9月9日11時

みゆたろ

打ち合わせ2

金曜日ーー夜八時。

いつもの喫茶店は珍しく、人で溢れ帰っていた。普段は空席の方が目立つのに、今日に限っては満員だ。
一組が会計を済ましたせいで、店から出てきたおかげで、ようやく席に座れる。

「ホットコーヒー三つ」

店員にホットコーヒーの注文を済ませると、すぐに本題に入った。
三人での今日で二回目になる打ち合わせが始まる。

「調査は、どうだった?」

そう切り出したのは、マモルだ。
マモルはつい先ほどの交番での出来事から話し始めた。
そしてアツシは頭を下げる。

「悪い、俺ーー警察に行ってたせいで、何の進展もない」

「まぁそういう事もあるよ」

コウジが言う。その後すぐ、不死鳥のことーーそして、実験と言う殺人を繰り返していること、そのターゲットはクジで決めていることーーそれらを報告した。

「心理学ーーと言いながら、ただの殺人グループってことか?」

「あぁ」

「ほんとにそんな事で、相手を殺せるのかなぁ?」

「まゆつばもんだな...」

三人して深いため息をつく。
いまいち信じられない話ばかりが、ぐるぐるとめぐってくるからだ。

マモルも近況を報告した。

「リーダー格の人がカラスと呼ばれていること、そして、組織員一人一人に、鳥の呼び名が用意されており、その名前の一つ一つが、トリガーフレーズになっているという話も聞いた」

そんな説明をすると、アツシが口を挟んだ。

「ーーそれって、例えばAの呼び名を呼ぶとBは自殺する、ってそーゆー事なのか?ーートリガーフレーズってそーいう事だろう?」

「まぁなーーそうなるな」

うーむ。
あり得ない。
ーーそんな事出来るわけないよな!?

心理学に対する勉強をしなければいけない。
そんな気がした。



コメント

コメントを書く

「現代ドラマ」の人気作品

書籍化作品