話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。

克全

第30話:心証

「また性懲りもなく襲ってきたのですか。
 その程度の魔力と腕で私を殺せると思っているとは、愚かすぎます。
 敵味方の力も見抜けないようでは、人の主にはなれませんよ。
 無能は死んで責任をとりなさい」

 私は襲ってきた刺客に聞かせるような体裁で、同じ教室にいるスザンナ王女のやりかたを罵る言葉を口にしました。
 スザンナ王女だけでなく、敵味方の貴族の子供達が聞いています。
 いえ、子供達の護衛も聞いています。
 これでスザンナ王女の無能さも、味方を道具のように使って死なせる非情さも、国中に広まる事でしょう。

「「「「「グッフッ」」」」」

 私の魔術攻撃で隠形の魔術を破られた刺客が一斉に自害しました。
 今日は一三二人もの刺客が自害しました。
 昨日の脅しがよほどこたえたのでしょう、逆切れして全刺客を投入してきたようですが、詰めが甘いと言うべきかでしょうか。
 私とクローディアは、隠形の魔術を破られた後で、捕らえられる事を恐れずに私を殺そうとする可能性も考慮していたのですが。

「お嬢様、この刺客はいかがいたしましょうか」

「処分はクローディアに任せます。
 主人の命令で無理矢理やらされたのなら可哀想です。
 せめてご遺体と遺品は家族の所に返してあげたいですが、そんな事をしたら、主人に家族まで殺されてしまうのでしょうね」

 王家に味方している家の子供達が目を伏せています。
 自分達も同じように無理矢理刺客にされるかもしれないと思っているのでしょう。
 ですがそれは自意識が強すぎます。
 隠形の魔術を習得し、刺客に成れるような武術を修めるのはとても難しいのです。
 甘やかされて育った貴族にはとても無理です。

「貴方達はしばらく我が家に泊まりなさい。
 正気を失った敵が、なりふり構わず刺客を送ってくるかもしれません。
 マーシャム王国を狙う敵が相手なら、貴族として戦うべきかもしれません。
 ですが貴方はまだ一人前ではないのです。
 命懸けで戦うのは、一人前の貴族として認められた卒業してからでいいのです。
 王国にために戦うのは成人した貴族士族の務めですから、卑怯な事ではありませんよ、安心されてください」

 私の言葉を聞いて、味方の子供達が感動しています。
 中には涙を浮かべている子もいます。
 いえ、王家の派閥に入っている貴族の子供まで、私に憧憬の眼を向けています。
 まだ小学部四年生ですから、心身共に子供なのです。
 成人した人間が七歳児の身体に入っている私とは違うのです。
 これでいつでも味方に引き抜くことができるでしょう。

「王国を狙う敵はこれで破れかぶれになるはずです。
 刺客だけでなく、隠形を使えない兵士まで動員するかもしれません。
 スザンナ王女殿下、学園の警備はとても信用できません、もう今日は王宮に帰られて、明日からは学園をお休みになられた方がいいのではありませんか」

 さて、どうされますか、スザンナ王女殿下。
 尻尾を巻いて王宮の中で震えて過ごされますか。
 それとも、私が水向けたように、一般兵士まで動員して私の首を狙われますか。
 徹底的に本性を暴いて、求心力忠誠心を失くした後で、殺して差し上げます。
 いえ、味方だった者に殺されるようにして差し上げます。

「悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く