話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

男嫌いの悪役令嬢はイケメン悪魔と契約し攻略対象から逃げ切ります

黒月白華

第17話 4人目の攻略対象者

ドルエスタ王国の公爵令息パトリック・ケッセルリングは長い前髪で瞳を隠しているが、髪をかきあげるとイケメンで前世からのマニマックなファンが多い攻略対象の1人であった。
というのも彼が個性的な特徴を持つイケメンだかららしい。

オカルトの部類が大好きで正直他のキャラからは引かれるレベルだがファンからしたらそれが好きと言う者が多く彼はヒロインがオカルト部に入り好きになり愛を育んでいくという展開になる。

ちなみに私の役割はというと…
エドヴィン王子の従兄弟である彼はヒロインに会う前は密かに私を好きでエドヴィンには悪いと思いつつも度々の逢瀬を続けると言う婚約者がいるのに浮気する悪役令嬢という感じだ。王子以外の婚約者も大体こんな感じの設定である。

まぁ今ではこの男嫌いの私が自分から公爵令息や他の奴等に接触しようなど絶対に思わない。
私は夜会を欠席ばかりしていたので公爵令息パトリックとはまだ一度も会っていない。セーフだ!

「まぁこのまま会わないのがフラグ立たなくていいわ!」
それを聞いてケーテとロミーは言った。

「いえ、お嬢様…失礼ながらお嬢様は気付かなかったかもしれませんが実はパトリック様は夜会に出席していることはありました」

「お嬢様が出ている数少ない夜会においてパトリック様は地味に柱の影に隠れつつお嬢様を見ていることがありました」

「えっ!!?何それ初耳よっ!?全く気付かなかった!怖っ!!」
と私は震えた。

「パトリック様はいわゆるシャイな方で自分から声をかけれないタイプですね。だから柱の影からお嬢様を見つめていたのでしょう…。そういえばパトリック様は人のオーラが見えるという霊感体質みたいなものがあり、降霊術を研究していたりの変わり者です」
とケーテは言った。

「パトリック様はこちらから接触しなければ大丈夫だと思いますわ」
とケーテは私の髪を梳きながら言う。

「まぁ、王子経由で紹介されるかもしれないけどね」
ヘンドリックが減ったからといって油断してはいけない。
王子の周辺の奴は注意しておかないといけないのだ。
なのに…。

ルーカスが数時間後にパトリックが屋敷の外でうろうろしているし、何故か術は解けている。と言い出してとりあえず縄で縛り引き連れてきたらしい。

「ひっ!…!」
ようやく幸せな日々が送れると思っていたのに!
しかもパトリックは私から数メートル離れて椅子の影からチラ見している。何なの?

「パトリック様ですわよね?ケッセルリング公爵家の…」
と私もルーカスに隠れながら聞いてみると

「………僕…僕はその…そんな…つもりはない…」
とモゴモゴ言っている。

「え?何て?」

「だ、だからっ!き、君はエドヴィンの婚約者であるからにして…僕は邪魔をしないというか出来ないし、こうして喋ることも本当は許されない!」
た言う。

「え?どういうことですの?」
するとパトリックは隠れながら

「エドヴィンに釘を刺されてる。僕がきききき君に想いを寄せてると知られてエドヴィンは近づくなと…だから僕は近寄れないし会話もしちゃダメなんだ…エドヴィンのものに手を出さしたら…ぼ、僕は…エドヴィンが恐ろしい…」
と震えた。
ん??このパトリック…もしやエドヴィン王子に脅されて私を遠くから見てるだけだったってこと?

