話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

水月のショートショート詰め合わせ

水月

さようならば、42億年後に



「みーつけた」 

 寝起きでぼんやりしていた時、懐かしい顔が急に目の前に現れた。目が冴えていく。 

 「あーそびーましょ」

遠く離れてから、もう記憶が曖昧になるほどの長い時が流れたのに、ケラケラ と笑う君は、つい昨日会ったかのような調子だ。

「ああ、遊ぼう」 





 円柱形のランタンから、さまざまな幾何学模様の影絵が放射状に広がっている。影絵に青いカードを交互に置くゲームは、なかなか決着がつかない。熟考が多くなった君の顔をちらりと見る。 

 「眠い?」 

 腹ばいの姿勢から座る体勢になった君は、目を擦りながら頭を横に振る。

「無理しちゃダメだよ。もうお開きにしよう。大人しく寝たほうがいい。僕も眠くなってきた」

しばしの沈黙の後、突然立ち上がって両頬を叩いた君は、がっくりとうなだれて「眠い」と呟いた。

「また、会える?」

「うん。必ず。今度は僕が君を探し出すよ。起きたら、待ってて。きっと見つけるから」

「わかった。絶対ね。じゃ、おやすみ」

「おやすみ」


君は一瞬で星になった。あのカードと同じ青の星。君が在るべき位置に移動して、クルクル回りながら寝息を立て始める所まで見届けて、僕も星になった。

光速で太陽系の外に弾き出された僕は、安心して眠れる場所を見つける旅をしなきゃいけない。

その間に、あのゲームの戦略を練っておこう。


「水月のショートショート詰め合わせ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く