話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

男嫌いの悪役令嬢はイケメン悪魔と契約し攻略対象から逃げ切ります

黒月白華

第34話 パトリック編4

僕は意識朦朧の中を彷徨っていた。
身体が熱く全身が痛い。特にお腹に火が着いたように熱い。
ボソボソと声も聞こえ、

「酷い傷口です。特にお腹の傷が深い…。縫合わせておりますが…」

「パトリック…死なせない!!魔女から薬買ってくる!!」
とアウロラの声がする。
魔女の薬…きっと高いよ…。アウロラ…。

「わかった…金を出そう。パトリックしっかりしろ」
父様?

「パトリック…!!ううっ!どうして!この子がこんな目に…!」
母様…。

痛みがまた押し寄せて僕は気を失う。
しばらくしてどのくらい経ったか薄ら目を開くと夜で…あんなに苦しかったのに痛みも熱もほとんど消えていて楽になっていた。
僕は助かったのか?

「起きたねパトリック」
とアウロラが本来の姿で現れた。

「…僕…」

「主は死にかけていたから急いで魔女の所に行き薬を買い飲ませたり塗ったりしたら傷は見る見る良くなって熱も引いてきて両親も喜んでいた。医者もこの調子なら大丈夫だと言った。それでも3日目を覚さなかった」

「アウロラ…ありがとう…!ずっと側にいてくれたんだね」

「当たり前よ。だけど高い薬だった。公爵家の財産かなりの痛手」
やっぱりか…。こりゃ大変だ。

「アウロラ…君が本来の姿でいるってことは…本契約を…」

「もう少し治ってからでもいいと思ったけど…もう平気と判断した」

「そう…ならば前払いだった代償の要求だね?僕の何が欲しいの?耳?目玉?指?」
怖いけど僕は後悔はない。あの2人の助けになれたか判らないけど…。2人が幸せなら。

「では代償を要求するわ。パトリック…貴方の童貞が欲しい」

「どっ…!!!???」
かあっと熱が集まった!!

「どうした?い、嫌?貴方はまだアリーセに未練がっ…」

「ななな無いよっ!でででも!僕は僕は!そんなっ!」
アウロラはこんなに綺麗だったかな?月明かりに照らされた彼女は悪魔的に美しい!って悪魔だったよ!!

「パトリック…貴方は綺麗だよ。自信を持て」

「ええっ!?僕男だよ!?綺麗なんて!アウロラの方が綺麗じゃないか!!」
と言って赤くなる。
アウロラもちょっと赤くなり

「パトリック…代償を払わないなら貴方を殺すしかなくなる…」

「!!いや…は、払わないとは…ででもアウロラはいいの?」

「私がパトリックを欲しいと言っている」
僕の前髪を掻き上げて

「貴方のこの瞳も私だけが見ていい!他の女には見せるないで!」
と言う。しかし…

「アウロラは他の悪魔や男とそのぉ…」

「私はハジメテ!」

!!!
なっ!まさか!アウロラ程の美人が!!

「何驚いてるの?失礼な奴!」

「驚くよ!それにアウロラ…僕に魅了の魔術使ってない?」
アウロラはムッとした。

「目覚めたばかりの弱った主にそんなことしない!みくびるな!」
と怒られて謝った。

「ごめんなさい…」

「判ればいい!では代償は貰ってもいいの?」
僕はそれに赤くなりうなづいてしまった。
月明かりの中ゆっくりとアウロラが近付き僕は初めて女の人とキスをしていた。

しかもとてもクラクラし、ほんとに魅了の術をかけてないのかもう一度聞くとまた怒られた。

「じゃあ、僕がアウロラを好きなんだね?」
と聞くとアウロラは赤くなり

「それは私が決めることではないから!」
と言い照れた。可愛いと思った。
それから僕は本契約してアウロラと愛し合っちゃった…。


それから僕はアウロラに夢中になる。
けして魅了じゃないけど確かに僕とアウロラの纏うオーラは幸せ色だったからアウロラも僕を想ってくれてて嬉しいと思う。
たまに学院でアリーセ嬢を見てルーカスさんと上手く行ってるから微笑ましく応援を続けた。まだ攻略対象者の先生がいるらしい。
先生が生徒に手を出すのは問題だと思ったが先生は上級悪魔2人も従えてるらしくて苦戦してるみたいだ。
もちろん僕もアウロラの先見などでアリーセ嬢を助けたりはしたけどね。

