話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。

克全

第46話:ロジーナ覚醒

 魔狗と魔狼を狩るのに時間がかかってしまいましたが、味方に損害を出さないというのが大前提なので、これは仕方がないことです。
 傭兵団は時間をかけて大魔境の奥に進みました。
 誰一人欠ける事なく、着実に進みました。
 まあ、ケガなどをしてしまうような多少の損害はしかたがありません。
 毒をもった魔獣や魔蟲がいるのですから。

「毒蜘蛛です、毒蜘蛛に噛まれました」

 左前方で悲鳴のような報告が聞こえます。
 さきほどからあちらこちらで同じような報告が聞こえてきます
 どうやら毒蜘蛛の群生地帯に入り込んでしまったようです。
 上手く狩ってくれれば使った以上の快復薬の素材が手に入ります。
 いえ、使った快復薬超える素材を手に入れることができます。

「直ぐに快復薬を使え、毒蜘蛛は斃したのか」

 ちゃんと素材となる毒蜘蛛を確保してくださいね。

「はい、斃しました。
 斃した毒蜘蛛を持って従軍神官殿の所に行け。
 使った快復薬があっているのか確認してもらえ」

 ロジーナには多くの汎用魔法袋を預けていますから、素材を悪くする事もないでしょうし、子供達が対寧に下拵えもしてくれます。
 そろそろ子供達を助祭から司祭に昇進させた方がいいでしょうか。
 子供達に教会経営の勉強もさせた方がいいかもしれませんね。
 それに、ロジーナが以前管理していた貧民街の孤児院を、王都で一番の神殿にすべきかもしれえません。

「はい、分かりました」

「所属する伍も一緒に交代休憩しろ、予備部隊は前に出ろ」

 各百人隊長も、ちゃんと伍や什ごとに小まめに休憩を取らせているようですね。

「「「「「はい」」」」」

 まだ戦いたいとか、狩りを続けたいと文句を言う者もいなくなったようです。
 適度な休憩をとらないと死んでしまう事を身を持って体験したようです。
 自分が設定した細々な事ですが、とても大切な事です。
 まあ、細部が気になる性格がいいとは言い切れませんが、こうしてこの世界で生きる事になって、とても役に立っているのは確かです。
 傭兵団員にも尊敬の目で見られています。

「蜂だ、毒蜂の群れが襲ってきたぞ」

 やれやれ、毒蜘蛛の次は毒蜂ですか。
 今日はとても運が悪いようですね。
 ここは一気に魔術で全滅させてしまいましょうか。
 傭兵団にとっていい訓練になると思ってみていましたが、誰かを死なせてしまったてはシャレになりませんからね。

「予防薬を飲んでください。
 私が許可します、予防薬を飲んで毒の耐性をつけて戦ってください。
 この程度の毒なら死ぬことはありません、大丈夫です。
 確実に一匹ずつ斃してください」

 ロジーナが従軍神官として覚醒してくれたようですね。
 最初はオドオドしていましたが、自分が傭兵達を助ける覚悟が定まったようです。
 彼女に毒の知識を与えてよかったです。
 王都の重要拠点の私の支配下にある神殿を建築して、傭兵団を神殿騎士団にすれば、兄上が豹変しても奇襲されることはないでしょう。
 兄上の魔力や戦闘力が盛られていると困りますからね。

「悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く