話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

秘密の多い魔力0令嬢の自由ライフ

嵐華子

15.運命の食材

「ケルトさんからセウユを置いてると聞いてうかがいました、とここの人に伝えてくれますか?」

 シル様におろしてもらい、恐らくお手伝いの孤児だろう子供に取り次ぎをお願いする。
ブース内の商品を見渡すが、醤油以外にも色々と調味料らしき物が陳列している。

 奥から品の良さげな焦げ茶の髪と目をした中年の女性が出てきた。

「お嬢ちゃんがセウユを欲しいのかい?
そこのお兄さん達じゃなく?」
「はい!
ケルトさんの串焼きが美味しすぎて、うちでも食べたいなって。
他にも調味料をいくつか見繕って欲しいですが、味がわからないので色々教えて下さい!」

 ニコニコ、ハキハキと話す。
商人はこうした話し方を好む傾向がある。

「ふふ、お嬢ちゃん色々心得てるみたいだね」

 ご名答。
自領で商品開発をしていく際、商業ギルドの人と話す機会が何度かあった。

「これがセウユだよ。
こっちは辛味の強い粉末で、ナナミ。
これは豆を発酵させたやつで、汁にとかして食べるアジソ。
このブースではセウユが塩加減の違いで2種類、ナナミは辛さと風味違いが2種類、アジソは風味違いで3種類置いてある」

 皆で試食をさせてもらう。

「「「「辛い!」」」」
「「「「しょっぱい!」」」」

 男達は全員眉をしかめた。
まぁそのまま食べればそうだろうな。
僕の欲しかった懐かしの調味料とほぼ同じ。
これはあの主食の発見も期待できる!

「他に珍しい穀物ってあったりしますか?」
「お嬢ちゃん博識だね。
ベイっていう粒状の穀物があるよ。
茹で蒸して食べるんだけど、ほら、これ」
「中を見てもいいですか?」
「もちろんだよ」

 手渡された紙袋を開けてみる。

(き、きたぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!)

お米だ!
日本人の心の友!
やっばい、興奮し過ぎて鼻血出そう!

「で、では、先ほどの調味料を全て3つずつ。
ベイは一番大きな袋の物を5袋下さい!」
「お嬢ちゃん、太っ腹だね。
まいどあり!」

 お手伝いの少年少女達が商品を揃えているのを見物しながら、ほくほくと満面の笑みを浮かべる。
あ、全て使いきった後の購入方法も合わせて聞いておかないと。
ベイを取りに奥へ行ったのを見計らったのか、殿下と護衛達が話しかけてきた。

「おい、正気か?!
あんなものをそんなに買ってどうするんだ?!」
「アリー嬢、もう少し減らした方が····」
「なになに、荷物持ちなら俺やるよー」

 殿下とシル様はドン引きした顔で購入を引き止める。
アン様は楽しそうだ。
バルトス義兄様は見慣れた光景だったのだろう。

「俺のアリーは買い物してる姿も可愛い」

 うん、通常運転だね。

「心配していただいてありがとうございます。
ふふふ、運命の食材達なのでむしろもっと欲しいくらいです。
義兄様、義兄様の鞄貸して下さい」

 支払いは王家と下手に関わりたくないので殿下の申し出を辞退し、義兄様にお願いする。
僕は義兄様の鞄に持ってきてくれたベイを詰めてもらう。
僕の鞄は入り口が狭くて大袋がつっかえてしまうのだ。
調味料は自分の鞄に入れていく。

「うわ、もしかしなくても収納魔鞄マジックバッグ?!
初めて見たけど、便利だねぇ。」

 アン様がキラキラした目をして持ち上げたり、つついたりする。
豹獣人さんは好奇心大勢なのかな。

 支払いを済ませた義兄様に抱っこされ、外にそろって出る。

「本日はお耳と尻尾をありがとうございました。
もしまた何かの時に会う事がありましたら、触らせていただいてもよろしいですか?」
「あぁ、かまわないよ」
「うん、ぜひぜひ触ってー」

 護衛の2人と和やかに話す。

「ま、待て!
俺の疎外感をどうしてくれる!」

 殿下が横槍を入れるが、知らないよ。

「そもそも俺とアリーの一時に無理矢理押し入ったのはそちらですよ。
疎外感とか知るわけないでしょう」

 義兄様、けっこう辛辣。
殿下半泣きじゃないかな。

「そ、そうだ!
アリー、今日買ったやつで何か作るのだろう!
それを食べさせろ!」
「あんなに嫌がっていたのに····何故です?」
「うっ····食べたいからだ!
····そんなに俺は嫌がられているのか?」

 しょんぼりと殿下が俯く。
さすがに何だか可哀想だ。
まだ13才の子供だし、仕方ないか。
まぁ僕は9才設定でもっと子供なはずなんだけど。

「レイヤード兄様が帰ってくるタイミングでなら、家にいらっしゃれば良いのではないですか」
「アリー?!」
「ただし、私はあくまでレイヤード兄様の帰宅の際にたまたまいる妹なだけです。
私と直接会うのを理由にはなさらないで下さい」
「なるほど、わかった!
その、俺の事はそんなに嫌ってないのか?」
「嫌い以前に良くも悪くも思っていません。
お家柄と関わりたくないだけです。
お茶会の時にも思いましたが、魔力がない私が関わればつまらないからみがありそうなので。
あと、またお耳と尻尾に触りたいです」
「そっちが本当の理由では····」
「いけませんか?」
「う、いや、どのみち護衛はつけねばならないからな」
「アリー?!」
「では、皆様ごきげんよう」

 義兄様は無視してさっさと切り上げる。
殿下達は義兄様の反対を警戒してか、足早に去って行った。

「アリー、何であんなことを····もしかして、疲れて眠くなってるのか?
そういえば、少し体温が高い。
あー、もうっ。
眠くなると面倒になって適当に対処する癖やめてくれ」
「へへ、兄様、ぎゅー。
おやすみなさい」

 そう、その通り。
僕はもう小一時間ほど睡魔と戦い続けていた。
中身はともかく、体は9才児なので疲れた時の睡魔には抗えないのだ。
義兄様に抱きついて心地よく寝息をたて始めるのだった。

「秘密の多い魔力0令嬢の自由ライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く