつら――アナベルたちがいなくなったら、また引きこもりそうな気がするよ。

 守れなかった罪悪感からさ。

「……はぁ、萎えた。せっかく仲間にしてやろうと思ってたのによ」
「そりゃ残念だったな。あいつらよりも早く俺を見つけれなかったらお前らが悪い」
「何だそれ。……まあいいさ。ロンドの街で使えそうな奴らを見つけたしな」
「あっそ。それで? 俺的にはこのまま退いてくれると嬉しいんだけど?」

 多分、シャロもいい感じに逃げられたところだろうし。
 俺もさっさとこいつから逃げたい。

「お前の言うことを聞くようで癪だがそうするつもりさ。もう準備は整ったからな」
「……あっそ。それじゃあまたな。お前とはすぐに戦うことになる気がする」
「危惧だな。オレもそう思っていた」

 ――思うなよ。俺はお前と会いたくないし、戦いたくもない。お前、強そうだもん。

 ……はぁ。嫌になる。俺はスライムを作り出して、すでにこと切れている者たちを乗せていく。

 この人たち、どう説明したらいいんだろう?

 ……アナベルに丸投げでいいか。

「なあ、聞いてもいいか?」
「何だよ。まだ何かあるのか?」
「……いや、やっぱりいいわ。その代わりに名前を教えろ」
「……アルトだ。お前は?」
「グレン」
「そっ、覚えておく。……次会うときは敵同士だ。今みたいにお前の話なんか聞いてやらないからな。じゃあな」

 俺はグレンと名乗った魔族に背を向けて、階段を上る。
 もちろん、スライムも一緒だ。

 あ、そういやシャロはどうなってるんだろう?
 何事もなく行っていたら小屋から出て森を歩いている頃のはず。

 俺はシャロと一緒にいるスライムと感覚を共有する。

「……大丈夫みたいだな」

 邪龍教の襲撃に遭ってしまっているが、流石なシャロだ。余裕で撃退している。スライムの出番がまるでない。
 これは急がないと追いつかないな。

 俺は階段を一気に駆け上がり、小屋から出るのだった。

「ハズレスキル【魔物生産】は倒した魔物を無限に作り出せて勝手に成長するチートスキルでした!〜友達だった男にパーティー追放されたけど女だらけの騎士団に雇われたのでストレスフリーなスライム無双を始めます!〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く