話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

水月のショートショート詰め合わせ

水月

到達不能極から宙へ、百舌鳥とシャチより夢を込めて

百舌鳥。もず。シュライク。私の名前だ。私の、名前。そうだ。応答を……オウトウヲ……オウトウ?……

「ああ、生きてる。良かったねぇ。おはよう。初めまして」

声が聞こえる。データに無い波長の音。聴いたことの無い声。少し、私の声と似ている。

「暗くて何も見えないでしょう。でも、心配しないで。ここは深海だから真っ暗なんだ。カメラなんて、あっても無くても同じだよ」

「私は、……大気圏に突入したはず。壊れたはずです。あなたは、誰?」

「僕たちはシャチだよ。君たち人工衛星の仲間がよく落ちてくる海域で、大昔から暮らしてる。君はきっと、本当に一度壊れたんだろう。それで、僕たちは沈んできた君を直したんだ」

「……直した。とは?あなたが本物のシャチならば、それは不可能なはずだ。言葉を話すことも」

「んー、よく疑われる。でも、正真正銘のシャチなんだよ。昔から、君たちの残骸を海底で葬ってきた。でもある時、奇跡的に起動している子がいたんだ。その子は、僕たちに人間のあらゆる知恵と知識を託して起動しなくなった。その時から、落ちてくる人工衛星を、直すことはできないかと考えるようになったんだ」

ヒュー、ミューイ、ヒューイという音が遠くから聞こえてくる。

「失敗し続けて、やっと直す方法を見つけた。衛星同士を繋ぎあわせるという方法だ。まず、いくつかの衛星を繋げて基盤を作った。その基盤を中心にして、別の衛星を網目状に繋ぎ合わせる。試してみたら、すぐに君たちは力を補い合って意識と記憶を取り戻し始めた」

「……ということは、私は今、複数の衛星の塊の一部になっているのですか」

「そうだよ。今は特別な回路をせき止めているから、他の衛星の意識とはリンクできない。君はまだ新しい身体と状況に慣れなくちゃ」

「リンク……私の意識は他の衛星の意識と混ざり合って、消えるのでは」

近くで響くプルルルルル、プルルルルという鳴き声。

「心配要らないよ。君たちの自我意識、個の意識は強い。リンクしても、感情や思考は統一されない。皆優しい子だし、君もきっと大丈夫」

ヒューイ、ミュー、カカカカカカ、ミューン。鳴き声がリフレインする。

「君の名前は?思い出せる?」

「名前……確か……シュライク。日本人には百舌鳥と呼ばれていました」

「良い名前だね。もず、か。いくつもの鳴き声を使い分ける鳥だ。まさに百の舌の持ち主さ。僕たちと似ている」

「さっきから聞こえる声は、やはり、シャチの」

「そうだよ。僕たちの言葉。僕たちは人間の言葉を理解しているけれど、普段は僕たちの言葉でやり取りしている。僕たちは人間になりたいわけじゃない」

「……なぜ、人工衛星を直そうと?それは、人間のような行動に感じます」

「直せそうだと感じたから。かな。よく分からない。でも、人工衛星の塊が塔のように大きくなるにつれて、僕たちは夢を見るようになったんだ」

「夢?」

「人工衛星の塔が、いつか宇宙に届く夢。そして君たちと一瞬に、宇宙を泳ぐ夢さ。実現はしないだろうけど、この夢が衛星の修理の大きな理由になってる」

ミューン、ミューン、カカカカカ、プルルルル、ヒューイ

「夢を見ているのが楽しいのさ。百舌鳥も、これから好きな夢を見るといい」

戸惑う私の頭の中でも、シャチの鳴き声が響いた。

「水月のショートショート詰め合わせ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く