話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。

克全

第7話:飛び級二年生

「今日からこのクラスに編入することになった、ブルーデネル公爵家のオードリー嬢だ、みな仲良くするように、いいね」

 王立魔術学園に入学してから二週間、学科と実技の全試験に合格した事で、小学部二年生に飛び級することになりました。
 私の実力なら、入学試験の時に高等部の卒業試験に合格する事も可能だったのですが、王立魔術学園にはそのような制度がないのです。
 貴族社会での生き方を学ぶために、マナーや社交も大切な技術なので、最低限クラスメイトと上手く付き合えることを証明しなければいけません。

「ごきげんよう、皆様。
 オードリーです、よろしくお願いしますね」

 王侯貴族の常識では、爵位の高い者から爵位の低い者に挨拶する事はありません。 
 ですが、建前上は、王立魔術学園の生徒は平等なのです。
 だから編入した私から挨拶をしなければいけません。
 いけませんが、それはあくまでも建前だけの話しです。
 生徒は平等という王立魔術学園の建前を守りつつ、身分に相応しい振舞いをしなければ、学園を卒業してから大きな災厄に見舞われることになります。

 建前を信じて横柄な態度を取ってしまった愚かな士族や下級貴族の家でも、普通は役職を剥奪されて没落する程度ですが、最悪不幸な事故で断絶する事もあるのです。
 まあ、その程度の事は両親や親族から厳しく教えられているので、よほど愚かな者でなければ、そのような態度は取りません。
 いえ、反抗期などが激しく、何をしでかすか分からない子供は、士族も下級貴族も家を護ることを優先しますので、最初から入学させてもらえません。

「では、早速授業を始める。
 オードリー嬢への挨拶は、休み時間にするように」

 先生は挨拶合戦で時間を潰されないように、素早く介入してきました。
 小学部二年には、侯爵から伯爵までの子供しかいないので、全員が私に媚び諂う可能性が高いからです。
 私に王家からの刺客が放たれた事は、すでに学園中に噂が広まっています。
 普通なら王家を憚って私を避けるところなのでしょうが、王子と王女の魔力が王族としてはぎりぎりなので、私にも近寄っておくのが保身に長けた貴族の生き方です。

 王立魔術学園は小学部が六年間、中学部が三年間、高等部が三年間です。
 その間は魔力が爵位基準を上下することがあっても許されますが、卒業時には継ぐ家の家格に相応しい魔力を備えていなければいけないのです。
 万が一、相応しい魔力になっていなければ、魔力に相応しい家のに養子に行かされるか、新たな家を興すことになります。

 王の権力で魔力測定で不正をしようとしても、厳正中立な大陸連合魔道学院の試験官が魔力測定をするので、不可能なのです。
 万が一不正をしようとしたら、本人はもちろん家族も罪に問われ、大陸連合魔道学院の厳しい罰を受けることになります。

 王であろうと、その座を追われて囚われるのです。
 そして死ぬまで大陸連合魔道学院で魔力を搾り取られることになるのです。
 そうでなければ、あの王が不正をしないわけがないのです。
 最初の王妃から四人目の王妃までが産んだ子供たちは、全員が伯爵から男爵までの地位を得ています。

 かわいそうですが、それがこの世界の絶対的な決まりなのです。
 さて、このクラスには用がないので、さっさと飛び級させてもらいます。
 兄上を超えない範囲で飛び級するのは最初からの予定です。
 その後は、本格的に魔境とダンジョンで経験値と御金を稼ぎましょう。

「悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く