話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。

克全

第51話:戦争準備

 私達は急いで皇国軍が侵攻してくる国境線に向かいました。
 皇国軍、敵を例え一歩でも国内に迎え入れる気はないのです。
 戦うのならほんの少しでも国外で戦う、これが鉄則なのです。
 激しい戦いが起これば、国は乱れてしまいます。
 畑が踏み荒らされ、収穫ができなくなってしまいます。
 村や街が襲われ、焼滅ぼされてしまいます。

「傷ついた鎧は新しい鎧に交換します。
 槍や剣も交換しますから、遠慮せずに申しで出てください」

 本当は亜竜素材の鎧や武器を、全員に配りたいのですが、時間がありません。
 大魔境での激しい狩りで、軍隊蟻素材の武具は損傷してしまっています。
 使い慣れた武器や鎧の方が有利だと言う者もいますが、あまりに損傷が激しい場合は、武器や防具の意味を成しません。
 それよりは百パーセントの力を発揮できる武器や防具の方がいいはずです。

「全員に配れませんが、急いで作った亜竜素材の槍があります。
 敵がどのような装備をしているか分かりませんから、最強の武器を持つべきです。
 回復薬もいつもの倍以上貸与しますから、少しでも負傷したら使ってください。
 敵は五万、こちらの五倍はいます。
 一人で五人の敵を殺してもらう事になりますからね」

「「「「「はい」」」」」
「「「「「任せてください」」」」」

 第二傭兵団は自信がないようですが、第一傭兵団は自信満々です。
 大魔境を走破して多くの魔獣を狩った事が自信につながっています。
 大陸最強だと噂される皇国軍であろうと、あの強大な暴竜と対峙した時の恐怖とは比べ物になりませんし、直接戦った鉤竜や魔獣よりは弱いですから。
 七十トンもの巨体を誇る腕龍を目の前にした巨大さ比べれば、五万であろうと十万であろうと、皇国軍なと卑小な存在でしかありません。

「私は亜竜素材の武器と回復薬作りをします。
 食事のとき以外は呼ばないでください」

 私はそう言うと巨大な馬車の中に籠りました。
 この馬車の中には聖女カチュアだけしかいません。
 クローディア達護衛騎士にも入らないように厳命しています。
 絶対に見られるわけにはいかない秘術を使って魔法薬を作るのです。
 聖女カチュアが製薬の技を持っている事も知られるわけにはいきません。
 蘇生術だけでなく製薬術まで使えるとなれば、色々と問題が起きてしまいます。

「承りました、何かあれば声をかけてください」

 クローディアがとても心配してくれているのが分かります。
 同時に少し聖女カチュアを嫉妬してくれているようです。
 私の事を奪うライバルだと思っているのでしょうか。
 少々面映ゆいですが、自分が主人公になったようでうれしくもあります。
 まあ、そんなラブコメや百合世界のような展開ではありません。
 蘇ったばかりで事情の分からない聖女を完璧に味方につけるためです。

「悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く