話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。

克全

第21話:食料確保

「急げ、鮮度を落とさないように、急いで回収するのだ」

 副団長候補や百人隊長候補に選ばれていた者たちは、副団長候補の失言から、全員が伍長から始めることになりました。
 その影響で、貧民の中からも同じ階級の伍長に選ばれた者がいて、伍長たちが次の班長職を目指して激しい競争を来る広げてくれています。
 例えそれが私が斃した牙鼠を回収するだけの競争であってもです。

「傭兵候補として雇われた貴方達も、お嬢様の目に留まれば、傭兵ではなく侍女や従僕、正規兵として召し抱えられる可能性もあるのです。
 腕力がないからと諦める事なく、一生懸命与えられた仕事をやりなさい」

 クローディアが雇った貧民達のやる気を引き出します。
 クローディアの言う通り、腕力に自信がある人間は、傭兵になれる好機と張り切っていますが、腕力に自信がない人間は、日当と食料を得るためだけに働いています。
 中にはできるだけ楽をしようとしている者もいます。
 そのような人間でも兵数は確保できますから、見捨てる気はありませんが、できれば一生懸命働いて欲しいのです。

「農業をしたい者には、ブルーデネル公爵家の領地で土地を与える事もできる。
 ただし、一生懸命働かないような者には与えられん。
 この場で、農地を与えられるのに相応しい働き者だという事を証明しろ」

「「「「「おう」」」」」

 クローディアは人のやる気を引き出すのが上手ですね。
 私ではこうはいかないでしょう。
 クローディアだけいてくれれば、全て上手くいくと思いたいところですが、それではダメなので、他にも信頼できる人材を確保しなければいけません。
 まずはクローディアの娘のラフレシアに期待ですね。

「お嬢様、地表に出ている牙鼠はほぼ全て狩ることができたようです」

 狩りを始めるまでに随分と時間がかかりましたが、狩りだせばあっという間に終わってしまいました。
 牙鼠だけで二〇八六頭は狩れたと思います。
 クズばかりですが、それでも二〇八六個もの魔石を合成すれば、それなりの魔宝石になりますから、使った魔力分以上の利があります。

 それに、斃した牙鼠の血臭に誘われて、灰色狼や大山狗が群をなして襲ってきてくれたので、その分もそれなりの利益が出ました。
 灰色狼が四七頭に大山狗が八三頭ですから、魔石的には牙鼠以上でしょう。
 肉は臭くて不味くて売り物になりませんが、毛皮はそれなりの値段で売れます。
 肝や腎臓、血や膵臓は快復薬に材料に使う事ができます。
 病気や状態異常に治すには、回復薬ではなく快復薬が必要なのです。

「いったん休憩に入るぞ。
 昼食は各自持参の物を食べてもいいし、今から作る配給食を食べてもいい。
 解体が得意な者は、実力を確認した上で手伝ってもらう。
 合格した者には小銅貨五枚分の解体手当を与える」

「「「「「おう」」」」」

 約束の日当より多くの金をもらえると分かって、多くの貧民が解体に参加しようとしましたが、合格者はとても少なかったです。
 牙鼠のような安い魔獣でも、素材は素材です。
 解体の仕方一つで、買い取り値段が大きく違ってくるのです。
 特に私にとっては、丁寧な解体をしているか雑に解体しているかで、鉄級の回復薬に使えるか、銀級の回復薬に使えるかの差が出てしまいます。

「丁寧に解体してくれる人は、私専属の解体士として雇います。
 公爵令嬢の専属解体士になれるのですよ。
 数多く解体するのではなく、素材として使えるように、細心の注意を払って解体してくださいね」

「悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く