9月9日11時

みゆたろ

打ち合わせ

以前の喫茶店に行くと、八時より少し前だった。
初対面の敦くんはタバコを吸わないかも知れない。今のうちにーー。
浩司はタバコに火をつけて、しばらく宙を眺めてはタバコの煙を吐き出す。

この事件、被害者たちの共通点などがまだわからないままだが、本当は単なる自殺なんだろうか??

漠然とそんな事を考えている。
と、その時、カランカランと入り口のドアが開いた。

「おーい!こっちだ!こっち」

俺は精一杯の声を出して彼を呼んだ。
来たのはマモルだった。

「待ったか?」

「ちょうどタバコを1本吸ったところだ。ところで敦くんはタバコは??」

「吸ってるから気にしなくていい!」

「良かった」

そんな会話をしていると、噂の敦くんがきたようだ。

「アツシ、こっちだ」

マモルが呼び掛ける。

「悪い、遅くなったーー」

軽くそう言って、アツシは頭を下げた。

アツシはボーズに近いくらいの短髪で、鼻の上にニキビの様なものが出来ている。
目元が離れていて、顔のバランスがアンバランスだ。
こちらを見てニコヤカに言った。

「遅くなりすいません。マモルのイトコのアツシと言います。始めまして」

そう言って、アツシは手を差し出した。
俺もまた自己紹介をしてから、その手を取った。

「よろしく!」

二人の声がはもる。

コメント

コメントを書く

「現代ドラマ」の人気作品

書籍化作品