話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。

克全

第61話:武具防具制作

 私が王家直轄領と公爵領を非常識な豊作に導いた事で、問題も起こります。
 豊作過ぎると、穀物の価格が暴落してしまい、困る人も出てきます。
 ですから、王国や公爵家で余った穀物を購入しなければいけません。
 幸い私には莫大な個人的資金がありますから、何の問題もありません。
 保存するための場所も、魔法袋があるから幾らでも蓄えられます。
 ですが、私個人ではどうしようもない問題もあるのです。

「クローディア、武器と防具の製作は進んでいますか」

 王国の政治改革も行っていますが、王都内の都市計画も進めています。
 王族派は一掃できましたが、その影響で空き屋敷が多くできてしまいました。
 そのほとんど全てを王家と公爵家で接収しました。
 領地は味方をしてくれていた公爵派貴族に与えましたが、籠城時には重要な拠点となる王族派貴族の屋敷は、私たちで確保しておきたかったのです。

「はい、亜竜素材を使って武具や防具を製作がしたいという職人はもちろん、仕事にあぶれた王都中の職人も集めましたので、順調に進んでおります」

 接収した王家派貴族屋敷の一つを、武具防具製作工場にしました。
 普通は各職人の工房に素材を持ち込んで作ってもらうのですが、何と言ってもとても貴重な亜竜の素材です。
 それも鉤竜ではなく巨竜や禽竜、暴竜や腕龍の素材まであるのです。
 命を捨ててでも横領しようとする職人が出てきて当然なのです。
 それを防ぐには、こちらで用意した工場で監視付きで製作させるしかありません。

「報酬は現金でも亜竜素材でもいいと伝えてくれていますね」

 とても仕事熱心な職人の中には、多くの報酬よりも、手に入り難い亜竜素材を求める者がいますから、亜竜素材も報酬に加えたのです。
 盗むことなく真っ当な方法で貴重な素材が手に入るとなったら、優秀な職人なら盗んででも手に入れようとはしません。
 問題は仕事にあぶれるような職人ですが、そんな連中は傭兵団が厳しく監視してくれていますから、今のところ盗難事件は起きていません。

「はい、確かに伝えさせて頂きました。
 優秀な職人達は寝る間も惜しんで製作に没頭しております。
 それなりの職人達も、魔獣や魔蟲の素材で腕を磨いております。
 全てお嬢様の思惑通りに進んでおります」

 クローディアはそう言ってくれますが、全て上手くいっているように見えるだけで、実際には色々と問題があります。
 特に聖女カチュアをどう扱うかには頭を悩ませています。
 ただ、帝国に備えた傭兵団の装備だけは、クローディアの言う通り順調です。
 傭兵団だけではなく、公爵家軍にも亜竜素材の装備を貸与しています。

 公爵家騎士団と徒士団には、魔獣と魔蟲の複合素材装備を貸与しました。
 第一傭兵団は、全員が暴竜などの肉食亜竜素材の装備を身につけています。
 第二傭兵団も、ほぼ全員が肉食と草食の亜竜素材の装備を身につけています。
 第三傭兵団は、全員の武器が肉食亜竜素材、防具は草食亜竜素材の装備を身につけているので、皇国軍など襲恐れる必要がありません。
 この状態で皇国が攻め込んで来るとは思えないのですが…… 

「悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く