話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

水月のショートショート詰め合わせ

水月

ハイパーアキュムレーターの果て


さらさらと流れ続けた先で、懐かしい匂いのする葉に出会った。葉を包み込む。後は、そのギザギザとした形、質感を写しとる作業だ。そして、擬態する。

流体金属の私の遠い先祖は、ヒョウタンゴケだ。金属と己の体を巧みに融合させる戦略で、ほとんどの生物が絶滅した今も生き延びている。 

塵の混じった強風で、体が揺れる。上手く擬態できたのだろう。

この植物は、どうやらヘビノネゴザらしい。スムーズに検索結果が出て、安心する。まだ生きている。私たちのデータベースは、どこかに消えた少数の人間が、まだ維持しているのだ。 

写したヘビノネゴザの情報をデータベースに付け加える。私たちの記憶を守ってくれている人間へのお礼だ。おそらく地球から遠く離れた場所にいる人間たちに、今の地球の状況を伝えようと、皆で決めたのだ。

作業が終わった。流体に戻り、さらさらと移動する。




一時停止。前方に仲間がいる。二足歩行で、全身が黒い毛で覆われた動物に擬態し、立ちすくんでいた。水晶のような目に、夕日が入り込んでキラキラと光っている。

私と同じことをしているのだろう。邪魔しないように、静かに、静かに後ろを通りすぎた。

「水月のショートショート詰め合わせ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く