話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ハズレスキル【魔物生産】は倒した魔物を無限に作り出せて勝手に成長するチートスキルでした!〜友達だった男にパーティー追放されたけど女だらけの騎士団に雇われたのでストレスフリーなスライム無双を始めます!〜

霜月琥珀

45話 もしもの話

「これはまだ確定しているわけじゃないが、恐らく邪龍ティアマトを信仰する邪龍教はほかにも何か仕掛けてくる……と思う」
「邪龍教が?」
「ああ。副隊長のラインハルトなら知っていると思うが、邪龍教の目的はティアマトを復活させることだ。そして王都壊滅は最終段階。つまり王都を堕とされるとティアマトは復活する。だから、かなりの戦力を投入してくるはずだ」
「……隊長はどう思う? アルトの言っていること」
「う~んどうだろう? お姉ちゃんとしてはアルトちゃんを信じてあげたいところだけど、民を守る騎士としては信用することはできないかな~」

 ……ああ、そうだ。姉貴の言っていることはもっともだ。
 俺はミストが言っていることを疑うことはしないが、みながみな、そういうわけじゃない。
 むしろ、何の確証もない情報を信じている俺がおかしい。

 だが、ミストの情報が間違っているという確証もない。

 だから、ここで取るべき選択は一択。

「別に俺を信じてほしいわけじゃない。嘘だと思ってくれて構わない。だが、準備はしてほしいんだ。襲われないっていう保証はどこにもないから」
「しかしそう言うがな、アルト。騒ぐだけ騒いで、何も起きなかったらお前の身が危ないぞ?」
「そんなこと分かってる。でも、それでいい。何も起きなかったら誰かが傷つくこともないからな。もし、それで俺が危ない目に遭っても、そんなのどうでもいい。俺は勇者だ。どのみに殺される運命にあるかもしれないからな」

 そう、俺は勇者だから殺されるかもしれない。
 この世に三人も勇者はいらない。だから一人を残して、残りの二人は反逆者として殺される。

 それが今まで繰り返されてきた。

 まあ、シャルロッテは俺で勇者の英雄譚を終わらせるつもりらしいけど。

「あ、アルトちゃん……冗談はやめてよ。アルトちゃんが勇者だなんて、そんな……」
「ん? あぁ、隊長なら勇者の末路を知っててもおかしくないか。でも、俺は誰が何と言おうと勇者だ。こうして、聖剣も託された」

 俺は腰に下げている聖剣を手に取って言った。

「じゃ、じゃあ私は今までアルトちゃんを……」
「姉貴? どうしたんだ? 別に今すぐ死ぬってわけじゃないし、死なないかもしれないだろ? そう思うよな、ラインハルトも」
「…………」
「ラインハルト?」

 俺は先ほどまでと違う様子に頭を傾げた。

「……すまない。この話はまた明日でいいか?」
「でも、もう時間が……」
「頼むアルト。隊長のためにも、ここは……」
「……分かった。じゃあ、明日の朝に第一部隊のホームに行く。そこで話の続きをしよう」
「ありがとう。……隊長、行きましょう」

 そう言って、ラインハルトと姉貴は訓練場からいなくなった。

 ……大丈夫かな、姉貴。体調悪そうにしてたけど。
 それにラインハルトの様子も……。

 俺が勇者なのがそんなにおかしかったのかな。
 それともショックだったんだろうか。俺が死ぬかもしれないってことに。

 でも、そういうわけじゃなさそうだったな……。

「……はぁ。俺たちも帰るか、ノエル」
「そうですね」
「そういうわけだから、またなアイリス」
「……うん」
「何だよアイリス。お前まで元気がないのか?」
「だ、だって、お兄ちゃんが殺されるとか、死ぬとか言うから……」

 ……ああ、そうか。まだ子どものアイリスには、こういう話は重たいし、早いか。
 でも、いずれそうなるかもしれない。だから、下手な励ましは返って逆効果になるかもな。

 とはいえ、何て言えばいいのか分からない。
 それにアイリスは俺のことを嫌っているような節があったから、てっきり喜ぶかと思ってた。
 案外、そう思っていたのは俺だけだったのかもしれない。

 だから。

「……俺は死ぬつもりないよ。世界を敵に回してもしぶとく生き残る」

 そう言うほかになかった。

「何それ、意味分かんない。でも、お兄ちゃんならしぶとく生き残りそうかも。何回も殺そうとしたけど、今もこうやって生きてるし」
「うん。そうそう……って、え……? 俺を殺そうとしてたの?」
「だって、仲間外れにするし。ウザかった」
「それだけ? それだけで俺を殺すの?」
「うん。私、お兄ちゃん嫌いだったし」

 ああ、そう……やっぱり俺、嫌われてたんだ。
 へぇ。ふーん。めちゃくちゃショック。
 殺そうとしてたぐらい嫌われるって、何をしたらそうなるのかな……。

 もしかして、これも女心が分かってないからだったりする? そうだったら俺、女心を勉強するよ。
 まさか女心を理解できないと、殺されるとは思わなかったよ……。

「まあでも、元気が戻ったならよかった。じゃあまたな、アイリス」
「バイバイ、お兄ちゃん」

 そう久しぶりに兄妹で言葉を交わして、俺とノエルは訓練場を後にするのだった。


「ハズレスキル【魔物生産】は倒した魔物を無限に作り出せて勝手に成長するチートスキルでした!〜友達だった男にパーティー追放されたけど女だらけの騎士団に雇われたのでストレスフリーなスライム無双を始めます!〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く