話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

秘密の多い魔力0令嬢の自由ライフ

嵐華子

61.見守り隊~レイヤードside2

「アボット先輩ではないか」
「確か魔術大会の優勝者だったね」

 ルドとギディ様の声にふと視線をやる。
赤毛ギザ耳虎尻尾のアボット先輩がブースに入ったけど····アリー、わかってるよね····。

「レイヤード、敵か」
「····アリーなら、きっと約束を守るはずです。
でも約束破ってたら教えて下さいね。
赤虎消さないと」

 兄上と顔を見合せ、頷き合う。

「兄上、グレインビル基準が怖すぎる」
「アリー····さすがグレインビルの悪魔使い」

 後ろでボソボソ煩いよ。

「なるほど、売り子の黄虎も一緒に兄弟で商会を営んでるらしいな。
赤虎は冒険者になるのか?
アリー、約束は大事だぞ····うん、ちゃんと耐えてるな。
偉いぞ、帰ったらたくさんぎゅーしようじゃないか。
俺の天使は素晴らしい。
今度も調味料を買うみたいだ」
「そうなんですね。
アボット先輩は確かB級冒険者だったはずです。
冒険者ギルドも僕達と同じブレイバーですよ。
僕が先にぎゅーしますから、そのつもりでいて下さいね、兄上」

 ちなみに僕はブレイバーという冒険者ギルドに所属しているA級冒険者だ。
兄上も冒険者としての所属はブレイバーだ。
ただ、学園の生徒は大体この近くのガナン冒険者ギルドに所属するんだ。
在学中の小遣い稼ぎに登録する生徒が多くて、薬草採取なんかの学生向けの依頼を多く扱う。
ギルドの入団試験も8割方は通るペーパーテスト。

 対してブレイバーは僕が王都の2つ隣町外れにあって実力主義で馴れ合いが少ないギルドだよ。
ハイクラス魔獣の討伐依頼とか、危険な依頼が多いけどその分稼ぎは良いんだ。
入団試験は合格者が1割にも満たない高難易度の実技試験だから、アボット先輩が大会で優勝したのは頷ける。

「チッ、赤虎め、東のブースまでついていく気だ。
さっさと凍らせるべきか?!」
「落ち着きなよ、バルトス。
見る限り護衛みたいなものじゃないの?
アリーについて行けば東のブースの商品も偵察できるだろうし、君が思うような下心はないはずだよ」

 兄上の諫め役はギディ様になりつつある。
僕もそうだと思うけど、僕のアリーを良いように使おうとしてるのは苛っとする。
にしても、僕のアリーに近づき過ぎじゃない。
もっと離れなよ。

「なぁ、あれラルクじゃないか?」

 後ろにいたルドが僕の肩に手を置いて呼びかける。
指差す方を見れば····あの金の耳と尻尾····。

「レイヤード、雷撃だ」
「ですね、兄上」
「「待て待て待て待て!」」

 兄弟でハモるって、仲良いね。
ん、ラルクのやつ何を話しかけてるんだろう。
やっぱり真ん中レベルの雷撃かな。

「おい、あの狐は何してる?!」
「いや、明らかにアリーが自分から耳と尻尾を所望したんだよ!
バルトス、待て!」
「アリー、ラルクを殺す気か?!」

 ちょっとアリー?!
僕との約束はどうなってるの?!

 兄上はギディ様、僕はルドに後ろから羽交い締めにされる。
あー、この兄弟ウザい!

「ほら、アリーはちゃんと約束守ってるよ!
知らない人のは触ってないって!
レイヤード、君とは知らない人のは触らない約束なんでしょ!
ほら、アリーも君達が見守ってるって言ってるよ!
今殺ったらバレるよ!」
「そうだぞ、大体健気じゃないか!
ちゃんと我慢してたんだ!
次からは全部お触り禁止にすればいいだろう!
ここで出てったらせっかく我慢してたアリーだって可哀想だぞ!」

 ふと、アリーの方を見ると····ん?

「僕の事イジワルって言ってるよね····狐触りながら、ふふ、イジワルって?」
「まさか読唇術····た、頼む····アリー····早く逃げてくれ····」
「ルド、そっちも頑張って。
バルトス、君の事は何も言ってない!
君の天使はちゃんと君を想ってる!」

 ギディ様、支離滅裂だ。
にしても、ラルクのやつ!!

「よ、良かった····兄上、行きました!」
「ああ、平和はまもら···」
「あの狐!
俺の天使に触りやがったー!」
「守られてなかった!
バルトス、冷たい!
冷気止めるんだ!」

 バリーンと兄上の周りに霜が張る。
ギディ様は火と風魔法で中和している。

「兄上、遊んでないで東のブースに追いかけましょう」
「····そうだな」
「グレインビル、恐ろしい」
「ルド····私は今、お忍びを後悔している」

 ふん、だったら最初から来なければ良かったのに。
王族もこの程度でそんなになるなんて、情けないな。
僕達は足早に東のブースへと追いかけた。

「秘密の多い魔力0令嬢の自由ライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く