話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。

克全

第33話:地固めと起死回生

 ザンデフ王子とスザンナ王女が学園に来なくなって半年が経ちました。
 私達の力を恐れて王宮に閉じ籠っているようです。
 この事実はマーシャム王国の勢力図を劇的に変えました。
 王家がブルーデネル公爵家を恐れて逃げた事が明らかになったのです。
 父上と母上に媚を売る貴族が一気に増えました。
 王家に媚を売っていた貴族も、徐々に王家と距離を取り始めました。

 そんな状況が一番顕著なのが学園です。
 そもそも王家とブルーデネル公爵家の力差が明らかになったのが学園です。
 王宮内で開かれる舞踏会や晩餐会なら、王家の暗殺や謀殺を恐れて、露骨にブルーデネル公爵家にすり寄る事はできません。
 それに何といっても現国王の立場は強いのです。

 ですが、王族が尻尾を巻いて逃げた学園は違います。
 兄上と私の力がとても強いのです。
 それに、それでなくても卒業試験を受ける時に王族級の魔力があるか疑わしかった、ザンデフ王子とスザンナ王女が学園を逃げ出したのです。
 家庭教師をつけたとはいっても、限界があります。
 結局この国で王族級魔力を持っているのが兄上と私だけという事もありえます。

 兄上と私は学園に通う貴族と魔力持ちを積極的に取り込みました。
 元々公爵家の味方だった貴族は、地位固めのためも積極的に協力しました。
 中立だった貴族は、完全に公爵家に味方する家と公爵家寄りに止める家に分かれましたが、当主の性格の違いだから仕方がありません。
 王家の派閥だった貴族は、中立になろうとする家と、積極的に公爵家に媚を売ろうとする家に分かれましたが、王宮内では以前と同じ王家派です。

 父上は、王家の動きを知るために元王家派を使うつもりのようで、無理にこちらに引き込む気はないようです。
 陰から情報を流してくれれば処罰はしないという約束をしているようです。
 私もその方針の方がいいと思っています。
 あまり追い込むと、国王が他国からザンデフ王子に正室を迎えたり、スザンナ王女に婿を迎えたりする可能性があるのです。

「お嬢様、大変でございます、国王が乱心いたしました」

「何があったというのです、クローディア。
 慌てずにゆっくりと分かるように話してください」

「エストリア帝国です、エストリア帝国からザンデフ王子に正室を迎えようとしているのです、あの老害は」

 一国の国王を老害とは、クローディアも酷い事を言いますね。
 ですが、テレンス国王の事を的確に表していると言えます。
 大陸で唯一皇帝級の魔力を持つ指導者が国を治めているのがエストリア帝国です。
 あの国から、王族に相応しくない子供に正室や婿を迎えるという事は、エストリア家に国を売り渡したも同然です。
 そこまでして自分の子供を王族に残したいとは、呆れた奴です。

 ですが問題は、国内貴族がどういう態度を示すかです。
 マーシャム王家の血を大切にしてくれるのであれば、テレンス国王を非難して退位を要求する軍を率いてくれるでしょう。
 ですが、エストリア帝国に媚び諂い栄達を目指す貴族も出てくるはずです。
 これでは父上の使える手段が極端に減りました。
 王家派だった貴族を取り潰したり領地を削減したりして、昔から公爵派だった貴族に領地を与えるのが難しくなりました。

「悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く