話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

9月9日11時

みゆたろ

マモルの近況

その頃、西島佳子について調べていた護もまた高校の近くで、聞き込みをしていた。
それぞれの事を知らなければ、自殺の動機や共通点など見つかるはずもないのは百も承知だった。

高校生たちが学校からはきだされるようにして出てくる。

ーー今がチャンスだ。

護はこのチャンスを逃すまい、と賢明に駆け寄る。

「すいません。僕こーゆー者ですがーー」

足を止めて、名刺を差し出す。
そこにはジャーナリストである事などが印字されている。

女子高生の1人が足を止める。

「何ですか?」

不思議そうにこちらを見てきた。

「ーーこの子の事を知ってるかな?」

護は一枚の写真を差し出した。
そこには西島佳子がうつっている。

「ーーうーん。見覚えないなぁ?誰ですか?これ」

対応してくれている女子高生が、こちらを見て聞いた。

「彼女は先日、亡くなったんだ。それで僕は事実を調べてるんだ」

「事実って...?? 何か不審なところがあったの?」

護は黙ってうつむく。

「ーー分かった。ありがとう!!」

軽く会釈をして、また別の高校生に話を聞きに行く。

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く