話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ハズレスキル【魔物生産】は倒した魔物を無限に作り出せて勝手に成長するチートスキルでした!〜友達だった男にパーティー追放されたけど女だらけの騎士団に雇われたのでストレスフリーなスライム無双を始めます!〜

霜月琥珀

47話 行方不明者の捜索

 シャロの案内で王都の外へ出た。辺りは言うまでもなく真っ暗だ。火属性魔法で周囲を照らして探索する。

「やっぱり森かな。行方不明者がいるところ」
「恐らくそうだと思います」
「……なら、スライムを斥候として送り込もう」
「それがいいと思います」

 俺たちは森まで近づき、スライムに森の中を探らせる。
 別にそのまま森に入ってもよかったが、女、子どもをさらった邪龍教の信者が何人いるか分からない。

 まずは相手の戦力を把握することにした。

 俺はあらかじめスライムとは感覚を共有しており、スライムが見聞きしているものを情報として処理する。
 やっぱり森なだけあって辺りを捜索しづらいな。流石に火属性魔法を使うわけにもいかないし。

 邪龍教に見つかったら面倒だ。

「……どうですか?」
「……まだ人影一つ見つからない。もっと奥なのかも」
「そうですか」

 と言っても、仮に人影があったとしても見落としかねないな。この暗さだと。
 ミストならスキル【夜目】で辺りが暗かろうと昼間と変わらないぐらい見えるらしいけど。

 流石は猫獣人って感じ。

「…………」
「…………」

 お互い無言のまま時間は過ぎていき、スライムは開けた場所に出た。
 そこには小屋がポツンと建っていて、辺りに人の気配はなさそうだ。

「シャロ。小屋を見つけた。行ってみよう」
「分かりました。向かいましょう」

 俺たちはその小屋がある場所に真っ直ぐ進む。
 一応、辺りを警戒していたが、何事もなかった。てっきり何か仕掛けてくると思ったけど……。

 もしかして邪龍教はここにいない?

 ……そんなわけないな。王都の周りで隠れられそうな場所は森以外にはない。

 そうこうしているうちに小屋にたどり着く。

 が。

「……物音一つ聞こえないな」
「そうですね。もしかしたら小屋には地下があるのかもしれません」
「なら、小屋に入るか」
「そうしましょう」

 一応【魔力感知】で探ってみたけど反応はない。
 やっぱり小屋の中には誰もいないみたいだ。

 俺たちは小屋の中に入る。

「何もないな。でも」
「はい。やはり地下がありそうです」

 小屋の中には俺が言った通り何もない。ここは住むために作られたわけじゃないみたいだ。
 恐らく、何かを隠すために作られている。その証拠に地下へ続く階段を見つける。

 しかも、出入りした痕跡があった。
 というのも、小屋の中には至る所に埃が溜まっているのに、その階段付近には埃が少ないのだ。

「……どうしますか?」
「行くしかないだろ。そのために来たわけだし。だけど、これは……」
「はい。どうやら結界が張られているようです。恐らくこれを越えると、邪龍教の信者に気づかれるでしょう」

 ……厄介だな。よっぽど隠したいものがあるんだろう。

 それは結界の種類にも表れていた。

 というのもこの結界、目に見えない。
 恐らく地下に入らせないために張られているのではなく、見つからないようにするために張っている。

 それはシャロが言っていた通りだ。
 俺たちに見つかるよりも先に、俺たちの存在に気づき、自分たちは姿を隠す……そんな感じだろう。

 だが。

「結界が張ってあるということは、そうしなければならない理由があるってことだからな。だから行くしかないな」
「分かりました。でしたら最短距離で制圧しましょう」
「そのつもりだ」

 俺はシャロの提案に乗った。逆にそれ以外に取る選択肢はないだろう。
 どうせ気づかれるなら強行突破して、最短かつ迅速にさらわれた女、子どもを助ける。

 それが俺とシャロが出した結論だ。

「準備はいいか?」
「はい」
「なら、行こう!」

 俺たちは地下に繋がっている階段を全速力で駆け下りる。

 そして――。

「ハズレスキル【魔物生産】は倒した魔物を無限に作り出せて勝手に成長するチートスキルでした!〜友達だった男にパーティー追放されたけど女だらけの騎士団に雇われたのでストレスフリーなスライム無双を始めます!〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く