話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

僕を拾ってくれた義姉さんが王太子に婚約破棄を言い渡されています、呪っていいですよね。

克全

第2話:神願

『アリアを護りつつ、アリアの望みを叶えなさい』

 僕の頭の中に神様の言葉が降りてきた。
 神様の言葉通りにすれば、お義姉ちゃんが助かる。
 僕がお義姉ちゃんに助けてもらえたのも神様のお陰だ。
 神様がお義姉ちゃんに僕の事を伝えてくれなかったら、僕は死んでいた。
 だから僕はお義姉ちゃん助ける、神様と精霊が言う通りにする。

 僕はどこで生まれたかも知らないし、両親の顔もよく覚えていない。
 両親を兵士に殺され、山賊にさらわれ、奴隷にされたとだけ覚えている。
 殴られ蹴られ、いつもどこかが痛く、寒くてお腹が空いていて、怖くて哀しかった
 何とか山に逃げ出したけれど、山でもお腹が減って寒くて怖くて哀しかった。
 もう歩けなくなって、山の中で倒れてしまった。
 このまま一人で死んじゃうのかと思ったら、涙が流れてきた。

 そんな時、お義姉ちゃんが山奥まで助けに来てくれた。
 神様から助けるように言われたと、優しく抱きしめてくれた。
 後で孤児院の先生が教えてくれたけれど、きれいなドレスを泥だらけにして、反対する近衛の兵士を教え諭してきてくれたんだって。
 よく分からないけれど、お義姉ちゃんが僕を特別にしてくれた。

 それからは、叩かれる事も蹴られる事もなくなった。
 一日二度も暖かいごはんが食べられるようになった。
 孤児院のお友達と一緒に温かなベッドで眠れるようになった。
 孤児院の先生が、お義姉ちゃんの役に立つようにと色々教えてくれた。
 そんな中に、神様へのお祈りがあった。
 お義姉ちゃんの役に立ちたいと一生懸命お祈りしていたら、神様と精霊が力を貸してくれるようになった。

 神様と精霊のお陰で、お義姉ちゃんの役に立てるようになった。
 神様と精霊はお義姉ちゃんの役に立つ事なら何でもしてくれる。
 僕がどうすればいいか分からない時には、どうすればいいかも教えてくれる。
 その通りにしていたら、お義姉ちゃんがとても喜んでくれる。
 喜んでほめてくれたお義姉ちゃんは、僕を義弟にしてくれた。
 僕にお義父さんとお義母さんができた。
 
 近衛の兵士や孤児院の先生からは、ご領主様と奥様と言えと言われた。
 頭のなかでもお義父さんお義母さんと言ってはダメだという。
 痛いのは嫌だから、言う通りにしているけれど、二人だけの時は別だ。
 二人だけの時は、お義父さん、お義母さんと言わないと哀しい顔をされちゃう。
 胸が痛くなって哀しくなるから、二人の時はお義父さん、お義母さんと呼ぶ。
 でも、お義姉ちゃんだけはいつもお義姉ちゃんと呼んでいい。

 近衛の兵士や孤児院の先生が止めると、お義姉ちゃんが怒ってくれる。
 神様の言う事を聞かない者はいらないから、好きな所のいきなさいと言う。
 お義姉ちゃんはとても優しい言葉で言うけれど、凄く怒っている。
 何度も同じ事があって、お義姉ちゃんと呼ぶのを誰も止めなくなった。
 僕も、お義姉ちゃんをお義姉ちゃん呼べなくなるのは絶対に嫌だ。

(神様、精霊、お義姉ちゃんを護る力を貸して。
 お義姉ちゃんが好きな事をできるように力を貸して、お願い)

「僕を拾ってくれた義姉さんが王太子に婚約破棄を言い渡されています、呪っていいですよね。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く