話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。

克全

第76話:治安維持

「オードリー様、地方に潜んでいた王家派と神官を捕らえました」

 私が兵糧に使う穀物を耕作地で大量に促成栽培し、大魔境で魔獣と魔蟲を集め、魔獣と亜竜を従えている間に、父上達は国内の治安に動いていたのです。
 国境近くに領地を持つ貴族士族は、生き永らえるために日和見な態度を取り、皇家と敵対しないように、王族派と神官の取り締まりをしていなかったのです。
 そんな貴族士族を、私が鍛え育てた傭兵団を使って取り締まったのです。

「自白魔術の魔法陣を完成させましたから、それを使って証言させてください。
 必ず大陸連合魔道学院の導師に同席してもらって下さい。
 どこの誰が、皇帝や皇国から命令を受けているか分かりませんから」

 自白魔術で証言させなければいけない犯罪者の数が多過ぎます。
 その全てを私がやっていると、狩りも魅了もできなくなります。
 時間がとても惜しいので、自白をさせる魔法陣を完成させました。
 大陸連合魔道学院の導師達がとても驚いていましたが、大したことありません。
 強く想えば魔術が使える私です。
 魔法陣を創り出したいと強く想えば、簡単に魔法陣も創り出せるのです。

「承りました、大陸連合魔道学院の導師達も喜んで引き受けてくれるでしょう。
 導師達はオードリー様の魔法陣が本当に発動するのか興味津々でしたから」

 今回我が国に来てくれた大陸連合魔道学院の導師達は、魔術や魔力に対する興味がとても強く、政治や権力には無頓着なようでした。
 ですが、それが導師達の本当の姿とは限りません。
 それに、我が国にきた導師達が主流だとは限らず、学院に残っている導師達が主流派で、政治や権力に執心しているかもしれないのです。

「それはよかったです、私は狩りと魅了に専念しますから、後は頼みます」

 本当は狩りの成果も促成栽培も予定量を遥かに超えています。
 今やっている事は、従魔従竜にした子たちの訓練です。
 私から離れて、私が指揮官だと決めた者の指示に従うようにする事です。
 単純に創り出した絆で命令しても、他人からの指示には従ってくれません。
 痛みを伴う罰を与える方法はまだ試していません。
 狩る事には罪の意識を感じませんが従わせるのに痛みを与えるのは気が引けます。

「承りました、後はお任せください」

 クローディアが力強く答えてくれました。
 その言葉を聞くだけで、心から安心できるのです。
 幼い頃から、ずっと側近くに仕えに護ってくれていた絆です。
 まあ、今も幼いのですが、それは考えない事です。
 単なる年数ではなく、濃密な関係だったかどうかです。
 そんな事を思いながら、魔獣と亜竜を魅了して従わせました。

 色々と試した結果、餌付けが一番役に立ちそうだと分かりました。
 私の魔力を蓄えた魔宝石を指揮官に与えて、命令に従ったら褒美に魔力を与える。
 そう言う方法ならば、私がその場にいなくても指揮官の命令に従ってくれます。
 この方法を使ったら、私がいない遠征軍に従魔と従竜を従軍させられます。
 まあ、今回は大軍で皇国に攻め込む気はありません。
 少数精鋭で乗り込み、乾坤一擲の攻撃をするのです。

「悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く