話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

水月のショートショート詰め合わせ

水月

クランマザーたちのベルト

七色に光るビーズを、しっかりとベルトに縫い付ける。貝殻を削って作ったビーズは、決められた通りに並べなくてはならない。正しく伝わるように。貝殻のベルトは、私達一族の大切な歴史書であり、日記だ。

しばらくすると、扉の外が騒がしくなった。会議中だった母たちが帰ってきたのだろう。貝殻のベルトを丁寧に折り畳む。

「ただいま」

「お土産あるのよ、今日はカボチャと大豆」

「あら、ベルトを縫ってたの」

「上手ね」

「上手だわ」

「あら、綺麗」

「綺麗ねぇ」

「私も昔、こういう柄で縫ったわ。懐かしい」

「私も私も。楽しいのよね、青春だわ」

「私は今も縫ってるわ。今度一緒に縫いましょうよ」

「そうね」

「お茶会もしましょうよ」

「そうね」

「いいわね」

私がテーブルに置いたベルトを囲んで、母たちはおしゃべりをする。お土産だと手渡された大きな麻袋を担いで、私は台所に向かった。

コップを人数分、大きなお盆に並べて、ほのかにミントの香りがする冷たい水を入れていく。

母たちは、この街のリーダーだ。布を織り、野菜や花を育て幼子を世話して、常におしゃべりをしながら、この街のインフラや治安もしっかり守っている。

老若男女から尊敬される母たちはたくましく、優しい。世話係をしている私も大好きだ。

グラスでいっぱいのお盆を持って、母たちが集まるテーブルに向かう。

「どうぞ。喉が渇いたでしょう。ちょっとミント入ってます」

「「あらあら、ありがとう」」

綺麗に揃ったお礼の言葉に、少し笑ってしまう。母たち一人一人のことも、しっかりベルトに残すつもりだ。

「水月のショートショート詰め合わせ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く