話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

水月のショートショート詰め合わせ

水月

ボウルに共鳴するトロイメライ

現実は暗くて寒い箱の中だった。

ついさっきまで見ていた夢の中では、大きなお皿の真ん中でスポットライトを浴びていたのに。

「誰か、いる?」

投げやりに、いつも返答の無い呼びかけをしてみる。案の定、応答は無く。ため息が出そうになった時だった。

「いるよー」

真横からはっきりした返事が聴こえて、驚いた。

「同じ響き。だから、きっと私とあなた、同じ種類。ああ、良かった。テレパシー送り合える仲間がいて安心したわ。私イタリア生まれ。今日ここに来たの。よろしく」

まさか、イタリア生まれの仲間とは。見た目が私と全く違っていて、また驚く。

「え、形が全然違うんだね。本当に、同じ種類なの?」

「そうよ。同じでなきゃ、おしゃべりできない。生まれた場所で、こんなに見た目が違うのね。びっくり。あなたのクルクルした葉先、可愛い。羨ましいわ」

「あ、ありがとう。褒められたの初めてだ。君のストレートな葉先もシャープでかっこいいよ」

「あら、ありがとう。嬉しい」

イタリア生まれの彼女?は、うふふと楽し気に笑う。僕も楽しくなってきた。

「今回は、食べてもらえるかしら。前回は、こんな風な暗い箱の中で、しなびて終わってしまったの。仲間とも出会えずに。寂しかった」

「僕も、前回は仲間を見つけられなくて。一応お皿の上には乗れたけど、結局捨てられて終わっちゃった。しかも、人間にただの飾りだなんて言われちゃって。悔しかったよ」

「私も何代か前の時に、言われた気がするわ。飾りだなんて、失礼しちゃう。私たちほど栄養満点な野菜なんて無いのに。カロテンもビタミンもカルシウムも、鉄分もカリウムも食物繊維も。人体に必要な栄養が詰まってるのに」

怒る彼女の葉先が少し揺れている。

「そうそう。アピオ―ルで消化も助けられるし、食中毒も防ぐし。爽やかな良い香りだって放ってる。なのに、なかなか人は食べてくれない。やっぱり、苦いからかなぁ」

「そうねぇ。苦いからかしら。料理に使われるとしても、ほんの少しだけなのよね。もどかしい。レタスみたいに、生のまま人にモリモリ食べてもらうのが夢なのに」

「そうそう」

会話が盛り上がってきた時、若干の振動を感じ取る。ぴっと背を正して、おしゃべりを止めた。

ガラガラっという大きな音がした後、眩しい光に包まれた。そして、浮遊する感覚。掴まれている。あ、もしや。






トロイメライの旋律を鼻歌で追いながら、ボウルの水にパセリを浸す。茎の方を持ってシャカシャカと振り、カールしている葉先を洗った。葉っぱの部分をちぎって、横のザルに入れていく。

最後にちぎった葉を掲げて、下から眺める。きっちり3つに分かれていくフラクタルな形。新鮮さを主張する、綺麗な深緑色。

ぽっと口に入れて、咀嚼する。最初の苦味はすぐに通り過ぎて、爽やかで微かな甘さが残る。美味しい。一昨日から、はまり込んでいる絶妙な味の変転。明日はイタリアンパセリのサラダを試す予定だ。

頷きながら鼻歌を再開して、パセリの水をしっかり切る。

そして、大きなガラスのボウルに、こんもりと盛る。可愛い葉を少し摘まみ、また口に放り込んだ。

「水月のショートショート詰め合わせ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く