エドヴィンの片目はダミアンの悪魔ケビが送還される前にダミアンが

「エドヴィンの片目だが、本人が正気に戻ったら流石に気付くしまた魔術書を探し始めるかもしれない。記憶は消したが自分の目が無いことには気付くだろ?だからケビ…あいつの目玉本物に見えるよう術をかけてやってくれ。義眼でも本物と同じように視界が見えるよう…それが俺ができるあいつへのせめてもの親友としての最後の務めだと思う。…俺もケビの魔術書を燃やしたらルーカスに記憶を消してもらうからな…」
とルーカスさんが後で教えてくれた。
自分の指は訓練中に切り落としてしまったということにでもしといてくれと笑ったそうだ。

そのエドヴィンとダミアンにヘンドリックは今度はあのいつかのピンク頭の子を追いかけていた。ピンク頭の子はルーカスさんや僕に助けを求めようと近付いて来ようとしたがエドヴィンは常に先回りして偶然を装いピンク頭にキラキラな笑顔を向けていた。ダミアン達もまるでちょっと前のアリーセ嬢へ向けていた想いをピンク頭の子に向けているようだし、これはアリーセ嬢から聞いたゲームの通りになったのかな?

判らないが僕はアウロラとお昼を食べながら

「あのピンク頭の子ちょっとだけ哀れだよね?」
と言うとアウロラは

「全然哀れじゃない…庶民と王子達が夢中になるなんて身分的におかしいし普通ない。それこそお話だから成り立つ。それにあの子前にパトリックのことキープするって言ったのよ?キープって何よ!ほんと失礼!」
とアウロラは怒った。

「ふふ、あのピンク頭の子はエドヴィン達に目を付けられたし簡単には逃げられないよ。何せあの3人がしつこくていやらしい性根なのは僕が一番知ってるからね。それに僕はピンク頭の子じゃなくてアウロラにしかもう興味はないよ」
と照れながら言うと美少女女生徒に化けているアウロラはちょこんと僕の膝に座りドキリとする。

「どっ、どうしたの?」

「もうすぐあの曲がり角からピンク頭が逃げてくるからパトリックとイチャイチャしようと思う」

「えっ!?いっ今から?ここで?」
と赤くなる。流石に外だし!!

「パトリックやらしいわね、キスだけでいい」
うっ…。とまた赤くなり
アウロラとキスを始めるとほんとに曲がり角からピンク頭が逃げてきて僕たちを見てギョッとしていた。

「なっ!!何なの!?なんでよくわかんないけどあの引きこもりパトリックが美少女とこんな人前でイチャイチャしてんのよっ!信じらんない!!どうなってんのよっ!」
と声が聞こえてきた。

すると後ろから伸びたエドヴィンの手がピンク頭の子の口を塞ぎ

「ふふ、パトリック達を邪魔しちゃいけないよ…行こうか…」
と彼女を引きづって行くのが見えて

「ちょっ!まっ!待って!どこに行くのよ!!ひいっ!あんたはもう飽きたのよ!やだやだ!」

「飽きた?何のこと?僕のこと飽きるなんて許さないよ?」
とエドヴィンは黒いオーラを出してピンク頭を引きづっていった。

「なんかやっぱりちょっとだけ哀れだと思うよ?」
と僕が言うと

「でも助けないけどね…パトリックに惚れられても私が嫌だし」
とアウロラが可愛いこと言ったから僕はまた夢中になったのだった。

「男嫌いの悪役令嬢はイケメン悪魔と契約し攻略対象から逃げ切ります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く