「ででで、でも…最近そそそその執事…と君が仲良くて…ぼ、僕は執事が悪魔だと気付いていたよ、最初から。だから僕には術は効かないんだ」

「ほう、最初からとはどういうことですかな?」
オットマーが問い詰めた。

「ぼ、僕はこれでも人のオーラがみっ見えるんだ!人じゃない者の正体は…わ、判るよ。魔除けのアクセサリーを集めていて…だから僕に相談に来たヘンドリックに1つあげたんだ。か、彼は女性に黒魔術とかで魅了させられそうになっていたこともあったし…」

「そう、ヘンドリックがあのアクセサリーを持っていたのはパトリック様経由でしたか」

「ごごごごめんなさい!!まさか、ヘンドリックが君のしし下着なんか盗むとはおお思ってなかったよ!!」

「その件はヘンドリック様が全面的に悪いのですからパトリック様を責めませんよ…」
と言うと少しだけパトリック様がホッとした。
そして…

「ぼ、僕はその…君を影から見ているだけでいいんだ!エドヴィンやダミアンの邪魔なんてとても出来ないし本当にこっそりと見ているだけで良かった。でも…君が悪魔と契約してまで男を遠ざけようとしているとは思わなかったよ…」
とチラリとルーカスを見た。
ルーカスは

「パトリック様がお嬢様には手を出さないのはあの三人に脅されていたからですか?」

「うん、僕は昔から三人にバカにされているから…極力関わりたくないんだ…だから夜会でも距離を取って隠れていたりしてた…僕はエドヴィン達より目立っちゃいけないから…それにひ、人も怖い…」
えー?ゲームではオカルト好きで皆から引かれて引きこもったりするキャラだと思ってたけど実際はイジメられてコミュ障ってことーー!?
なんか気の毒ね…。

「あ、安心して!僕は邪魔しない!!アリーセ嬢の嫌がることはしないし…それに…アリーセ嬢と悪魔は両想いでしょ?2人とも同じような幸せなオーラが見えてるよ!応援するよ僕…」

「「は!?」」
思わずルーカスも私も赤くなる。

「何を言ってるんですの?パトリック様!!」

「そ、そうだ!お嬢様と俺は…主とその悪魔だ!」

パトリックは…

「ううん…まぁその…ともかく邪魔しないよって。君達の味方…だってことを伝えたくて…ここまで僕の悪魔に連れてきて貰ったよ」
とフッと現れた悪魔の女の子がいた。まだ子供の姿をしていた。紫の髪に赤い目をしている。いわゆるゴスロリ衣装を着ていてどこかのお嬢様みたいに見えて少し可愛いらしい。

「初めまして…私…パトリック様の悪魔のアウロラ・リーンドよ。よろしくね」
と言う。

「アウロラは見通しの目があるから他の悪魔の行き先も見えちゃうからね…このことは秘密なんだけど…」

「パトリック様は私達の味方?なら私にも関わらないと?」
するとパトリックはおずおずと言う。

「言わないから…君が悪魔とここに隠れてることは!そそそその代わり…時々僕もここに来てお茶を飲んでいい?そそそれだけでいいんだ!!ぼ、僕友達いないし…アリーセ嬢とお茶飲めるだけでも幸せ…だ、ダメなら無理にとは言いません!」
と椅子に隠れた。

「お茶って言っても…私男嫌いだし側には寄れないわよ?蕁麻疹出るし」

「は、はい!判ってます!!遠くからお茶しましょう!僕の声も嫌なら筆談で!!」
なんだその面倒臭いお茶会!!と思ったが仕方ない。もしかしたらこいつエドヴィン王子やダミアンに居場所を教えるかもしれないし…。言わないとは言ってるけど…。

「判りました…時々あの三人の動向を教えてくれるなら…」
と条件を出した。こいつを三人のスパイにして何をしようとしてるのかリークしてもらえればいい。

「アリーセ嬢の為なら!何でもするよ!僕!」
と嬉しそうに言う。うーん、犬みたいな反応だわ。だからバカにされてるのかな。ちょっとだけ哀れになるけど早く私のことは諦めて欲しいなとそう思った。

「男嫌いの悪役令嬢はイケメン悪魔と契約し攻略対象から逃げ切ります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く