話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ハズレスキル【魔物生産】は倒した魔物を無限に作り出せて勝手に成長するチートスキルでした!〜友達だった男にパーティー追放されたけど女だらけの騎士団に雇われたのでストレスフリーなスライム無双を始めます!〜

霜月琥珀

6話 魔物を増やしている魔法陣を見つけました

 ノエルと一悶着あった後もしばらくの間歩き続けた。
 アナベルが木に目印をつけてくれていたため、迷うことはなかったが、やはりしんどいものはしんどかった。
 ノエルもあれだけ張り切っていたのに、今では一言も喋らなくなっていた。

 まあ、俺も話したい気分じゃないけど。

 だが、この苦しみからようやく解放されそうだ。
 まだ少し距離はあるが、アナベルの姿が豆粒程度に確認できるようになった。

 後、もうしばらくの辛抱だな。

 そう思いながら俺はただひたすらに歩き、そして……。

「……ん?」

 アナベルと合流した。

 どうやらアナベルも気づいたらしい。
 俺が声をかける隙もなく、振り返ってきた。

「アルト? それにノエルまでっ! 魔物の群れはどうしたのだ?」
「倒した」
「何? それは本当か?」
「はい! あれだけいた魔物をアルトさんが一瞬で片付けちゃったんです!」
「その様子を見るに嘘ではないようだが……」

 そう言いながら、アナベルは俺の方を向く。

 ん? 何だろう。何か俺の顔に付いてるかな?

「アルト、すまない。勘違いかもしれないが、キミの顔はそこまで青白かったか?」

 あー、そのことか。いくら魔力欠乏症から脱しているとは言っても普通に体調悪いからな、俺。
 みんなもそうでしょ? 風邪の症状を患ったときに熱が治まっても体調は優れないことあるでしょ。

 つまりはそういうこと。

 後、単純に人の顔色がそんなにポンポン変わるものじゃない。
 安静にしていればもう少し顔色は良くなっていたかもしれないが、ずっと動きっぱなしで休めていないからな。

 ……と、そんなどうでもいいことを説明するより先に。

「……それよりも、魔法陣の方はどうなった」

 こっちの方が優先順位は高い。
 が、どうやら状況は好転していないらしい。
 アナベルは肩をすくめて言った。

「……お手上げだよ」
「どういうことだ?」
「いや、そこまで難しい話ではない。魔法陣には魔法を解除ディスペルする魔法が仕込まれていてな。それが私たちの解除魔法を尽く解除ディスペルされてしまってどうしようもない」
「なるほど……」

 ということはこの魔法陣を仕掛けた奴は、それなりの魔法の使い手ということになる。
 少なくともこちら側の魔法の使い手よりは遥かに腕が立つ。

 魔法陣に仕込まれている解除魔法が、こちらの解除魔法を解除ディスペルしてしまっているというのなら、そういうことになってしまう。

「どうにかならないか、アルト」
「……俺に解除魔法の適性はないからなぁ。でも、やれることは一通りやってみようか」
「……頼む」

 といっても、俺にできるのは【魔物生産】でスライムを作り出すことだけ。

 とりあえず、スライムを手のひらに作り出す。

「スライム? アルト。お前はテイマーだったのか?」
「まあそんなもんだな」

 実際のところは全然違うが、近しいところで言うとテイマーだから否定はしない。
 テイマーは魔物を手懐けて力を貸してもらうものだが、俺の場合、初めから信頼度はカンストしている。

 それに、テイマーと違って手懐けることのできる数に制限はない。
 たしか、テイマーは最高で六匹までだったと記憶している。

「しかし、そのスライムで何が出来るというのだ」
「まあ、見てなって」

 アナベルのその反応も理解できる。
 俺だってまだ【魔物生産】で作り出されたスライムの力を把握しきれてはいないのだ。

 もしかしたら、まだ見ぬ力が隠されているかもしれない。

 ――例えば魔法を吸収する力、とかな。

 今まで魔法を使ってくる相手と戦ったことがないため、この力が備わっているかは分からない。

 だが、全てを溶かす最強の体液による圧倒的な攻撃力と全ての攻撃を無かったことにする強靭的な防御力。
 その二つの力が備わっているスライムに魔法が通用してしまうビジョンが見えない。

 きっと魔法すらも体内に取り込んでしまうだろう。

「行ってこいスライム。お前の力を見せてくれ」

 俺は魔法陣に向かって、スライムを放った。

「ハズレスキル【魔物生産】は倒した魔物を無限に作り出せて勝手に成長するチートスキルでした!〜友達だった男にパーティー追放されたけど女だらけの騎士団に雇われたのでストレスフリーなスライム無双を始めます!〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く