話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

9月9日11時

みゆたろ

第二の女子高生

喫茶店の店内は薄暗く、仄かな灯りが店の雰囲気を洒落たモノに感じさせる。
今時珍しいが、店内でタバコも吸える喫茶店だ。

この店は白髪のヒョロリとしたマスターが、一人で運営している様だ。

適当な席に座り、ホットコーヒーを二つ頼んだ。

「それで、お前が見たってゆうのは、、?」

護が口火を切った。

「投身自殺だよ!女子高生の...あんなの見せられたらたまらないよ」

俺は涙腺が熱くなりそうになりながら、何とか涙を堪えるのに必死だった。

「それはいつ起こったんだ?」

「護が調べてくれた彼女のそれとほぼ同じ時刻なんだ。不思議じゃないか?」

「9月9日の午前11時って事かーー同じ頃、二人の人間が連続して、投身自殺か!ーーうーん。ありそうだけど...違和感もあるな」

9月9日ーー午前11時。
1.2分の差はあったかも知れないが、ほぼその時間だったと言う。

ジャーナリスト仲間の柏崎護《かしわざきまもる》が教えてくれた。

「自殺を図ったのは、神奈川県に住む西島佳子、同じく16歳ーー特に変わった様子もなく突然、電車に飛び込んだーー精神を病んでるとかそんな感じもなかったんだ。それなのにーーオカシイ。どうしても納得出来ないんだ」

柏崎護も、俺と同じ気持ちらしい。

「ーー俺、沢口望の自殺の瞬間を見ちまったんだ。お前が言った様に、特におかしな様子もなく、まるで何かに操られているように、澤口望は突然飛び込んだんだ。この事件を俺と一緒に調べないか?」

「ーー事件って、その二人以外にも自殺者がいるのか?」

柏崎護が不思議そうに言った。

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く