話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

水月のショートショート詰め合わせ

水月

不可説不可説転の戦場を攻略せむ

「Win!」

大音量のファンファーレが鳴り出して、がっくりと肩を落とす。

久々に、骨の折れるゲームだと思ったのに。たった5回目の挑戦で終わってしまった。

集中が切れて戻ってきた外界の音は、それなりのボリュームだが、気になるほどでない。皆、ゲームに熱中しているのだろう。ここのゲームセンターは居心地が良い。

スマホで現在時刻を確認する。もう遅い。帰ろう。仕事のストレス解消のために始めたゲーセン通いに、ここまではまり込むとは。もう、置いてあるゲーム全てを攻略してしまった。

通い始めた頃の焼かれるような悔しさと愉快な気持ちを、もう一度味わいたい。しかし、今ではどんな新作ゲームも、すぐにクリアしてしまう。そろそろ、止め時かもしれない。

ジャケットに腕を通して、イスから立ち上がった時、視界の隅に気になる文字が入ってきた。顔なじみの店長が、奥にあるVRゲームのスペースで立て看板を出していた。毛筆体で「新作!不可説不可説転将棋」と書かれている。

「こんばんは。新しいゲームですか」

「ああ、いらっしゃい。いつもありがとうございます。そうなんですよ。今さっき、やっと準備が整って。あ、お試しになりますか?常連さんですから、初回無料サービス、しますよ」

さっき見た時刻表示が一瞬頭を過ったが、好奇心に従った。和風モダンな幾何学模様が描かれたブースの中に、そろりと入る。

ゴーグルをしっかり装着して、スタートさせる。不可説不可説転将棋と派手に表示されるが、何と読めばいいのか分からない。まぁ、渋い将棋のゲームだろう。特に気にせず、開始ボタンを押した。



一瞬で、眼下に広大な戦場のパノラマが広がった。果てしない荒野に、格子状の線が引かれている。区切られた狭い四角のスペースには、仰々しい武士の格好をした人だけでなく、雉や猿、犬や猫、牛や熊、巨大な亀や青い竜なども収まっていた。

手前側の集団が自陣、向かい側の集団が敵陣。鏡合わせのような配置になっているので、おそらく、そうだろう。

自陣の先頭にいる足軽衣装の人をじっと見ると、その人に向かってカメラがズームしていき、一人称視点になった。右上に表示された歩兵という文字。ひとつ前の、青く光るスペースに目線を移すと、そのスペースに進み出た。

瞬間、様々な動物の勇ましい鳴き声と、エイエイオー!という鬨の声が後ろから響いてきた。

驚き、俯瞰の視点に戻る。想像以上にリアルだ。

戦場を改めて見回してみる。ぎっしりと整列している動物と人間。スーッとカメラを自由に動かす。その光景はどこまでも、どこまでも、海の様に続いていた。





「どうでしたか」

「面白いですね。これなら、いつまでも終わらない。これからも通うと思いますので、よろしく」


「水月のショートショート詰め合わせ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く