話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ハズレスキル【魔物生産】は倒した魔物を無限に作り出せて勝手に成長するチートスキルでした!〜友達だった男にパーティー追放されたけど女だらけの騎士団に雇われたのでストレスフリーなスライム無双を始めます!〜

霜月琥珀

4話 魔物の群れをスキルで殲滅することにしました


 まず第一の段階として、無意識に得ている外界の情報を全てシャットダウンする。
 これから使うスキルにそれらの情報は必要ない。それどころか邪魔になってしまう。

 とは言え、このままでは何もできない。

 だから俺は第二段階として、意識的にとある情報のみを得る必要がある。
 そのために自分を中心とした半径数キロメートル圏内に己の魔力を漂わせ、その範囲内を掌握する。

 この前準備は俺が唯一持っているスキルを有効的に活用するのに必須の工程だ。

 そして、そのスキルを【魔物生産】という。

 今まで倒したことのある魔物を魔力で作り出し、指定した座標に転送するというものだ。

 だからこそ俺は家に引きこもりながら、魔物を倒すことができていた。

 ちなみに俺が作り出せるのはスライムのみ。今まで自力で倒したことがあるのはスライムだけだからだ。
 どうやら【魔物生産】で作り出したスライムが倒した魔物はカウントされないらしい。

 ……さて。

 準備は整った。

 ここからは一方的にやらせてもらうとしよう。
 俺は今ある全ての魔力を用いてスキルを発動した。

 すると。

「あ、あの……アルトさん? って、えぇ!? 鼻血が出ていますよ、鼻血が! それに顔も真っ青になって……。一体、何をしたのですかっ!」

 という、ノエルのやかましい声が聞こえてきた。

 ったく、集中が途切れてしまいそうになる。

 だが、どうやら【魔物生産】の発動に成功したらしい。
 というのも鼻血が出たり、真っ青な顔色になるのは、魔力が欠乏したときに出る症状だからだ。
 もし失敗していたら魔力は消費されないから、スキルの成功・失敗は見なくても分かる。

 ……次の段階に入ろうか。

 俺は【魔物生産】で作り出したスライムと感覚を共有する。すると、脳裏にスライムが見ているだろう景色や聞いているだろう声が聞こえてくる。

『そ、そんな……』

 一人の女騎士は絶望を貼り付けたような表情で崩れ落ち、

『まだ、死にたくない。嫌だ、お母さん……』

 また違う女騎士は戦意を喪失し、一歩また一歩と後ずさる。

 ……ふむ。あまり状況はよろしくないようだ。

 まあ、状況を悪くしたのは俺だけどな。
 ただでさえ厳しい状況なのに数百を超えるスライムが急に現れたのだから、こうなるのも仕方のないことだろう。

 流石に絶望感を露わにされるとは思いもしなかったが。

 しかし、この状況も一気に好転する。俺の手によって。

 俺は魔物の群れと相対している女騎士に声をかけた。

『俺の声が聞こえるか? 聞こえたなら撤退した後、森へ向かったアナベルと合流してほしい』
『ひっ、ひぃぃ。声が……』
『ごめんなさいごめんなさいごめんなさい、許してください、お願いします……っ』
『…………』

 優しく声をかけたはずなのに怖がられてしまった。ショック。普通に傷ついた。
 というか戦場のど真ん中で膝をついて謝るな。

 ったく、まともに話せる奴はいないのか?
 
 そう思っていると、このような状況下でも冷静に魔物を倒し続けている女騎士が声を上げた。

『あなたがどなたかは分かりませんが、助かりました。私たちは戦場から撤退し、アナベルさんと合流します』

 おっ、この人がここを指揮している女騎士みたいだな。一気に騎士たちが撤退を始めた。
 中にはただこの場から逃げ出したい人が一定数いるみたいだが、まあ何でもいい。

 撤退さえしてくれればな。

 ……さて。

 ――魔物の殱滅を始めようか。

 とは言え、流石に気分が悪い。魔力欠乏症には慣れているのだが、しんどいことには変わらない。
 とりあえず、スライムたちに戦ってもらう他ないな。

 俺はスライムに命令を下した後、意識の集中を解いた。

「アルトさん?」
「……やることはやった。後は多分、あいつらがどうにかしてくれるはずだ」
「ということは、あのスライムは……」
「ああ。俺のスキルで作ったスライムだ」
「大丈夫なんですか? スライムは攻撃力皆無ですよね?」
「やっぱりスライムはそういう認識だよな。でも、あいつらは他のスライムとは違って……」

 俺はノエルにあいつらのヤバさを伝えた。

 まず、俺の生み出したスライムは攻撃力最強だということ。
 何せ、どんな魔物すらも体液で溶かして体内に取り込みやがるからな。

 そして、最強の防御力も兼ね備えていること。

 打撃は基本的に効かないし、斬撃も分裂するだけでダメージはない。
 ただ、例外的に魔法攻撃は分からない。今まで受けたことがないのだ。

 とは言え、武器や防具を装備している。

 どうやら俺が一度触れた装備品は複製することができ、スライムにも装備させることが出来るようなのだ。
 これも【魔物生産】の副次効果だと思う。

 正直、俺も【魔物生産】についてよく分かっていないことが多い。
 だが、それでも言えることがあるとすれば、今のところあいつらは負けなしというところだ。

 後、特徴としては。

「……アルトさん。これ、気のせいかもしれないんですけど、スライムたち連携して戦っていませんか?」
「よく分かったな。あいつらには役割があって、主に四つに分かれてる。陽動・防御・攻撃。そして、司令塔。まあ、司令塔が居なくてもあいつらは意識的に繋がってるから何の問題もないけど」
「アルトさん。もしかしてあのスライムの群れ、私たち騎士団より強いのではないでしょうか?」
「かもしれないな。あいつら、魔物を倒すたびに強くなってるし」

 ……そう話しているうちにそろそろ片付きそうだな。

 魔力も三割程度だが回復したし、残りの魔物はスライムに任せても大丈夫だろう。
 万が一に危なくなってもスライムと情報共有しているから、すぐに駆けつけることができる。

「さてノエル。アナベルと合流しようか」
「そうですね。私たちがいても出る幕は無いみたいです」

 こうして俺は落ち込み気味のノエルに気を遣いながら、その場を後にしたのだった。
 

「ハズレスキル【魔物生産】は倒した魔物を無限に作り出せて勝手に成長するチートスキルでした!〜友達だった男にパーティー追放されたけど女だらけの騎士団に雇われたのでストレスフリーなスライム無双を始めます!〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く