話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。

克全

第32話:閑話・王族殺人計画

 私クローディア・グランドはブルーデネル公爵家に仕える騎士家の娘です。
 恐れ多くも主家ご令嬢の護衛騎士を拝命しました。
 兄は主家若君の護衛騎士に任じられてグランド家を継ぐことになっています。
 兄妹で騎士に任じられるという事は、別家を建てる事を許されたということで、この御恩には報わなければなりません。
 この命に代えてもお嬢様をお守りしなければならないのです。

 などと考えていた不遜な昔の自分を叱ってやらなければなりません。
 お嬢様は私ごときがお守りできるような弱い方ではなかったのです。
 護衛しているはずの私達の方が、逆に護られているような状態です。
 お嬢様の命を狙う王家の刺客は決して弱い存在ではないのです。
 ブルーデネル公爵家に仕える私達とは、祖先を同じくする刺客一族なのです。
 ブルーデネル公爵家が王家から独立した時に付いていった者の末裔ですから。

 そんな凄腕の刺客達を、お嬢様は一斉に自害に追い込まれたのです。
 正体を現してしまった刺客に価値などありません。
 闇に隠れて主君の敵を殺してこその刺客なのです。
 自害して秘密を護ろうとする気持ちは、元刺客の私達ならよく分かっています。
 同時に、闇にしか生きられないはずの刺客一族に、騎士位を授けて表の世界でも生きて行けるようにした下さった、主家への感謝の念を再確認できました。

 だからこそ、王に相応しいお嬢様のために働かなくてはいけません。
 表でお役に立てないのなら、裏の仕事でお役に立つしかありません。
 お嬢様の手を穢させないように、私達が汚れ仕事を受け持つのです。
 お嬢様が女子供を殺せないのなら、私達が代わって殺すのです。
 例えその為に地獄に落ちるような事になろうとも、断じてやるのです。

「クローディア様、ザンデフ王子とスザンナ王女は、このまま仮病を使って長期療養に入られるようです」

 王宮に送り込んだ仲間の報告が届きました。
 王家に仕える侍従や侍女、騎士や兵士を裏切らせて情報を入手するのも、我がグランド家の役目の一つです。
 昨日今日に作り上げた諜報網ではありません。
 ブルーデネル公爵家が王家から別れた時からの諜報組織です。
 急に王家に入ってきた王妃に気が付かれることはありません。

「しばらく時間を稼ぎつもりのようですね。
 ですが魔力の鍛錬はどうするつもりなのですか。
 成長期に適切な教育を受けなければ、魔力が成長しないですよ。
 それくらいの事は国王も王妃も分かっているでしょう」

「学園を解任された元教員を家庭教師につけるようです」

「ですがそれでは学園の卒業試験を受ける資格がなくなるのではありませんか」

「国王が大陸連合魔道学院に特例を願い出るそうです」

「随分と無理をするのですね。
 ですがそのような無理を学院が認めるとは思えませんが」

「ザンデフ王子の卒業試験までに、アレックス様とオードリー様を殺す計画を立てているそうです」

「こちらの準備は整っているのですか。
 王族を皆殺しにする準備が整ったのなら、間髪を入れずに動くのです」

「なかなか三人を一度に殺す機会をとらえるのは難しいです。
 最初にザンデフ王子を殺し、その後でスザンナ王女を殺し、最後に国王を殺す許可を頂きたいのです」

「それはさすがに難しいのではありませんか。
 ザンデフ王子を殺した時点で、王宮内にいる裏切り者は徹底的に調べられ、皆殺しにされるはずです」

「皆覚悟はできております。
 ザンデフ王子を先に殺してしまえば、スザンナ王女が卒業試験を受ける前に国王が死ぬ可能性があります。
 公爵家から国王を建てるためには、先にザンデフ王子を殺すべきです」

「分かりました、ですが決行は絶対の自信が持てるまで待ちなさい。
 オードリーお嬢様の魔力ならば、王家の仕掛ける罠など歯牙にもかけられません。
 私達が一番に考えなければいけないのは、まだ幼いお嬢様の心の負担です。
 計画に失敗してお前達が囚われるような事になったら、お嬢様が傷つかれます。
 最悪の場合は、お前達を助けるために無理をされるかもしれません。
 それだけは絶対に避けなければいけないのです、いいですね」

「はっ、お嬢様にご負担をかけないように、無理はいたしません」

「悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く