話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。

克全

第35話:傭兵団閲兵

「かしらぁああああ、右」

「「「「「おう」」」」」

 五千の傭兵が見事に揃った動きを見せてくれます。
 半年間魔境で指揮官の指示に従って狩りを続けてきた成果です。
 指揮官の命令に従わず、勝手な真似をすれば厳罰に処されます。
 いえ、その前に魔獣や魔蟲に食い殺されてしまいます。
 現に幾人かは食い殺されたと聞いています。
 それを目の前で見ていては、命令に逆らえる訳がないのです。

「オードリー、見事な兵士達だ。
 彼らが我が家に協力してくれるのなら、一気に有利になるだろう」

 元貧民の傭兵達は、半年の間に多くの魔獣や魔蟲を狩ってくれました。
 属性竜や亜竜を狩れたわけではありませんが、普通種の魔熊や魔狼は狩れるようになっていて、多くの素材を手に入れてくれています。
 平傭兵でも軍隊蟻の牙でできた槍と軍隊蟻の外骨格でできた剣を武器として持ち、軍隊蟻の外骨格でできた鎧を装備しています。
 しかも私が武器も鎧も魔法と薬剤で強化しているのです。

「ええ、父上、彼らはとても優秀です。
 彼らなら重装甲歩兵と同じ役割を果たしてくれます。
 公爵家の騎士団と徒士団は、機動力を生かして戦って下されば、公爵家の勝利は動きません」

 戦法はともかく、負けないと言い切った言葉に嘘はありません。
 王家軍や貴族軍が私の傭兵団と同じ装備を持っていない限り、絶対に負けません。
 打撃でダメージを与えることはできても、斬る事はできないからです。
 槍や剣の攻撃が通じない五千の傭兵を相手に勝てる道理がないのです。
 そんな事はエストリア帝国の密偵も分かっているでしょう。

 私の知っている設定では、エストリア帝国のアルバート皇帝は名君です。
 大きな設定変更をされていなければ、一族を正妃や婿に送り込む以上、密偵を送り込むくらいはするはずです。
 優秀な密偵なら、私の傭兵団の強さを見抜く事でしょう。
 帝国軍が負けるかもしれない相手に肩入れするとは思えません。

 問題は、名君のはずのアルバート皇帝が老害王に味方した事です。
 大きな設定変更をしていて、魔力だけが強大な暗愚の皇帝になっていたり、魔力に比例させた征服欲の強い皇帝に変化していたら、戦争になってしまうでしょう。
 ゲーム世界なら戦争で多くの人が殺される事になっても我慢できます。
 ですがこれがゲーム世界と同じ異世界で、すべての人に本当に命があるのなら、戦争を起こした罪悪感で狂てしまうかもしれません。

「クローディア、次の策を打ちます。
 正規の傭兵達を連れて魔境に入りますから、予備の傭兵達を準備してください」

「承りました、お嬢様」

「悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く