話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

2番目の村娘は竜の生贄(嫁)にされる

黒月白華

第4話 恐ろしい侍女長と主

「おはようございますジュリエットさん」
私が目を覚ますとドレスは綺麗にされており持ち運べるようにしてあった。下着姿の私は布団から顔だけ覗かせたままだったが仮初の夫であるクレイグが

「服は侍女服を先程持ってきましたよ。サイズが合うと良いのですが…ここに置いておきますね…では着替えが済んだら洗面所におりますのでノックしてください。侍女長の元に案内します。彼女に部屋と仕事を教えてもらい、午後からは主人となるフィリス様とご対面してくださいね」
とクレイグは言う。

「判った……」
と私は元気なく言った。
クレイグはそれを気にしていたが、着替えに邪魔だからとさっさと洗面所に駆け込んだ。

仕方ないから侍女服を着た。裾が少し長いがどうでもいいや。私は着替え終わりノックした。
するとクレイグさんは申し訳なさそうに言う。

「サイズ合いませんでした?すみません…」

「いいよ。こんなのどうでもいい…」

「すみません……」
と言い、侍女長の元に案内される。



「初めまして侍女長のドローレス・リンダ・クーパーですわよ!ジュリエットさんでしたかしら?この度はご結婚おめでとう!!」
と結婚式すら挙げてなく指輪も無しの私に嫌味かこのババア!と思ったが仕方ない。怒るだけ無駄だ。

「じゃあジュリエットさん頑張ってくださいね!侍女長…彼女をよろしくです」
と頭を下げてクレイグが手を振り笑顔で去った。一応知り合いというか夫?がいなくなったことで不安になった。なんだかんだでクレイグも会ったばかりだけどいい奴であることは判る。恋愛感情は皆無だが。

侍女長はため息をつき、

「部屋に案内するから付いてきなさい!それから作法もおいおい仕込んでいかないとね!あんたただの村娘でしょ?ビシビシいくからね!!泣いてる暇はないよ!何か落ち度があると体罰だからね!!いや…指を一本くらい齧ってやろうかね?ひひひ」
とギロリと睨まれびびる。
何で私がこんな目にーーー!!


部屋に案内されるとこじんまりとした1人部屋だ。私の部屋より狭いんじゃないの??本当に城なのか!?

「ここ物置だったけどね。あんたにくれてやるよ」
と言われて荷物を置いて私は更に落ち込む。優雅な貴族暮らしが…。

「さあ、職場を案内して仕事を教えるが、お前は基本的にフィリス様付きの侍女となる。王子のご命令だしね!仕方がない。フィリス様に失礼を働いたらお前…命はないと思いな!」
と笑う口からギランと牙が見えて目が爬虫類みたいになったので私は恐ろしくて震えた。

この人等は腐っても竜が人に変化しただけであり本来なら竜そのものだ。私は竜の巣に放り込まれた餌にすぎない。

怖い…。
しかし震えたのを悟られまいと耐えて案内をされる。キッチンに水場に洗濯場…部屋の把握と覚えることがたくさんあり、敬語を使うように言われ、お茶を運ぶ動作も指導された。

それにしてもここの侍女達…普通に綺麗な人多くね?あれ、私…何か村で2番目に可愛いとは言え、ここに入ったら普通じゃね!?竜の化身のくせに綺麗な女ばっかり!!
何かがヤバくね?と告げている。

これ予想だと私の主になるフィリス様ってまさかとんでもない美人とかじゃね!?
やだ…考えたくない。

私が説明を受けていると途中、男性の従者達がジロジロチラチラと壁に隠れて覗いているのが判った。

「人間だ!!人間の匂いだ!!」

「ていうか1番可愛いとか聞いたけど結構普通なのな」

「あれがクレイグのお嫁さん?何か俺の恋人よりランク低くない?てか普通…」

「人間てどんな味すんのかなぁ?」
とか聞こえてきて青くなった。
ていうかやっぱり!!ここでは私の可愛さなんか普通!!村で2番目で調子こいててすいませんでしたああ!!うわあああ!!

するとクレイグが

「お前達!!何をしているんだ!!仕事をしなさい!!」

「びえっ!鬼のクレイグ侍従長だ!!逃げろ!」
と男性達は逃げていった。あんな温和そうなクレイグが鬼??

ていうか侍従長なのか。一応。うちの夫は。何も知らんし昨日嫁になった他人でしかないのでね。

クレイグは私を見て

「あ…あのっ、すみませんお仕事中に。同僚達がご迷惑を…皆私が結婚したからと驚いて…」
野次馬で見られたのか私は。

「ジュリエットさーん!!そんな所で油売っていないの!!早くこちらへ!!まだまだやることがあるでしょう!?」

「わ、判りましたー…。そ、それじゃクレイグさんまたね…」
と一礼し私は仕事に戻った。
結婚生活とは??なんだろう?
あれ?私…イケメンとまでは行かなくともポーリーナよりも金持ち捕まえて自慢するのが夢だったのになぁ??どこで狂った??

午後になり私は毒味役と称してつまみ食いみたいな昼食を取らされた。美味い!もっと食いたいけど無理かー!毒味役だもんなー!
運が悪かったら死んどるーー!!

ともあれリオン王子の婚約者であらせられる私の主人となるフィリスお嬢様にお目通りしないとな。食事を侍女長と運びノックすると

「どうぞ」
と綺麗な声が聞こえて中を覗くと絶句した。
とてつもない超美少女がそこにいた!!
銀のサラサラな髪の毛に黄金の瞳を持つ陶器人形のような白い肌の美少女!!ポーリーナも美しかったけど抜いとる!!
私なんてフィリス様に比べたらカスじゃん!!こりゃ皆言うわ!!

そりゃ王子様もフィリス様の方がいいに決まってんよ!!お姫様じゃん!!私が男だったら惚れてる!!間違いなくこんな人に誘惑されたら一瞬で落ちる!!

「新しい侍女の方?よろしくお願いしますわ?貴方…人間なんですってね?そして…クレイグのお嫁さんになったとか…。私てっきり貴方がリオン王子のお嫁さんになるのかと思って…とても辛くて…」
と泣きそうになったフィリス様。
な、何これええ!!

「フィリス様!!泣かないでくださいまし!!私などただの薄汚い村娘でしかないのです!!リオン王子にはフィリス様のようなお方が本当にお似合いでございますから!私などお気になさらず!!ですから泣かないで!!お二人を心より祝福致します!!」
と私はこのお人形のような可憐で綺麗なフィリス様の虜になりめちゃくちゃおだてた!!

「ま、まぁ…ありがとう…そう言えばお名前は?」

「はっ!ジュリエットと申します!!」

「そ、そうジュリエットさんよろしくね」
と笑われた。フィリス様は恐ろしいくらい可愛い。何で神様はこんな美しいものをお作りになったの?そして何で私みたいなゴミが存在しているのか??

「2番目の村娘は竜の生贄(嫁)にされる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く