話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ハズレスキル【魔物生産】は倒した魔物を無限に作り出せて勝手に成長するチートスキルでした!〜友達だった男にパーティー追放されたけど女だらけの騎士団に雇われたのでストレスフリーなスライム無双を始めます!〜

霜月琥珀

27話 冒険者だった頃の拠点に到着しました

 あれから数時間が経過した頃、俺たちは冒険者時代の拠点――ロンドに到着した。

 空を見上げてみると太陽が若干東に傾いている。

 つまりは昼過ぎだ。

 本当は昼ご飯を食べたい時間帯だが、俺たちは任務中。悠長にご飯を食べている時間はない。

 しかし、腹が空いては何とやら。

 俺は屋台で売られている肉の串焼きやハム・チーズが挟まれているサンドイッチを買い食いしつつ街を散策する。
 ちなみにアナベルもお腹が空いているのか、食べ物を買っては食べ、買っては食べを繰り返していた。

 わざわざ立ち止まらなくてもいいのに……。

 そういうわけで、辺りをじっくり観察する時間ができたのだが、早くも俺の中で引っかかることがあった。

「何か兵士の数が多くないか? 数ヶ月前はこんなにいなかったはずだけど」
「確かに多いな。何かあったのだろうか?」
「兵士たちも例の三人組を探しているんじゃないか?」
「確かにその可能性はある。しかし協力はしない。シャルロッテ様からは内密にと言われているのだ」
「もしかして他の勇者たちに手柄を奪われないようにするためか?」
「恐らくそうだろう。国民のためを思うと強力した方がいいのだが……」

 アナベルはそう言って、肩をすくめた。

 正直、俺もアナベルと同意見だ。絶対に力を合わせて解決した方がいいに決まっている。

 だから。

「話ぐらいは聞いてもいいんじゃないか?」

 と提案してみたが案の定、却下された。
 正義感の強いアナベルでも、主君の命令には逆らえないということか。

 なら。

「兵士以外はどうだ?」
「兵士以外……?」
「ああ。兵士以外ならまず国と関わっているような奴ではない限り、他の勇者たちの耳には入らないだろ?」
「確かにその通りかもしれない。だが、三人組の情報を知る一般人などそうはいないだろう」

 それに関してはアナベルの言う通りだ。

 兵士でも見つけられない奴らの情報を一般人が掴んでいるわけがない。

 だが。

「俺に心当たりがある。この街の情報ならあいつが一番知っているはずだ」
「ほう? 言ってみてくれ」
「そいつの名前はミスト。情報屋という二つ名で冒険者の間では広まっていて――」

 その後も俺はアナベルにミストのことをこと細かに話した。

 まずミストはあらゆる情報を集めることを生業としている変わった冒険者だが、ランクはSと超一級。

 しかし彼女は隠密に長けているがゆえに攻撃力に乏しく決定打を持っていない。
 だが、彼女を一度見失ったら一貫の終わりだ。自身の特技を活かして一方的に攻撃され続ける。

 それだけじゃない。

 機動性も抜群で、特にヒット&アウェイで繰り出される神速の攻撃は目で追うことができないほど。

 しかしそれだけの力を持っていながら、俺を馬鹿にはしなかった。
 むしろ、【魔物生産】の可能性を信じてくれた人の一人だ。

 まあ、ミストにお別れも言わずに消えてしまったから嫌われたかもしれないけど。
 といってもミストは情報屋だ。お金を渡せば情報を教えてくれるだろう。

「それでそのミストとやらはどこにいるのだ?」
「さあ?」
「まさか知らないのか?」
「うん。知らない。というか分からない。でも」

 あいつなら必ずあそこに現れる。
 俺がそこに向かったという情報を聞きつければな。

 だから。

「冒険者ギルドに向かおう。そいつはそこに現れるはずだ」
「分かった。手がかりが無くては探せるものも探せないからな」

 こうして俺はアナベルに許可をもらい、かつての職場である冒険者ギルドへ向かうことになった。

 ――元気にしているだろうか。

 俺を嘲笑った最低最悪の冒険者たちは……。

「ハズレスキル【魔物生産】は倒した魔物を無限に作り出せて勝手に成長するチートスキルでした!〜友達だった男にパーティー追放されたけど女だらけの騎士団に雇われたのでストレスフリーなスライム無双を始めます!〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く