話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

水月のショートショート詰め合わせ

水月

拡散、拡散、拡散、接合

彼女の手はとても、とても冷たかった。驚いて、手を引っ込める。振り払うようなしぐさになってしまった。気まずい。

「あ、ごめんね。私チタン製だから」

さらりと響く言葉の処理に困る。ひんやりとした海風に撫でられて、耳が痛くなった。黙っている私にお構いなしに、彼女は遠くに走り出し、冬の浜辺を楽しそうに駆けまわる。



完全に自分を見失って冬の海に訪れ、お決まり中のお決まりの行動を取る己の恥ずかしさに気付き、心底うんざりしていた時。彼女が話しかけてきた。

私の横で、同じ体育座りをしていた彼女はほぼ一人で喋り、笑っていた。突然、立ち上がって手を差し出してきた。反射的に、というより、彼女の満面の笑顔の圧力に負けて、その手に触れたのだ。



「ねぇー」

遠くから、彼女が叫んでいる。

「拡散接合って、知ってる?」

「あと少しで、別の時間の私が来るの」

「双子みたいなもん」

「え?」

「その子と視線が合った所から、拡散接合されて、一瞬でどっちもいなくなる」

「お互いの小さい粒子がね、目から溶けて混ざって、どっちも新しい別の何かになる」

「私やっと、純粋な私自身になる。もう他人にならなくていいの」

「何、言って」

「生きてれば会えるよ、諦めてても、信じてなくても」

「ほら、来た。お先に!」



海風がまた強く吹いてきて、目を瞑る。目蓋を開いたときには、もう彼女はどこにもいなかった。

「水月のショートショート詰め合わせ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く