話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。

克全

第55話:凱旋

 隣国に入り込んでまでの追撃は大成功でした。
 命惜しさに逃げ急いだ皇国軍は、途中で動けなくなっていたそうです。
 普通なら人質を取って身代金を要求するのですが、色々面倒です。
 傭兵団員は問答無用で惨殺してくれました。
 私は命令していませんでしたが、クローディアが命じてくれていました。
 お陰で時間を取られることなく王都に戻る事ができました。

「オードリー様、見事な大勝利、感服いたしました。
 どうか我が城にお休みください、精一杯の歓待をさせていただきます」

 国境から王都に戻るまでに街道には、多くの貴族家の領地があります。
 王都から国境に向かう進軍はとても急いでいましたし、各貴族も巻き添えなりたくないので、城に籠って出てきませんでした。
 ですが今回は私が大勝利した後ですので、露骨にすり寄ってきます。
 私に王族級魔力があるだけでもすり寄ってくる者がいたのです。
 大陸最強と言われた皇国軍を壊滅させた後では、すり寄って来て当然です。

「私は一万の軍勢を指揮していますので、彼らの側を離れる訳にはいきません。
 先日進軍していた時と同じように野営しますから、お気遣いなく」

「いや、いや、いや、そのように言われるとお恥ずかしい。
 先日は少々所用がありまして、挨拶ができませんでした。
 その御詫びもかねて、精一杯おもてなしさせていただきたいのです。
 さあ、遠慮されずに、どうか我が城にお越しください」

 私の外見が七歳時だから、挨拶に来るまでは緊張していても、実際に会うと舐めた態度をとる貴族がいるのです。
 貴族らしい言葉や態度で避ける事もできますが、今は少々苛だっているのです。
 この手で直接殺したわけではありませんが、五万人近い人間を殺した直後です。
 あまりに舐めた態度でしつこくされると、痛い目にあわせたあくなるのです。

「ウギャアアアアアア、たすけて、助けてくれ」

「味方に付かなかった事に対しては何も言いませんが、舐めた真似は許しませんよ。
 もし今度もう一度同じような舐めた真似をしたら、殺しますよ」

 そう言いながら、舐めた真似をしてくれた貴族の身体を魔力で宙づりにして、更に全身の痛覚を刺激してやりました。
 私がちょっと脅しただけで、小便をちびって気絶してしまいました。
 王立魔術学園で何を学んだのでしょうか、弱すぎます。
 魔力はともかく、胆力がなさ過ぎます。

 まあ、自分の手で人殺しができない私が言える事ではありませんが、それでも殺せと命じる事だけはできますよ。
 汚い奴は直ぐに放り出したのです、もう一度痛覚を刺激して叩き起こしてやりましたが、みっともなく詫びを入れるくらいなら最初から舐めた真似をしなければいいのですが、貴族の中にはこういう連中が意外と多いです。
 
「ギャアアアアア、いたい、いたい、いたい」
 ひぃいいいいい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。
 もう二度と、もう二度と失礼な言動はいたしません。
 だから、だから、もうゆるしてください」

 これくらいやれば大丈夫かと思ったのですが、胆力はないのに諦めが悪いようで、私の言動をうかがうような素振りがあります。
 哀れを誘った方が取り入る事ができるのか、それともひたすら詫びた方が私に隙ができるのか、見極めようとしています。
 このようなやり方で老害王に取り入ったのかもしれませんね。
 そんな方法が通用しないという事を、分からせてあげましょう。

「クローディア、後の事は任せましたよ」

「悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く